「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Samyangレンズ カメラ レンズ

サムヤン XP 35mm F1.2 交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「XP 35mm F1.2」の情報を収集しています。

更新履歴

レンズデータ

レビュー

作例

参考サイト

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

焦点距離 35mm
明るさ F1.2-F16
レンズ構成 10群12枚
画角 64.5°(対角・35mm判フルサイズ)
大きさ 117.4×φ93mm
重さ 1,106g
フィルター径 86mm
最短撮影距離 0.34m
最大撮影倍率 0.17倍
絞り羽根 9枚

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

海外の評価

Mobile01

ハイエンドな光学性能

  • 一般的なサムヤンレンズと比べて遥かに大きなレンズだ。
  • フード込みで1199gだ。EOS 5D Mark IVと組み合わせることで2Kgとなる。
  • レンズフードはプラスチック製だ。内側に植毛は無い。
  • フォーカスリングは滑らかな動作だが、良好なゴム製グリップは高い吸着性でゴミが付きやすい。回転角は約240度だ。
  • 高価なレンズだが、残念なことに防塵防滴仕様では無い。
  • EOS 5D Mark IVとの組み合わせで片手の撮影は難しい。
  • 自動補正が適用されないこのレンズは後処理で歪曲収差を補正する必要がある。
  • F1.2の中央解像はとても良好で、驚いたことに端の解像性能も悪く無い。さらにF2まで絞ると画質の均質性が増す。ハイエンドクラスのパフォーマンスだ。
  • 色収差の補正は完璧では無く、絞り開放のハイコントラスト領域では明らかにパープルフリンジが発生する。かなり目立つがF2.8まで絞ると改善し始める。
  • 逆光耐性は良好だ。
  • 周辺減光は自動で補正されないため、F1.2で撮影すると減光が目立ち全体の明るさにも影響している。絞り開放の場合は露出補正+1でちょうどいい。四隅の減光を解消する場合にはF4まで絞ると良いだろう。
  • 9枚の絞り羽根はF4まで絞ると光条が発生する。しっかりとした形の光条はF11から始まる。
  • F1.2の大口径レンズで避けて通ることが出来ないのは口径食だ。口径食を改善するにはF2.2まで絞る必要がある。

価格設定は適切だが、マニュアルフォーカス専用のためフォーカスピーキングを内蔵していないEOS 5D Mark IVでは使い辛い。Eマウント版が登場するとより魅力的となるはずだ。

とは言え、F1.2のボケはセールスポイントとなり。解像度はF1.2~F16まで実用的だ。

パープルフリンジの問題はあるものの、このような特性のレンズに慣れていれば希少価値の高い一本である。

サイト案内情報

Samyangレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31
フルサイズα 最大4万円 -2019/9/30 2019/10/15
APS-C α 最大1.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
ソニーRX 最大1万円 -2019/9/30 2019/10/15
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/30 2019/10/11
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/30 2019/10/11
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 2019/10/15

-Samyangレンズ, カメラ, レンズ

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.