SIGMAレンズ カメラ レンズ

シグマ 35mm F1.4 DG HSM Art 交換レンズデータベース

【広告】フジヤエービックで「SIGMA fp」「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」アウトレット出品中

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「35mm F1.4 DG HSM Art」の情報を収集しています。

更新情報

  • 2019-12-17:Admiring Lightがレビューを掲載しています。
  • 2018-07-28:KASYAPAがSonyE用の作例を掲載しています。
  • 2018-06-30:フォトヨドバシがソニーEマウントの作例を掲載しました。
  • 2018-05-25:ソニーEマウント用の発売日が決定しました。
  • 2017.8.18:KASYAPA Nikonを作例に追加しました
  • 2017.5.7:レビュー・参考サイトにリンクを多数追加
  • 2017.2.6:ページを全体的に更新

データベース

レンズの特徴

中央解像力 開放 非常に良好 周辺解像力 開放 まずまず
中央解像力 ピーク 抜群
F2-F5.6
周辺解像力 ピーク 良好
F2.8-F8
軸上色収差 軽微 倍率色収差 とても良好
球面収差 問題無し コマ収差 軽微
非点収差 とても良好 歪曲 樽型 小
周辺減光 開放 2段 逆光耐性
AF 並速、静音 MF回転角 90度
最大撮影倍率
最短撮影距離
1:5.2
30cm
手ぶれ補正
フィルター 67mm 重量 665g
ボケ傾向 後ボケ…滑らか。前ボケ…並、玉ボケ…滑らか
備考

購入早見表

Canon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
Nikon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
PENTAX
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
SONY A
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
SONY E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
LEICA L
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
SIGMA SA
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フィルター購入早見表
プロテクト C-PL ND ソフト
X-CAP

競合レンズ

レンズデータ

レンズ仕様

レンズ構成 11群13枚
画角(35mm 判) 63.4°
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最小絞り F16
最短撮影距離 30cm
最大倍率 1:5.2
フィルター径 Ø67mm
最大径 × 全長 Ø77mm×94.0mm
質量 665g

MTFチャート

mtf

レンズ構成図

lens_structure

シグマの画質追求ラインとして知られる「Art」ラインの第一号となったフルサイズ対応の広角レンズ。APS-Cで使うと換算50mmの標準レンズとして使うことができるので、どちらで使っても面白い。

高級ラインのレンズだけあって、開放のボケはとろけるなめらかなボケ味とヌケのある表現を兼ね備えたもの。ボケの綺麗さもさることながら、ピント面のカリカリシャープな描写もシグマらしい。周辺減光は大口径レンズだけに大きいものの、ちょいと絞れば解消するレベル。

非球面やSLD・FLDレンズが贅沢に採用されている。さらに、超音波モーターとインナーフォーカスによる高速AF。加えてフルタイムマニュアル対応と高級レンズらしい機能性だ。APS-C機で使うと専用フォーマットレンズより幾分もゴツく感じてしまうものの、純正のフルサイズ対応レンズと比較するとこんなもんでしょう。高価なレンズにして防塵防滴に対応していない点は少し気になる。

マウント交換サービス可能なレンズなので、心機一転別マウントに乗り換えたとしても買い換える費用までは必要ないのは有難い。この辺はレンズメーカーらしい配慮。各所で絶賛のレンズだけに、作例も多く掲載されている。

海外の評価

Admiring Light

まだまだコストパフォーマンスが高いレンズ

  • 大きく重いレンズではあるが、他の35mm F1.4と見比べるとよく似ている。「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」と見比べると少し小さいくらいだ。
  • 鏡筒は金属とプラスチックを合わせたパーツで構成している。とてもしっくりとくる感触がある。
  • 重いレンズではあるが、それほど重量感は無く、扱い辛いとは感じない。
  • 大きなフォーカスリングは使い始めが少し硬かった。数週間使い込むことで滑らかに動作するようになった。
  • プラスチック製レンズフードは逆さ付け可能だ。スペシャルな作りでは無いが、十分頑丈だ。
  • 初期ファームウェアのオートフォーカスは評判が悪かった。しかし、シグマはファームウェアの改善を重ね、フォーカス速度は大幅に改善している。静止画時の動作はとても感銘を受け、非常に高速だ。C-AFではさらに速くなる。スピード感のある撮影に適したレンズとは思わないが、それ以外では優れたパフォーマンスを発揮する。
  • α7 III・α7R IVとの組み合わせで瞳AFの精度は際立っている。瞳AF以外も非常に正確だ。
  • 動画撮影時のフォーカス速度と滑らかさはまだ平凡だ。
  • F1.4から優れたシャープネスとなる。絞り開放では中央から2/3が非常にシャープだが、四隅のみある程度ソフトな描写だ。数段絞ると四隅まで非常にシャープな描写となる。
  • 絶対的な解像性能は市場に出回っている最高のレンズに敵わないが、基本的にフレーム全体で十分シャープな描写だ。
  • 近距離でも無限遠と同じくらいシャープである。このパフォーマンスは本当に見事だ。ソニーFE35mm F1.4 ZAと比べて絞り開放におけるシャープネスが優れている。
  • ボケ描写は良いところと悪いところがあるものの、全体的に見ると非常に綺麗な描写である。近距離の場合、後ボケはとても滑らかで均質で柔らかい玉ボケとなる。フレーム端に向かうにつれ、ボケの輪郭が強張る。これはピントが無限遠へ移動するにつれ顕著だ。
  • さらに無限遠へ移動すると、ボケがさらに硬調となる。まともなパフォーマンスではあるが、クリーミーなボケ描写とは言い難い。ソニーFE35mm F1.4 ZAと比較して同等のボケ描写、無限遠側ではZAより少し粗いボケとなる。完璧からは程遠いが、全体的なボケ描写はとても優れている。
  • 典型的なシグマレンズらしい温かみのある素晴らしい発色だ。人を撮るのが楽しく感じる。過度にパンチが効いた描写では無いが、風景撮影には十分鮮やかだ。
  • コントラストは絞り開放からとても良好だ。
  • 絞り開放の場合、軸上色収差が僅かに発生している。これはコントラストが高い領域でのみ発生し、絞ると減少する。倍率色収差は極僅かで問題となることは無い。
  • 歪曲数差は十分に補正している。僅かな樽型歪曲だが、実写ではほとんど目に付かない。
  • 周辺減光は絞り開放で非常に目立つ。フレーム隅が著しく暗くなり、フレーム外側1/3まで影響を及ぼしている。良い影響となることもあるが、気になる場合は修正が必要だ。F2まで絞ると減光量は大幅に低下し、F2.8でほぼ解消する。
  • このレンズの弱点は逆光耐性だ。絞り開放では特に問題とならないが、絞ると多数のゴーストが発生する。

長所:F1.4から非常に良好なシャープネス・絞ることで全体的に優れたシャープネス・大部分のシチュエーションで心地よい描写のボケ・良好な発色とコントラスト・低色収差・低歪曲・瞳AFは良好に動作・非常にしっかりとした鏡筒・お手頃価格

短所:絞り開放で周辺減光が強い・絞った際にいくらか目に付く逆光耐性・遠方のピントでいくらかボケが騒がしい

率直に言うと、私はこのレンズが大好きだ。非常に手頃な価格設定ながら、F1.4から非常に良好なシャープネスでオートフォーカスは良好に動作する。

初めは899ドルだったが、最近では649ドルまで値下がりしている。ソニー35mm F1.4の半値以下だが、優れた光学性能でオートフォーカスはほぼ同等だ。

今は「35mm F1.2 DG DN」のような優れたレンズが登場しているものの、コストパフォーマンスを考慮すると35mm F1.4 DG HSMも非常に優れたレンズである。私のお気に入りのレンズとなった。強くおススメできる一本である。

Admiring Light:Review: Sigma 35mm f/1.4 DG HSM Art (Sony E-Mount)

Sony Alpha Blog

  • ビルドクオリティは優れている。
  • オートフォーカスはα9との組み合わせで信頼性が高く高速だ。
    ・瞳AFはAF-Cで問題無い。
    ・AF-S時はワイド、もしくはフレキシブルスポット「小」を使用した際に「顔検出」は大きくピントを外し、瞳AFはシャープなピントとなった。Sony Distagon FE35mm F1.4 ZAではどのセッティングでも問題無かった。個体の問題かもしれないが、この信頼性は個人的に躊躇してしまう問題だ。
  • 純正と同程度のサイズだが重量は25%増である。
  • 動画撮影では純正のクリックレス絞りリングが特に便利だ。
  • シャープネス:α7R III
    ・中央:F1.4でとても良好、F2~F11まで優れている。F16で回折の影響を受ける。
    ・四隅:F1.4で良好、F2でとても良好、F2.8~F11まで優れて、F16で回折の影響をうける。
    ・中央は純正と比べて少し良好程度だが、四隅は格段に良好である。
  • 周辺減光は目立つがF2.8で解消する。
  • 目に見える歪曲は無い。
  • 色収差はとても小さく、個人的には問題無い。
  • 逆光耐性はコントラスト低下が無くとても良好だ。
  • 諸収差の補正は純正と比べて遥かに優れている。
  • 発色はとても良好だが、個人的には純正のほうが好みに少し近い。
  • 後ボケはとても良好だが、純正ほど柔らかくはない。
  • 玉ボケはとても良好で年輪ボケが無い。口径食による四隅の変形は純正と互角だ。
  • 動画撮影時のAFは少し残念だ。高速だが滑らかでは無い。この点で純正は問題無い。クリックレスの絞りリングが無いため、絞り変更時はノイズが発生する。

このレンズは光学的に優れたレンズである。主にシャープネス・歪曲・色収差の点で純正よりも優れている。一方で純正は動画撮影や発色、そして重要なAFの信頼性の面で優れている。

残念ながらAF-Sの信頼性は大きなハードルとなり、AF-Cを使う羽目になる。私はファームウェアでこの問題が修正されることを期待している。

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-M5 III 最大1.5万円 -2020/3/31 2020/4/14

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.