「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tamronの情報 Tamronレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

17-28mm F/2.8 Di III RXDは最高の光学性能では無いがコスパ最高な広角ズーム【海外の評価】

PhotographyBlogがタムロンのミラーレス用交換レンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)」のレビューを掲載しています。

  • F2.8ズームレンズとしては驚くほど軽量でコンパクトなレンズだ。α7シリーズに加えてAPS-C α6000シリーズのような小型ボディとも相性が良い。
  • ビルドクオリティはSPシリーズほどでは無いが、ポリカーボネート製鏡筒で良好なクオリティを維持しているように感じる。
  • 設計は日本と大きく表示されているが、実際に作っているのはベトナムだ。
  • 28mmまでズームインしても全長は全く伸びない。よく見ると内筒が前後しているものの、外装を飛び越えて伸びることは決してない。
  • オートフォーカスはRXDを採用しており、静かで動画撮影にも最適だ。DMFも利用可能である。α7 IIIとの組み合わせで快適で満足のいくフォーカシングである。
  • 色収差はとても良好に補正されている。
  • F2.8では顕著な周辺減光が見られる。これを解消するにはF5.6以降まで絞る必要がある。
  • 17mmでは樽型歪曲が見られる。
  • ボケの評価には個人差があると思うが、我々の見解としては良好に見える。
  • 17mmのシャープネス:
    ・中央:F2.8~F16で際立ったパフォーマンスを発揮する。F22で回折の影響を受ける。
    ・端:F5.6~F11で最適なパフォーマンスを得ることができる。
  • 20mmのシャープネス:
    ・中央:F2.8~F16で際立ったパフォーマンスを発揮する。F22で回折の影響を受ける。
    ・端:F5.6~F16で最適なパフォーマンスを得ることができる。
  • 24mmのシャープネス:
    ・中央:F2.8~F16で際立ったパフォーマンスを発揮する。F22で回折の影響を受ける。
    ・端:F5.6~F16で最適なパフォーマンスを得ることができる。
  • 28mmのシャープネス:
    ・中央:F2.8~F16で際立ったパフォーマンスを発揮する。F22で回折の影響を受ける。
    ・端:F5.6~F16で最適なパフォーマンスを得ることができる。

最高の光学性能とは言えないが、コストパフォーマンス抜群の広角ズームレンズであることは間違いない。28-75mm F2.8 RXDよりも優れており、ズームレンジ全域におけるF2.8のが画質は向上している。さらに小型軽量でコンパクト、オートフォーカスは静かで高速だ。この調子で望遠ズームレンズが登場するのも楽しみである。

PhotographyBlog:Tamron 17-28mm F2.8 Di III RXD Review

とのこと。

私もα7 IIIとセットで発売日にゲットして楽しんでいます。確かに28-75mm F2.8よりもコンパクトで、かつ良好な光学性能のように感じます。接写時は四隅が僅かに甘くなるものの、遠景では絞り開放からまったく問題無く利用可能。逆光耐性が高く、円形フィルターを利用できる大口径広角ズームレンズとして重宝するはず。価格は28-75mmより高くなってしまいましたが、その価値はあると思います。

注意すべきはズームレンジが非常に狭いこと。一般的な広角ズームの望遠側は準広角と言える35mmまでありますが、このレンズはスマートフォンで一般的な広角28mmまで。使ってみると、思っていたよりこの差が大きく感じます。また、17mmは樽型歪曲と言うだけだ無く、やや陣笠状となっているので手動補正は非常に難しいので注意が必要。

管理人のレビューページ

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)のレビュー・作例を集めるページはコチラ

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

スポンサーリンク

関連レンズ

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Tamronの情報, Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.