FUJIFILM GFX GFX 100S カメラ デジタルカメラ総合 機材レビュー 海外の評価

富士フイルム「GFX 100S」はフルサイズ以上の画質を得られる最も手ごろでコンパクトな選択肢

DPReviewが富士フイルム「GFX 100S」のレビューを公開。フルサイズミラーレスのような高速AFや柔軟性はありませんが、最高のフルサイズカメラよりもすぐれた画質を得ることができる最も手ごろでコンパクトな選択肢と評価しています。

DPReview:Fujifilm GFX 100S review

このレビューを作成している間、テスト機では撮影後にカメラがフリーズすることがあった。画像は保存されるが、バッテリーを抜かないとカメラが反応しなかった。また、シャッター機構の故障も報告されているが、これについては同社から回答があった。
GFX100Sの故障率は、現時点では他のGFX/Xシリーズのカメラと同様になっています。メカニカルシャッターが故障したという報告については、そのような事例を耳にしたことがあるものの、数は非常に限られています。お客様が質問や懸念をお持ちの場合は、お近くの修理センターにご連絡いただくようお願いいたします
このカメラは、これらの問題が解決されることを前提にレビューと採点を実施している。数百回の露光後、シャッターの問題は発生していないが、記事掲載時点では両方のリスクが存在している。

長所

  • ISO感度全域で優れた画質
  • 極めて優れたディテール
  • シャドー部でも良好な階調性
  • 豊富なRAW圧縮方式
  • 手ブレ補正でフル解像度での撮影が容易
  • 快適なエルゴノミクス
  • ボタン/ダイヤルのカスタマイズ性
  • 比較的コンパクトなフォーム
  • 優れた動画機能
  • 便利なUSB充電

短所

  • オートフォーカスの性能はレンズによって大きく異なる
  • 顔/瞳のAFはフルサイズのライバルに比べて信頼性が低い
  • AFの追従性はそれほど高くない
  • 動画ではAFが追従しない
  • ラインスキップされた動画は、センサーの低照度性能を十分に発揮できない
  • 比較的低いバッテリーライフ
  • ファインダーはあまり高解像度ではない

GFX 100Sの評価を端的に言えば、「1万ドル以下で得られる最高画質のカメラ」ということになる。もし、フルサイズよりも高画質であることに価値を感じているのであれば、より低価格のカメラと比較して他の欠点があったとしても、価格差を受け入れることで納得できる画質を得られるだろう。

逆に、最新のフルサイズ機に比べて解像度の低いファインダーや遅いAFを、この価格で許容できるかどうか悩んでいるのであれば、GFXの優れた画質は優先順位がそれほど高くないのかもしれない。実際にこのカメラを使ってみて、どちらの考え方も正しいと思う。

GFX 100SのAFシステムは、最近のフルサイズと比較して、洗練されたものでも、高速なものでもない。そのため、用途によっては、制限のある撮影方法を強いられることになるが、可能な限り最高の画質を得ることを目的とするならば、それは理にかなっていると言える。しかし、より高速で信頼性の高い顔/瞳検出システムがあれば、ポートレート撮影に有利であることは否定できない。

初代GFX 100に比べてボディが小型化されたことは、多くのフォトグラファーにとって、バッテリー駆動時間の短縮よりもメリットが大きいと思われる。1日に何百枚も撮影するようなカメラではないし、スポーツ現場で何枚のメモリカードが必要となるようなカメラでもない。バッテリーを気にする必要はないだろう。

GFX 100Sは、撮影時には日常的なカメラでありながら、帰宅後にはセンセーショナルな画質の詰まったデータを提供してくれる、そんなカメラだ。

AFが遅いので、多くのウェディングフォトグラファーにとって最有力候補となることはないだろう。しかし、グループショットやポーズをとったイメージを非常にうまく撮影することができ、必要に応じて驚くほど高性能なビデオカメラにもなる(ただし、その場合はバッテリーライフや熱の蓄積で制限される可能性がある)

最終的に、このカメラを選ぶかどうかは、どれだけ画質を向上させたいかということになる。最高のフルサイズカメラと比較して、階調性が約2/3EV向上し、解像度が約30%向上することで、あなたやあなたの写真にとってどれほどの価値があるのか?
GFXは、洗練されたインターフェース、ボディ内手ブレ補正機能、高速タイプのAFレンズの組み合わせにより、おそらくこれまでに作られた中判カメラの中で最も使いやすいカメラだ。その画質を十分に発揮してくれるだろう。GFX 100Sは、スピードや柔軟性が多少損なわれても、それを補うに十分な性能を備えていると判断し「金賞」と評価する。

競合カメラとの比較

ハッセルブラッドの「X1D 50c」は、GFX 100Sよりもわずかに小さく、リーフシャッターを採用しているためフラッシュの同調速度が速い。しかし、その他の点では富士フイルムの方が優れている。100Sの方が解像度が高く、反応も良く、フォーカスも速く、バッテリーの持ちも良い。富士フイルムのレンズは価格が安く、明るく、枚数の多い絞り機構のおかげで一般的にきれいなボケが得られる。また、富士フイルムの動画やJPEG出力も非常に優れている。

キヤノン「EOS R5」、ソニー「α7R IV」、ニコン「Z 7II」、パナソニック「S1R」は、いずれも高速なAFシステムを搭載しており、富士フイルムよりも信頼性の高いフォーカストラッキング機能や瞳検出機能を備えている。また、いずれもGFXよりも小型で低価格だ。
しかし、いずれもGFX 100Sの画質には及ばない。ニコンのベースISO 64はGFXの階調性やダイナミックレンジに迫ることができるものの、解像度はかなり低い。ソニーとパナソニックは、被写体が十分に静止していればマルチショットのハイレゾモードに対応しているが、富士フイルムは様々な状況下で1億画素の画質を利用可能だ。何でもできるカメラが必要な場合はフルサイズが良いだろうが、画質を絶対的に優先する場合はGFX 100Sを選ぶほかない。

評価

富士フイルム「GFX 100S」は、フルサイズ以上の画質を得ることができる、最も小さく、最も安価な選択肢だ。その代わり、レスポンスや汎用性は失われるが、画像制作のツールとしてGFXは優れている。また、動画カメラとしても驚くべき性能を備えているが、バッテリーが小さいため、静止画撮影よりも制限されるリスクが高い。スタジオでの撮影はもちろん、それ以外のシーンでも活躍するカメラとなるだろう。

とのこと。
GFX100と同じ1億画素センサーを搭載しつつ、ボディ内手振れ補正や像面位相差AFに対応したコンパクトな44×33mmセンサーカメラですね。これほどカジュアルに1億画素のミディアムフォーマット画質を楽しめるカメラは他にないはず。高性能・高機能化しているにも関わらず、売り出し価格はGFX 50Sよりも少し安いくらい。絶対的に見ると高価なデジタルカメラですが、カメラの価値を考えると非常にリーズナブルな価格設定に見えます。富士フイルムGFレンズ群も比較的手ごろで、風景撮影や商業撮影でフルサイズから乗り換える人もいることでしょう。(この価格帯のカメラとしては)低解像なファインダーや操作性を許容できれば画質に対するコストパフォーマンスは非常に高くなるはず。

富士フイルム「GFX 100S」データベース

GFX 100S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連カメラ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-FUJIFILM, GFX, GFX 100S, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材レビュー, 海外の評価
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER