Canon関連の情報 Nikon関連の情報 SONY関連の情報 カメラ 機材の噂情報・速報

Lensrentalsで2021年に最も人気だったのはキヤノン「EOS R5」

Lensrentalsが2021年に最も借りられたカメラ機材を紹介しています。以前としてキヤノンのシェア率が高く、トップに「EOS R5」そして次に「EOS 5D Mark IV」が多く借りられていたと述べています。

Lensrentals:The Most Rented Photo and Video Products of 2021

最も人気のあった機材2021(静止画&動画)

  1. Canon EOS R5
  2. Canon EOS 5D Mark IV
  3. Canon EF 24-70mm F2.8L II USM
  4. Canon EOS R6
  5. Sony α7S III
  6. Sony FE 70-200mm F2.8 GM OSS
  7. Sony α7 III
  8. Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM
  9. Sony FE 24-70mm F2.8 GM
  10. Canon RF70-200mm F2.8 L IS USM
  11. Canon EF35mm F1.4L II USM
  12. Canon EOS C300 Mark II DP
  13. Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K
  14. Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM
  15. Canon RF24-70mm F2.8 L IS USM
  16. Canon EOS R
  17. Canon EOS C70
  18. Canon EOS C200
  19. Sony α7R IV

最も人気のあった機材2020(静止画&動画)

  1. Canon EF 24-70mm F2.8L II USM
  2. Canon EOS 5D Mark IV
  3. Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM
  4. Sony α7 III
  5. Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM
  6. Canon EF35mm F1.4L II USM
  7. Canon EOS R
  8. Canon EF50mm F1.2L USM
  9. Sony FE 70-200mm F2.8 GM OSS
  10. Sony FE 24-70mm F2.8 GM
  11. Canon EF16-35mm F2.8L III USM
  12. Canon EF100mm F2.8L IS USM
  13. Sony NP-FZ100バッテリー
  14. DJI Ronin-S 3-Axis Gimbal
  15. Canon EOS 6D Mark II
  16. Nikon D750
  17. Canon LP-E6Nバッテリー
  18. Canon EF-EOS R マウントアダプター
  19. Canon EF85mm F1.2L II USM
  20. SIGMA 18-35mm F1.8 DC DN Art EF-mount

キヤノン「EOS R5」がわずか1年でトップに躍り出たことがハイライトである。2020年の後半に発売されたEOS R5は、2020年内はバックオーダーが大部分だったが、入手しやすくなったことで、多くの人に使われるようになった。EOS Rプラットフォームには多くの良いニュースがあったが、2021年のレンタルで2番目に人気があったのは、EFプラットフォームの一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」である。

注目すべき他のポイントとして、他ブランドの減少が挙げられる。2021年のリストはすべてキヤノンとソニーで、EFマウントのBlackmagic Pocket Cinema Camera 6Kもリストに入っている。これは、年々リストから外れているニコンにとって、さらに悪いニュースかもしれない。このデータを読み解くために、各ブランドの市場シェアと、昨年と今年を比較した結果をもう少し詳しく見てみよう。

カメラボディのシェア

  • メーカー:2021年シェア:2020年シェア
  • Canon:38.05%:38.46%
  • Sony:26.26%:22.80%
  • Blackmagic:7.85%:9.71%
  • Nikon:6.36%:6.60%
  • Panasonic:5.49%:6.70%
  • Fujifilm:3.94%:4.38%
  • Leica:3.30%:2.92%
  • Insta360:1.91%:2.41%
  • RED:1.50%:1.16%

2021年のレンタル上位製品の大半をキヤノンが占めているにもかかわらず、カメラボディのシェアはわずかに減少しており、次の競合であるソニーに大きな差をつけている。それでも、レンタルされるカメラボディの約60%がキヤノンかソニーであることは、かなり衝撃的だ。レンズは以下の通りである。

交換レンズのシェア

  • メーカー:2021年シェア:2020年シェア
  • Canon:37.16%:34.52%
  • Sony:15.76%:16.08%
  • SIGMA:11.45%:12.42%
  • Nikon:9.93%:10.53%
  • Zeiss:3.37%:3.51%
  • Fujifilm:3.29%:3.35%
  • Tamron:2.69%:3.11%
  • Angenlieux:2.44%:1.96%
  • Fujinon:2.01%:2.21%
  • Panasonic:1.87%:2.58%
  • Leica:1.83%:1.88%
  • LAOWA:1.25%:1.54%
  • Olympus:1.17%:1.46%
  • Samyang:0.70%:0.86%
  • Hasselblad:0.61%:0.67%
  • Tokina:0.58%:0.49%

昨年と今年のレンズ市場シェアを比較すると、当社のレンタルの多くがキヤノンのシステムであることがわかる。これは、REDやARRIといったブランドがEFマウントのカメラシステムでカメラを製造しているように、EFマウントが動画制作の基本的な業界標準であることからも納得できる。

また、富士フイルムの市場シェアは、富士フイルムのレンズとフジノンブランドを組み合わせることで、より良く見えてくる。この2つのブランド名の違いは、金属製構造を持つフジノンブランドのビルドクオリティにある。

レンズ市場のシェアを見てみると、それほど大きな驚きはない。多くのサードパーティメーカーが少しずつ数字を落とし始めているが、これはキヤノン、ソニー、ニコンなどのブランドリーダーがそれぞれのプラットフォーム用のレンズをリリースし続けていることと関連している。シグマやタムロンのようなメーカーがRFマウントやZマウントのレンズを間もなく開発するので、今後数年間で数字が伸びることが期待できる。次に各レンズマウントプラットフォームの市場シェアを見てみよう。

マウント別カメラボディのシェア

  • マウント:2021年シェア:2020年からの増加率
  • Canon EF:28.79%:-3.9%
  • Canon RF:22.26%:1.84%
  • Sony E:14.58%:4.99%
  • MFT:7.17%:-1.71%
  • Nikon F:7.04%:-0.70%
  • Fuji X:3.33%:-0.24%
  • Nikon Z:2.64%:0.57%
  • Leica M:1.32%:0.03%
  • Fuji GFX:0.96%:-0.02%
  • PL:0.82%:0.00%
  • Hasselblad:0.32%:0.02%
  • Pentax K:0.14%:-0.03%
  • Sony A:0.07%:-0.02%

いつものように、この数字ではすべてを語ることはできないが、特に2021年と2020年の市場シェアの変化に注目してほしい。パーセンテージだけを見ると、キヤノンのRFマウントシステムはかなり大きな伸びを示し、ソニーのEマウントシステムも同様だ。これは、キヤノンEOS R5が入手しやすくなったことや、ソニーがα1などのシステムを発売したことから、大きな驚きではない。

その他の注目すべき点として、ニコンZシリーズは、キヤノンのミラーレスプラットフォームほどの勢いはなく、フジGFXシステムは、今年発売されたGFX100Sにもかかわらず、レンタル比率で少し低下している。

マウント別レンズのシェア

  • マウント:2021年シェア:2020年からの増加率
  • Canon EF:38.56%:-3.37%
  • Sony E:22.81%:0.41%
  • Canon RF:12.45%:5.01%
  • Nikon F:11.41%:-1.33%
  • MFT:4.64%:-0.91%
  • Fujifilm:2.96%:-0.15%
  • Nikon Z:1.68%:0.40%
  • PL mount:1.64%:0.19%
  • Leica L:1.45%:-0.16%
  • Fuji GFX:1.05%:0.07%
  • Leica M:0.71%:-0.04%
  • Hasselblad:0.27%:-0.03%
  • Sony A:0.19%:-0.04%
  • Pentax K:0.17%:-0.03%

マウントに基づいてレンタルされたレンズは、もう少し物語を示している。キヤノンはRFマウントにほぼすべての力を注いでいるにもかかわらず、依然としてキヤノンEFプラットフォームがリードしている。しかし、デジタル一眼レフからミラーレスへの移行が見られ、RFマウントは5%の伸びを示し、2021年のEFレンズ市場シェアの3.37%の減少を上回っている。

その他の注目すべき点は、ニコンの場合、Fプラットフォームの変化が-1.33%であるのに対し、Zシリーズはわずかな成長にとどまっている。これは、人々がニコンから他のブランドに移っていることを意味するのか?この数字は、まさにそのことを示しているのかもしれない。また、さまざまなカメラやレンズに対応するユニバーサルマウントとして設計されたLマウントプラットフォームは、今年、市場シェアがわずかに減少し、勢いを失っている。

とのこと。
レンタルした静止画・動画ユーザーの比率が分からない点に気を付ける必要があるものの、キヤノン「EOS R5」が最も人気が高かった模様。静止画用としても動画用としては魅力的なカメラに仕上がっているのが理由でしょうか?(動画撮影ではオーバーヒートしやすいと言った話もありますが…)

そして2番目に人気があったのが「EOS 5D Mark IV」と言うのが印象的ですね。5DユーザーがそのままR5にスライドしているのかもしれません。さらに4位には「EOS R6」がランクインしており、5位でソニー「α7S III」。ソニーもシェアを伸ばしていますが、キヤノンの牙城を崩すのはなかなか難しそうですねえ。

ニコンはFマウントでシェアを落とし、Zマウントの伸びもそれほどではない模様。2021年の最後に「Z 9」を投入したことで2022年に流れが変わると良いですね。マイクロフォーサーズにも健闘して欲しいところですが、過熱するフルサイズミラーレス市場と比べて厳しい戦いとなりそうです。

購入早見表

EOS R5

EOS R5
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す

EOS R6

EOS R6・ボディー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す
EOS R6・RF24-105 IS STM レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す

α7S III

ILCE-7SM3
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

α7 III

ILCE-7M3
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す ソニーストア
α7 III ILCE-7M3K
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す ソニーストア

キヤノン関連記事

-Canon関連の情報, Nikon関連の情報, SONY関連の情報, カメラ, 機材の噂情報・速報