Canonレンズ RFレンズ レンズ 管理人レビュー 解像力チャート

RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM 徹底レビュー Vol.3 解像チャート編

キヤノン「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」のレビュー第三弾を公開。今回は恒例の解像力チャートを使った測定結果と実写作例をもとにレビューしています。

RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMのレビュー一覧

解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:EOS R7
  • 交換レンズ:RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • RAW出力
  • ISO 64 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
    ・格納されたレンズプロファイル(外せない)
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェック)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性あり。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

18mm

中央

中央は絞り開放から抜群の解像性能だ。3250万画素のAPS-Cセンサーで4000以上の数値を叩き出すレンズはそう多くない。開放からピークの解像性能を発揮し、F5.6までパフォーマンスが維持される。F8まで絞ると回折の影響で性能の低下が始まり、F11以降は急速に低下するのでできるなら避けたほうが良いだろう。

周辺

中央と比べると平凡な性能に見えるが、良好なパフォーマンスに違いは無い。F5.6まで絞ると少し改善し、以降はF11までピークの性能が続く。

四隅

中央や周辺部と比べるとパフォーマンスが悪くなり、画質は1グレード低下する。絞ることで改善は可能だが、ピークに達するまでかなり絞る必要がある。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F4.5 4071 2845 1999
F5.6 4116 3281 2173
F8.0 3465 3369 2462
F11 3285 3343 2868
F16 2678 2609 2549
F22 1964 2169 2036

実写確認

24mm

中央

絞り開放は18mmと似たようなパフォーマンスを発揮するが、絞ると徐々に低下する。やはり回折の影響が強くなるF11以降は出来るだけ避けたいところ。

周辺

18mmと同じく絞り開放から良好だ。絞っても改善しないが、F11までパフォーマンスを維持している。

四隅

18mmと同じく絞り開放の結果はあまり良くない。絞ると徐々に改善するが、やはりF11くらいまで絞る必要がある。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F5.0 3949 2930 2033
F5.6 3549 3105 2190
F8.0 3363 3137 2427
F11 3214 3154 2950
F16 2731 2607 2344
F22 2056 2081 2079
F25 1898 1764 1640

実写確認

28mm

中央

28mmも中央は絞り開放から良好だ。ただし、F8以降は急速にパフォーマンスが低下する。

周辺

広角側の結果と比べるとパフォーマンスは少し低下する。絞ることで改善するが、中央の性能が犠牲となる点に気を付けたい。

四隅

これまで通り絞り開放はやや甘めだ。絞ると徐々に改善する。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F5.0 3795 2718 2012
F5.6 3795 2742 2042
F8.0 3697 3004 2357
F11 3114 3162 2678
F16 2591 2504 2383
F22 2000 2052 1993
F29 1727 1719 1579

実写確認

35mm

中央

開放から良好だが、広角側と比べると切れ味が落ちる(それでも非常に良好だ)。F8以降で急速な性能の低下が見られるので絞りの自由度は高くない。

周辺

開放から良好な性能でF11まで維持している。

四隅

傾向はここまでの焦点距離と全く同じだ。F11まで絞るとピークの結果を得ることが出来る。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F5.6 3667 2977 2064
F8.0 3630 2841 2432
F11 3218 2984 2731
F16 2588 2501 2340
F22 2094 1977 1834
F29 1667 1977 732

実写確認

45mm

中央

望遠端は解像度がワンランク低下するが、F8まで絞ると改善する。以降は回折の影響で低下するため、絞りの自由度は狭めだ。必要に応じて絞りを調整しなければならないが、回折の影響は避けられない。

周辺

絞っても非常に良好な結果は期待できないが、絞り開放から安定感のある描写だ。

四隅

他の焦点距離と同じく開放付近はパッとしない結果だが、F11まで絞ると改善する。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F6.3 3052 2636 1909
F8.0 3465 2659 2295
F11 2941 2818 2545
F16 2586 2364 2250
F22 2004 1909 1674
F32 1376 1373 1321

実写確認

まとめ

中央に関して言えばズーム全域で非常に良好だ。望遠端では少し性能が低下するが、広角側のパフォーマンスは抜群である。ただし、最新設計だからと言ってカメラに付属するキットレンズに過度な期待は禁物だ。中央や周辺部は良好な解像性能を示しているが、フレーム端や隅ではパフォーマンスが低下する。ぱっと見で粗が目立つわけでは無いものの、3250万画素のEOS R7で満足のいく結果とは言えない。実写で大問題と感じる領域ではないが、パンフォーカスで隅から隅までシャープな結果を得たい場合に求めるレンズではない。

とは言え、全体的に弱点と感じるほど解像性能が低下するポイントは無い。フレーム端・隅の切れ味さえ求めなければ全体的に使い勝手の良いキットレンズだ。ボディ出力のJPEGやDPPのRAW現像時にデジタルレンズオプティマイザを適用することで改善するかもしれない。

昨年にニコン「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」をテストしており、比較してキヤノンレンズはどうだったか?ニコンのDXモデルは最大でも2000万画素の解像性能であり、3250万画素でテストした本レンズと厳密な比較はできない。少なくともキヤノンは中央の解像性能が高く、ニコンは全体の均質性が良好だと感じた(特に望遠側)。個人的には「16mm F3.5」が使えるニコンのほうが好みだが、RF-S18-45mmもなかなか良いレンズだと思う。

購入早見表

RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

作例

オリジナルデータはFlickrにて公開

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, レンズ, 管理人レビュー, 解像力チャート
-,