Canon関連の情報 特許情報

キヤノンのボディ内・光学手ぶれ補正の協調補正を応用する特許出願

スポンサーリンク

2019年12月19日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開されています。

  • 【公開番号】特開2019-215426(P2019-215426A)
  • 【公開日】令和1年12月19日(2019.12.19)
  • 【発明の名称】撮像装置およびその制御方法
  • 【出願日】平成30年6月12日(2018.6.12)
  • 【出願人】
    【識別番号】000001007
    【氏名又は名称】キヤノン株式会社
  • 【課題】撮影予備動作時と露光時とにおける構図のずれを抑制しつつ、適切な防振効果が得られる像ブレ補正を行うことができる撮像装置を提供する。

これまでにキヤノンの様々なボディ内手ぶれ補正に関する特許出願を見てきましたが、今回はボディ内手ぶれ補正と光学手ぶれ補正を協調した応用技術となっている模様。どちらもシフトブレに対応する手ぶれ補正を搭載している際にフレーミングのズレを緩和しながら効果的な手ぶれ補正が得られるみたいですね。。単にボディ内手ぶれ補正を載せる時代は過ぎ去っており、「+α」で何かを実現したいように見えます。

少し気になるのが図面で示しているレンズ構成。

図面のカメラはミラーの無いミラーレスカメラに見えますが、RF・EF-Mでこのようなレンズ構成のIS搭載レンズが見当たらないのです。最もレンズ構成に近いのがAPS-C一眼レフ用レンズ「EF-S17-55mm F2.8 IS USM」。この際、レンズ構成は特にこだわりが無いのかもしれませんが、オリジナリティのあるレンズ構成を持ってくる意味が分かりません。このような機能を利用できるIS搭載レンズを新しく開発しているのでしょうか?

スポンサーリンク

サイト案内情報

特許関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Canon関連の情報, 特許情報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~