OLYMPUSレンズ OLYMPUS中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

OMDS「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」レンズレビュー 近距離解像編

OMDS「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」のレビュー第一弾を公開。今回は恒例の近距離解像力チャートを使って2000万画素・80MPハイレゾモードでの解像性能をチェックしています。

まえがき

概要
レンズの仕様
マウント MFT 最短撮影距離 0.84m
フォーマット 4/3 最大撮影倍率 0.1倍
焦点距離 75mm フィルター径 58mm
レンズ構成 9群10枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F1.8 テレコン -
最小絞り F22 コーティング ZERO
サイズ・重量など
サイズ φ64×69mm 防塵防滴 -
重量 305g AF STM
付属品
説明書・保証書

2012年に登場した比較的古いマイクロフォーサーズ用の望遠単焦点レンズ。マイクロフォーサーズで「75mm」の焦点距離はフルサイズ判換算で「150mm」に相当する望遠レンズです。AF対応の明るい望遠単焦点レンズとしは焦点距離が最も長く、2021年現在でもその特徴は健在。

レンズ構成は9群10枚で、そのうち3枚のEDレンズと2枚のHRレンズを贅沢に採用。大口径レンズで発生する軸上色収差や球面収差を良好に補正する設計。
外装は金属製で堅牢性と高級感を両立しています。ただし、レンズフードが付属していないので、遮光性や前玉保護の観点からなんらかの対策を実施する必要があります。レンズフードは別売り7千円と高いのが悩ましいところ。

価格のチェック

新品相場は9万円前後。M.ZUIKO PREMIUMシリーズのレンズとしては最も高く、一部のPROレンズよりも高価です。75mmは他に選択肢がない魅力的な焦点距離ですが、価格を正当化できるのかよく考えたいところ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディLUMIX G9 PRO
  • 交換レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • LUMIX G9 PROのRAWファイルを使用
  • ISO 200 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

テスト結果 2000万画素

中央

絞り開放は「2659」とまずまず良好な性能で、F2.8まで絞ると「3500」に近いとても良好な解像性能を発揮。この性能はF5.6まで持続し、回折の影響が始まるF8でワンランク低下します。F11までは良好な画質を維持しているものの、F16以降は回折の影響が強いので出来るだけ避けたいところ。

周辺

絞り開放はほぼ中央と同じパフォーマンスですが、絞りによる改善速度は中央よりも遅い。中央に追いつくのはF5.6付近。

四隅

中央や周辺と比べると解像性能がワンランク低下するものの、絞ることで徐々に中央や周辺に追いつきます。F4で周辺部とほぼ同じとなり、F5.6~F8で均質的な結果を得ることができます。

数値確認
中央 周辺部 四隅
F1.8 2659 2440 2062
F2.0 2764 2306 2017
F2.8 3425 2769 2279
F4.0 3495 3007 2812
F5.6 3412 3179 2953
F8.0 2960 2988 3115
F11 2857 2764 2971
F16 2331 2332 2199
F22 1702 1839 1667
実写確認

最新設計のレンズと比べると絞り開放付近の収差補正が完璧と言えず、若干ソフトに見えます。ただし、四隅まで顕著な性能低下が無く、使いやすい画質に見えます。F2.8からF4で全体的にコントラストが改善し、F5.6でピークとなる。

テスト結果 8000万画素

中央

収差の影響があるものの、絞り開放から良好な解像性能を発揮。F2.8まで絞るとこの解像力チャートで測定できる限界値に到達します。

周辺

中央と比べて(ハイレゾモードによる)絞り開放の伸びが悪いものの、ピークのF4に向かって絞ると急速に改善します。F2.8で「4000」に迫る優れた結果となり、F5.6で中央に近い性能を獲得します。

四隅

絞り開放ではハイレゾモードの効果がほとんどありませんが、周辺と同じく絞ると急速に改善します。F4~F8の絞り値で優れた性能、F5.6でフレーム全域がピークとなる。

数値確認
中央 周辺部 四隅
F1.8 3836 2831 2129
F2.0 4259 2882 2198
F2.8 4631 3853 2922
F4.0 4645 4451 3820
F5.6 4729 4451 4437
F8.0 4175 4220 3954
F11 3419 3579 3431
実写確認

ハイレゾモードを活用するのであれば、少なくともF2.8まで、出来ればF5.6まで絞りたいところ。

今回のまとめ

シャープなレンズに間違いないものの、価格を考慮すると残存収差が少し多い。そしてPROレンズのように、「絞り開放からキレのあるシャープネス」と評価するには少し及ばず。
とは言え。絞ると四隅まで非常に高解像となり、ハイレゾショットで性能がしっかりと伸びる点は評価したいところ。特にF5.6まで絞ると四隅まで非常に高い解像性能を発揮します。そして、ピークのシャープネスにこだわらなければ絞り値全域で良好な画質を実現しており、人によってはとても使いやすい小型軽量な望遠単焦点と感じるはず。

購入早見表

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER