「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

未分類

コシナ「Voigtlander APO-LANTHAR FE 50mm f/2.0」が海外で先行発表される?

海外のニュースメディアに国内でコシナ未発表のソニーEマウント用単焦点レンズが掲載されています。

photoscala.de:Kommt bald: Voigtländer 50 mm / 1:2,0 APO-LANTHAR für Sony E

フォクトレンダーClassicラインの20周年記念として50mm F2を発表した。ソニーEマウント完全互換の標準MFレンズだ。価格と販売時期は未定である。

  • 「APO-LANTHAR」はフォクトレンダーの中でも特に高い光学性能のレンズにのみ冠されるものだ。そしてこのレンズは真の傑作として投入する。
  • 2枚の非球面レンズ、5枚の異常分散レンズ、フローティングフォーカスシステムを採用し、ゼロに近い色収差補正を実現した妥協の無い設計
  • 12枚の絞り羽根
  • 1/3段階の絞りリング・デクリック機構搭載
  • 電子接点によりEXIF情報の記録が可能
  • 距離エンコーダー搭載
焦点距離 50mm
マウント Eマウント(Sony)
絞り開放 1:2.0
最小絞り値 F 16
レンズ構成 8群10枚
画角 46.5°
絞り羽根 12
最短撮影距離 0.45 m
フィルタサイズ Ø49 mm
最大直径 62.6 mm
全長 61.3mm
重量 364 g
カラー
付属品 レンズキャップ、バックカバー、レンズフード

コシナ公式を始め、掲載メディアの地元にあるフォクトレンダー公式ウェブサイトにも掲載されていない情報です。メディアがフライング掲載してしまったのでしょうか?ただ、ヨーロッパの一部地域で同じような情報を掲載しているサイトが見られるので既に先行発表しているのかもしれません。

ソニーEマウント用フォクトレンダーとしては「Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical」「Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」に次いで3本目となる「APO-LANTHAR」ですね。他2本と異なりMACROでは無く、最大撮影倍率は低そうですね。「APO-LANTHAR」を冠した2本のレンズはどちらも非常に良好なパフォーマンスを発揮するレンズとなっているのでこのレンズにも期待したいところ。8群10枚のレンズ構成でうち7枚が特殊レンズという気合の入った設計となっているようです。MFリングの回転量は少なくとも90度以上は確保されている模様。

参考:コシナ製Eマウントレンズ各種データベース

サイト案内情報

コシナレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-未分類

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.