とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

魅惑の75mm単焦点 M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 【評価・作例】

      2017/07/07

レビュー・作例・参考サイト

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
金属レンズフード LH-61F 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
金属レンズキャップ LC-61 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズケース LSC-0811 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズキャップ(内つまみ式) LC-58C 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズキャップ LC-58E 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

Flickr


レンズデータ

レンズ仕様

 

焦点距離 75mm(35mm判換算 150mm相当)
最大口径比/最小口径比 F1.8/F22
レンズ構成
画角 16°
AF方式 ハイスピードイメージャAF(MSC)
最短撮影距離 0.84m
最大撮影倍率 0.1倍(35mm判換算 0.2倍相当)
最近接撮影範囲 173×130mm
絞り羽枚数 9枚(円形絞り)
フィルターサイズ Ø58mm
マウント規格 マイクロフォーサーズシステム規格
大きさ 最大径×長さ Ø64 x 69mm
質量 305g

 

MTFチャート

000035520

レンズ構成図

000035529

個体名が平凡で『PROシリーズ』の影に隠れてしまっているが、その実マイクロフォーサーズ用レンズの中でも特に評価の高いレンズがこれだ。

35mm判換算で150mmと言う望遠レンズにおいてF1.8と言う大口径を実現している。お陰様でセンサーがフルサイズに比べると小さいマイクロフォーサーズでもかなり大きなボケ量を得ることが出来るレンズになっている。ポートレートには特に使いやすい焦点距離と明るさ。コミュニケーションを大事にするポートレート撮影にはちょっと遠すぎるかもしれないが…。

特筆すべきはF値だけではなく、解像力が非常に良好なレンズだと言う事も挙げられる。特に海外での解像力チャートではグラフの天井を突き抜けてしまう程の性能。圧縮効果と被写界深度を利用して被写体を切り取った上で、さらに解像度を活かしたキレッキレの写真を撮るなら間違いなくこのレンズは効果的。

コレほどの性能を持ちながら、重量はなんと305g。普段使う分にも十分軽く、焦点距離は長いがお散歩用として持ち歩いてもいいレベル。150mmと言う焦点距離が使い難く無かったら、価格は高いがベストバイ。ソレほどまでに買って後悔しないレンズだ。まずはお手持ちのキットレンズなどで、75mm(換算150mm)を使って自分の用途で使えそうか試してみよう。

海外の評価

MING THEIN

  • このレンズはしっかりとした造りだが、意外にも重くない。真鍮製のライカレンズと同じように見える。プラスチックのレンズキャップ以外は全てアルミ合金だ。
  • この価格帯のレンズとしては意外なことに防塵防滴仕様では無い。
  • フォーカスリングは滑らかで適度な抵抗感を持っている。残念だが電子制御のバイワイヤ式だ。
  • フードはレンズのサイズを2倍にする巨大で遮光性の高いものだ。これは別売り品であり、レンズの価格を考慮するとフードを付属していないのは頂けない。
  • オートフォーカスは静かで高速、そして正確に合焦する。フォーカス速度は45mm F1.8と同程度だ。
  • 本当に悪いレンズはほとんど無く、優れたレンズはたくさんある。そして、際立ったレンズはいくつか存在する。75mm F1.8はそんな優れたレンズを枠を超えるレンズの一つだ。
  • 絞り開放からフレーム全体に亘って驚異的な解像力とシャープネスを実現している。絞ると被写界深度が増すものの、シャープネスに大きな違いはない。実際のところ、マイクロフォーサーズの中では最もシャープなレンズの一つだ。
  • F1.8~F2.8の間で僅かなマイクロコントラストの改善があるものの、それ以降は回折の影響を受けるまで変化しない。
  • ボケ、色透過、軸上・倍率色収差、レンズを悩ます光学特性のどれをとっても悪くない。これは非常に稀なことであり、「個性」を持たないクリアで中立的なレンズだ。唯一の欠点は逆光下の被写体でボケの色づきが出ることくらいだろう。
  • 優れた性能を持つ45mm F1.8と比べてあらゆる点でこのレンズは上回っている。
  • Leica 50/2 APO ASPHと同程度の明瞭さを持っている。
  • この(レビュー用)レンズを返却しなければならない日はとても嘆かわしいものだった。

The Phoblographer:安くは無いが価値のあるレンズ

  • このレンズは間違いなく巨大なガラスの塊だ。前玉は他のマイクロフォーサーズ用レンズと比べて直径が大きい。(訳注:2012年のレビューです)
  • フィルターは58mmだ。一眼レフからすると小さく見えるかもしれないが、OM-D E-M5のような小型カメラとの組み合わせでは特に大きく感じる。
  • どの観点から見ても、このレンズは安っぽい造りではない。実際、レンズの重量はライカを連想させるものだ。
  • PENのような小さいボディでも使う事は出来るが、快適ではない。OM-Dとはバランスが取れている。
  • オートフォーカスは他のMSC搭載レンズと同様に瞬間的で正確だ。暗所では時折ハンチングを経験したが、これはOM-D E-M5のパフォーマンスによるものだろう。
  • 換算150mmという焦点距離の長いレンズだが、使っていて楽しいものだ。
  • ボケは滑らかでクリーミーだ。
  • 綺麗なボケだけでなく、シャープさも持ち合わせている。F1.8の画像は息をのむほどシャープだ。F5.6まで絞った画像と見間違えるくらいであり、ハッキリとした差は感じない。大口径単焦点レンズでこのようなパフォーマンスは珍しいことだ。
  • どのような絞り値でも周辺減光は目立たない。
  • 色は豊かで忠実に再現し、肌の色調は美しく輝いている。これはポートレートには重要な要素だ。

私はこのレンズをレビューする前にいくつかの肯定的な意見を読んでいた。当初、その肯定的なレビューには懐疑的だったが、長期間の試用を経て考えを改める必要があると感じている。

卓越した光学性能を持つこのレンズの価格設定は適正と言えるものだろう。マイクロフォーサーズレンズとしては決して安いレンズでは無いが、絶対にお買い得だ。もしあなたが高品質のポートレートレンズを探しているのであれば、間違いなくこのレンズだ。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

 - OLYMPUSレンズ, OLYMPUS中・望遠レンズ, カメラ, レンズ