Panasonicレンズ Panasonic広角レンズ Panasonic関連の情報 レンズ 機材の噂情報・速報 管理人レビュー

パナソニックLEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.交換レンズレビュー【無限遠テスト編】

このページではパナソニック製マイクロフォーサーズ用交換レンズ「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.」無限遠解像力のテスト結果を掲載しています。

レンズのおさらい

2014年に登場。フルサイズ換算で「30mm」と珍しい画角と「開放F1.7」の明るさを備えた金属鏡筒の広角単焦点レンズ。
初値が5万円超とやや高めだったものの、現在の新品相場は4万円前後。買い方次第で3万円近くまで安くなっています(ショッピングモールなどのポイント還元やキャッシュレス決済の消費者還元事業など)。

金属製鏡筒・絞りリング・金属製フードと、安くて小ぶりながらしっかりとしたレンズの作り。同じLEICA DGブランドの「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.」と比べると遥かに良好。

LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.
 ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo PayPay
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo PayPay

7群9枚のレンズ構成でうち3枚は非球面レンズを使用。
レンズ外装にナノサーフェスコーティングの表示はありませんが、仕様表でコーティングが施されていると確認できます。
インナーフォーカス方式を採用しているので「LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.」のようなフォーカス速度の遅さはありません。

最短撮影距離は「0.2m」、最大撮影倍率は「0.1倍(35mm換算で0.2倍)」となっており、マイクロフォーサーズとしては平凡な接写性能となっています。とは言え、小さな被写体のクローズアップ以外で困ることは無いはず。

品番 H-X015
レンズ構成 7群9枚(非球面レンズ3枚)
ナノサーフェスコーティング
マウント マイクロフォーサーズマウント/金属マウント
画角 72°
焦点距離 f=15(35mm判換算:30mm)
最小絞り値 F16
開放絞り F1.7
絞り形式 7枚羽根 円形虹彩絞り
撮影可能範囲 0.2m~∞(撮像面から)
最大撮影倍率 0.1倍(35mm判換算:0.2倍)
フィルター径 φ46mm
最大径×長さ φ57.5mm×約36mm
質量 約115g

撮影環境

撮影機材

  • OM-D E-M1X
  • Leofoto LS-365C
  • Leofoto G4
  • Adobe Lightroom CC
    (RAWファイルを初期設定のままクロップして現像)
  • Adobe Photoshop CC
    (クロップ現像したJPEGを結合時に使用)

通常撮影結果

メモ

  • 中央
    絞り開放から非常に良好だが軸上色収差の影響が僅かに見られる。
    ・F2.8まで絞ると大きく改善し、マイクロコントラストが明らかに向上する。
    ・F4~F5.6でピークに達し、F8まで絞ると回折の影響で僅かに低下。
    ・F11も実用的な画質だが、F16は出来れば避けたい。
  • 周辺部
    ・中央と同じく絞り開放から良好だが、解像力はやや劣る。
    ・F2.8まで絞ると明らかに改善する。
    ・中央と同じくピークはF4~F5.6だがF2.8との差は僅か。
    ・F8~F11も実用的な画質。
    ・F16はやはり避けたいところ。
  • 四隅
    ・中央や周辺と比べると開放の描写が甘く、周辺減光の影響もある。
    ・F2まで絞ると減光の影響が小さくなるものの、まだ甘さが残る。
    ・F2.8で絞ると大きく改善。
    ・F4~F5.6でピークに達する。小さな広角レンズとしては立派な解像性能。
    ・F8~F11まで実用的な画質であり、F1.7~F2.8よりも良い。
    ・F16のみ回折の影響が強く注意したいところ。

F1.7~F2.8において四隅が少し甘いものの、小型軽量な広角レンズとしては立派なパフォーマンス。さらに絞ると大きく改善します。
像面湾曲の影響はほぼ見られず、シャープな中央領域でピントを合わせればOK。

ハイレゾショット

メモ

  • 中央と四隅はハイレゾショットによる恩恵があるものの、80MPに期待するほどの解像感向上は無い。正直に言うと、よほど中央解像を重視しない限り2000万画素の通常撮影で十分。
  • 四隅は絞っても通常撮影との違いは極僅か。データ量が肥大化する分、作業効率が悪い。
  • 全体的なピークはF4~F5.6だが、中央と周辺に限って言えばF8でも十分良好。

解像力チャートの結果と同様、80MPハイレゾRAWを十分に活かせる解像性能ではありません。中央~周辺領域をクロップする場合の応急措置として検討できる程度。

雑感

極僅かな四隅の領域を妥協できればF1.7から遠景撮影にも実用的な画質。明るさを活かした夕景・夜景の撮影、天体撮影にも使いやすいはず。
ただし、絞り開放付近は軸上色収差の影響を受けるため、コントラストが高いとパープルフリンジの影響を受ける可能性あり。また、四隅の端までシャープな画質を実現するためにはF4まで絞りたいところ。

無限遠の解像性能に関して言えば、「LEICA DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 ASPH」とそこまで差はありません。軸上色収差の補正は10-25mmがより良好だったりするので、サイズと価格に問題が無ければ要検討。(ただし、近接時の四隅解像は15mm F1.7のほうが圧倒的に安定しています)

LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.
 ブラック 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo PayPay
シルバー 楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo PayPay

サイト案内情報

パナソニックレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Panasonicレンズ, Panasonic広角レンズ, Panasonic関連の情報, レンズ, 機材の噂情報・速報, 管理人レビュー

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~