Nikon Nikonレンズ Z NIKKOR カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VR レンズレビューVol.5 ボケ編

ニコン「NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VR」のレビュー第五弾を公開。高倍率ズームレンズとしては欠点が目立たず、全体的に使い勝手の良いボケ質について紹介しています。

NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VRのレビュー一覧

前後ボケ

綺麗なボケ・騒がしいボケとは?

ボケの評価は主観的となりがちですが、個人的には「滲むように柔らかくボケる」描写が綺麗と評価し、逆に「急にボケ始めたり、ボケの輪郭が硬い」描写は好ましくない(もしくは個性的な描写)と定義しています。ただし、感じ方は人それぞれなので、ひょっとしたら逆のほうが好ましいという人もいることでしょう。参考までに「滲むボケ」「輪郭の硬いボケ」のサンプルが以下のとおり。描写傾向の違いは主に球面収差の補正状態によるもの、前後どちらかのボケが柔らかい場合はもう片方のボケが硬くなる傾向があります。

後ボケ

今回は100mmでテスト。僅かに縁取りが硬い描写ですが、前後のボケに大きな偏りのない、ニュートラルなボケ質。色収差の影響は良く抑えられています。

前ボケ

後ボケよりもわずかに滑らかな描写。この描写が後ボケであれば尚よかった。

玉ボケ

口径食・球面収差の影響

口径食が強いと、フレーム四隅のボケが楕円状に変形したり、部分的に欠けてしまいます。この問題を解消するには絞りを閉じるしか方法がありません。しかし、絞るとボケが小さくなったり、絞り羽根の形状が見えてしまう場合もあるので状況に応じて口径食を妥協する必要あり。

口径食の影響が少ないと、絞り開放から四隅まで円形に近いボケを得ることが可能。できれば口径食の小さいレンズが好ましいものの、解消するには根本的にレンズサイズを大きくする必要があります。携帯性やコストとのバランスを取る必要があり、どこかで妥協が必要。

球面収差の補正が完璧では無い場合、前後のボケ描写に差が発生します(前後ボケのレビューで示した通り)。この場合はどちらかが滲みを伴う滑らかな描写になり、反対側で2線ボケのような硬い描写となってしまいます。

28mm

縁取りが少し硬く、色収差の影響があり、口径食により隅の玉ボケが変形しています。完璧からはほど遠いですが、高倍率ズームレンズとしては悪目立ちする部分の少ない良好な描写。

100mm

28mmよりも口径食が少なく、使い勝手のよい玉ボケ。

400mm

部分的に倍率色収差と思われる色づきが発生する以外に問題はありません。口径食が目立つ場合もありますが、ボケが大きい場合に心配する必要は無し。

ボケ実写

焦点距離ごとのチェック

28mm

ボケの縁取りがやや強いものの、高倍率ズームとしては滑らかで綺麗。欠点が悪目立ちする領域が少なく、幅広いシーンで快適に利用可能。

50mm

28mmと同じ傾向が続きます。

100mm

広角や標準域より縁取りが目立たず、滑らかで綺麗なボケ。非球面レンズの粗も目立ちません。

400mm

100mmと同じ傾向。

ポートレート

全高170cmの三脚を人物に見立て、絞り開放(F2.8)で距離を変えながら撮影した結果が以下の通り。

28mm

フレームに全身を入れる撮影距離では、ボケがほとんど得られません。膝上くらいまで近寄ると背景が少しボケますが、十分なボケを得るには上半身・バストアップくらいまで近寄る必要あり。高倍率ズームとして、ボケ質は悪くなく、使いやすい質感。

50mm

全身やひざ上は28mmと同じく後ボケを得にくい。上半身やバストアップくらいまで近寄る必要あり。ボケの質感は良くも悪くもありません。高倍率ズームレンズであることを考慮すると、評価できる描写。

105mm

開放F値がF6.3と暗めですが、フレームに全身を入れても僅かに後ボケを得ることが可能。この際の質感は極端に悪くなく、使いたくない描写とは感じません。

400mm

絞り開放のF値が「F8」と大きいですが、被写体を背景から分離する程度の後ボケを得ることが可能。縁取りや口径食が強いものの、ボケが小さいので悪目立ちしません。上半身以上のクローズアップでは滑らかで綺麗なボケが得られているように見えます。

まとめ

同時期に購入したパナソニック「LUMIX S 28-200mm F4-7.1 Macro O.I.S.」ほど柔らかい描写ではありません。しかし、高倍率ズームレンズとしては欠点が目立たず、使い勝手のよいボケが得られます。大きなボケが得られるレンズではないものの、絞り開放から快適に利用可能。絞りを閉じてボケ質を改善する必要性はほとんど感じませんでした。広角側は最短撮影距離が短いため、小さい被写体に近寄って大きなボケを得ることが可能。望遠側は焦点距離が長いので、自然とボケが大きくなります。大口径単焦点レンズのような結果を得ることはできませんが、一般的な撮影では十分と感じるシーンが多いかもしれません。

購入早見表

このような記事を書くのは時間がかかるし、お金もかかります。もしこの記事が役に立ち、レンズの購入を決めたのであれば、アフィリエイトリンクの使用をご検討ください。これは今後のコンテンツ制作の助けになります。

作例

オリジナルデータをFlickrで公開

関連レンズ

関連記事

-Nikon, Nikonレンズ, Z NIKKOR, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-, ,