「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

FUJIFILM関連の情報 X-T30 Xシリーズ 一眼 カメラ 価格情報 機材の噂情報・速報

FUJIFILM X-T30はどのキットを買うのがベストか?【価格情報】

いよいよ国内でFUJIFILM X-T30の予約販売が開始されましたね。価格は1世代前の旗艦モデル「FUJIFILM X-T2」の実勢価格とほぼ同じ。個人的にはX-T2よりX-T30のほうが気になっているのでX-T2と迷うことは無いのですが、頭を悩ませているのは「ボディ」「XC15-45mmキット」「XF18-55mmキット」の3種類からどれを買うべきか?と言うこと。

今回はそんな悩める子羊(自分)のためにボディ価格と付属するレンズの価値を整理してみたいと思います。

価格を確認する

まずはそれぞれの値付けをカメラのキタムラで確認してみましょう。(2019年2月19日調べ)

  • ボディ:¥106,434(税込)
  • XC15-45mmキット:¥121,014 (税込)
  • XF18-55mmキット:¥155,034 (税込)
  • XC15-45mm単品:¥34,020 (税込)
  • XC15-45mm単品中古:\22,500前後
  • XF18-55mm単品:¥53,670 (税込)
  • XF18-55mm単品中古:\30,000前後

XC15-45mmキットはボディ+レンズ新品の相場よりも安く、中古相場に近い価格設定でレンズを入手できるようです。あえてボディ+XC15-45mmの中古を手に入れる必要性は高くない。

一方でXF18-55mmキットは単品で新品のレンズを購入するのとそう大差ありません。これなら状態の良い中古レンズを見つけるのも一つの手段と言えそうです。

現状で言うと、ボディ単品を購入して別のレンズをゲットするか、XC15-45mmキットがお買い得となっている模様。

さらにXC15-45mmはキットレンズとしては非常に広い画角を持ち、さらに海外の評価を確認すると広角側の解像性能はなかなか良好。コストパフォーマンスは良さそうですね。XF18-55mmも悪い評価ではありませんが、新品価格を考慮すると価格相応と言ったところでしょうか?

デビューキャンペーン

X-T30購入にあたってもう一つ考えるべきは同時並行でキャッシュバックキャンペーンを展開していること。

あえてキットレンズに手を出さず、こちらをゲットするのもアリ。キャッシュバック率を考慮するとXC50-230mmやXF16mm F2.8 R WRはかなり魅力的ですね。

特に16mmは新製品なのに対象製品となっているのが凄い。

XC15-45mmキットだと画角が被ってしまうのでXF18-55mmキット+16mm F2.8という選択肢も面白そう。XC15-45mmキットにXC50-230mmを選ぶと、実質1万円の追加投資で幅広いズームレンジを手に入れることになります。

X-T30とXF35mm F1.4 Rの単焦点一本で攻めるのも面白そう。X-E3と組み合わせて使ったことがあり、近接時のボケが綺麗で遠景も絞ればシャープとなるイマドキのレンズとしては肩ひじ張っていない面白いレンズ。

購入早見表

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-FUJIFILM関連の情報, X-T30, Xシリーズ 一眼, カメラ, 価格情報, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.