SIGMAレンズ カメラ レンズ 管理人レビュー 解像力チャート

シグマ24-70mm F2.8 DG DN Art レビュー【近距離解像力テスト編】

シグマのフルサイズミラーレス用交換レンズ「24-70mm F2.8 DG DNレビューページに解像力テストの結果を追加しました。

解像力テスト

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:α7 III
  • 交換レンズ:24-70mm F2.8 DG DN
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • α7 IIIのRAWファイルを使用
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
    ・格納されたレンズプロファイルオフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

解像力テスト:24mm

2400万画素のα7 IIIで「良像」と呼べる基準値はおよそ「2500」前後。

中央は絞り開放から余裕でα7 IIIの限界値に到達。最小絞り値である「F22」を含めて絞り値全域で良好なパフォーマンスを発揮しています。4200万画素や6100万画素のRシリーズでも高解像な描写が見込めるはず。(F4の数値が少し飛びぬけているのは、おそらく微妙な計測のズレ)

その一方、周辺部や四隅はF2.8~F5.6で「2500」を下回っています。正直に言うと「甘い描写」と言わざるを得ません。ただし、定型の解像力チャートはどうしても広角側で接写せねばならず、自ずと周辺解像は厳しくなります。(特にインナーフォーカスレンズは近接時の収差変動が大きい)

F8~F16まで絞ると最短撮影距離付近でも四隅まで良像を達成する高いパフォーマンスとなります。接写時に被写体を四隅に配置するのであればF8まで絞っておくと良いでしょう。

F値 中央 周辺部 四隅
F2.8 3616 1995 1441
F4 4125 2345 1778
F5.6 3662 2783 2135
F8 3633 3537 2394
F11 3492 3331 2571
F16 3523 3194 2629
F22 3050 2619 2453

備考:単焦点・ズームレンズとの比較

もともと撮影倍率の高いタムロン「24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 Model F051 」は接写でも四隅まで高いパフォーマンスを良いしています。正直に言うと、このレンズは「広角マクロ」と言っても過言では無いスペックとなっているのでズームレンズには酷な比較相手です。参考程度に見ておきましょう。

一方、同じズームレンズでも大口径広角ズーム「17-28mm F/2.8 Di III RXD」は絞り開放から割とまともな解像性能を発揮しています。開放の四隅は少し甘いものの、絞った時の立ち上がりはシグマより有利。光学倍率やズームレンジを考慮すると苦しい比較相手と言えるかもしれません。

解像力テスト:35mm

基本的に24mmと同じ傾向ですが、周辺部や四隅のパフォーマンスはより良好。絞った際の改善速度が向上しています。接写時でもF5.6まで絞れば四隅まで良好な画質を期待できそうですね。

絞り開放より小絞りを使ったほうが四隅まで安定するため、絞れる環境ならば臆することなく絞っていきましょう。

中央はやはりα7 IIIで振り切れてしまっています。より高解像なセンサーを搭載したカメラが欲しくなるところ。

F値 中央 周辺部 四隅
F2.8 3638 2194 1816
F4 3714 2659 1958
F5.6 3689 3216 2374
F8 3461 3321 3110
F11 3512 3584 3058
F16 3587 3075 2874
F22 2778 2689 2400

備考:単焦点レンズとの比較

やはりマクロレンズと言っても過言では無い「35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 Model F053」のパフォーマンスが圧倒しています。同じ35mmでもマクロを重視したレンズだとこれだけパフォーマンスが伸びる良い例ですね。

ソニー純正レンズ「FE 35mm F1.8」は35mmで常識的な傾向。開放付近だと四隅が甘く、改善するためにはF8付近まで絞る必要があります。シグマはこのレンズほど絞った時の安定感を発揮しませんが、絞ることでほぼ同じ水準まで到達することが可能です。

解像力テスト:50mm

やはり絞り開放では四隅が甘いものの、1段絞ることで四隅まで安定。さらに1段絞ることで非常にシャープとなる。クローズアップ撮影をするのであればこの辺りの焦点距離をメインとして使うのが良さそうですねえ。

F値 中央 周辺部 四隅
F2.8 3689 2270 1784
F4 3594 2893 2503
F5.6 3594 3084 2971
F8 3516 3307 2789
F11 3309 3110 2815
F16 3257 2874 2768
F22 2732 2610 2555

解像力テスト:70mm

絞り開放から像高5割まで良好なパフォーマンスを発揮。F4まで絞れば四隅までシャープとなり、F5.6~F16で文句ナシの近接解像性能を発揮します。

F値 中央 周辺部 四隅
F2.8 3387 2531 1766
F4 3600 3023 2476
F5.6 3573 3347 2784
F8 3520 3610 3006
F11 3493 3200 3014
F16 3137 2874 2963
F22 2742 2637 2651

雑感

撮影距離1m未満の解像力チャートテストなので、あくまでも参考程度の数値と考えてください。実際の撮影により近づけた、遠景解像の実写テストは後日確認予定。

近距離の解像テストではありますが、24mm以外は絞ることで四隅までシャープな画質を達成しています。大口径標準ズームレンズとしては立派な光学性能と言うとが出来そうです。

新品・中古レンズを探す

シグマ 24-70mm F2.8 DG DN 交換レンズ徹底レビューページはコチラ

24-70mm F2.8 DG DN Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
24-70mm F2.8 DG DN Leica L
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 管理人レビュー, 解像力チャート
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~