FUJIFILMレンズ FUJIFILM中・望遠レンズ カメラ レンズ

富士フイルムXF50mmF1.0 R WRは実用的でボケが美しい描写のレンズ

Digital Camera Worldが正式発表されたばかりの富士フイルム「XF50mmF1.0 R WR」ハンズオンを公開。滑らかなで綺麗なボケを撮ることが出来る模様。作例を確認してみると、確かに非常に柔らかいボケ描写を実現しているように見えます。

実用的な超大口径レンズ

Digital Camera World:Hands on: Fujinon XF50mm F1.0 R WR review

  • 安いレンズでは無いが、手が出せないほど高価なレンズでも無い。しかし、携帯できるレンズサイズを維持しているので日常的に使用できるF1.0レンズだ。
  • XF56mmF1.2 R」はより安価でレンズ口径も似ている。比較して、このレンズは少し明るいうえに、より柔らかく滑らかなボケ描写を実現している。
  • APS-CのF1.0レンズはフルサイズで言うところのF1.4レンズに相当する。フルサイズでF1.4はありふれたレンズだ。それは確かなことだが、富士フイルムのシステムで最高のボケを得られるレンズと言うのが重要なポイントだ。
  • かなり大きなレンズだが、ニコン「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」と比べると遥かに小さい。X-T4との組み合わせでバランスがとても良好だ。X-Pro3でも問題は見られない。845gはAPS-C用単焦点レンズとしてはかなり重いが、さらに重い望遠レンズは多い。
  • フォーカスリングにピント距離表示や被写界深度表示はない。静的な被写体以外ではオートフォーカスの使用がおススメだ。
  • 面白いことに、このレンズの前玉は凹型である。
  • 77mmフィルター径は50mmレンズとしては大きめだ。とは言え、珍しいフィルターサイズでは無いのうえ、実用的なフィルターサイズだ。
  • このように大きなレンズとしては、オートフォーカスが高速かつ静かな動作である。
  • 56mm F1.2と比べると非常に良好な描写を実現している。
  • 球面収差を意図的に残していると述べている。絞り開放は絞った時とり少し悪いが、柔らかいボケ描写とトレードオフとなる分野だ。

ニコン「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を試してみたが、超高価で実用的なものでは無かった。これでは無いと感じた。その一方、このレンズは携帯可能で手ごろな価格設定、実用的で美しい描写である。万人におススメできるレンズでは無いが、Xユーザーでボケが好きな人であれば後悔することは無いはずだ。

長所:実用性・滑らかな描写・効果的で正確なAF

短所:やや高価・フルサイズで言うところのF1.4

とのこと。
重くて非常に高価なニコンの「F0.95」レンズよりも実用的なスペックのレンズに仕上がっているようです。後ボケはとても滑らかで、コントラストが高くても綺麗に滲む描写であることが分かります。比較して前ボケは少し硬調となるかもしれませんが、今回の作例から読み取ることは出来ませんでした。
オートフォーカスはDCモーター駆動のため、驚くほど高速ではないかもしれませんが、十分なスピードを確保している模様。精度も良さそうですね。

XF50mmF1.0 R WR交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM中・望遠レンズ, カメラ, レンズ
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~