「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY中・望遠レンズ SONY関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 海外の評価

ソニーFE 135mm F1.8 GMは過去最高の解像性能を持つレンズ【海外の評価】

Lensrentalsがソニーの交換レンズ「FE 135mm F1.8 GM 」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

過去最高の解像性能を持つレンズ

  • 我々が手に入れた10の個体を使ってテストした。ただし、これは我々が購入したものではなく、ソニーにある在庫から借りているものがある。我々自身の個体が10本手に入ったら再度レビューするつもりだ。
  • 中央領域は(超望遠を除く)我々が見てきたレンズの中で最も高いMTFだ。特に50lpmmの高周波数域が高い。通常ならば0.5程度だが、このレンズは0.8近くと非常に良好だ。我々はこのような高解像を見たことが無い。
  • MTFは中央から隅にかけて、当然ながら低下するが、それでもまだかなり高い数値を維持している。
  • SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Artは像高50%までとても均質だが、FE135mm F1.8 GMは特に高解像域で劇的に優れてる。
  • Batis 135mm F2.8はF2.8と言うこともあり、開放が優れている。しかし、F1.8のGMのほうが中央領域は明らかに優れている。
  • 普段は実施しない100lpmmでテストしたところ、この結果は滅茶苦茶に良好だ。最も優れた単焦点レンズの50lpmmよりも高いMTFを持っている。これまでテストしてきたレンズで100lpmmでしっかり解像するモデルは無かった。1本あったことにはあったが、それは巨大なプロトタイプで名前すら存在しないレンズだ。それに100lpmmの結果はそれほど良くない。

このレンズは我々が300以上テストしてきたレンズの中で最もシャープなレンズである。

とのこと。

非常に高解像な中央解像性能を持っているようですね。9000万画素センサーのカメラが登場したあかつきには、マイクロフォーサーズ程度のクロップ領域でも非常に高解像なイメージを得られそうです。

画質の均質性ではシグマ135mm F1.8 DG HSM Artが少し良好のようにも見えます。2400万画素~4300万画素ではシグマ135mmのコスパが光り、今後登場するかもしれない超高画素モデルではソニーGMのずば抜けた解像性能がモノを言うかもしれませんね。シグマとソニーのMTF差でどのようにボケ質に差がつくのかも気になるところ。

FE 135mm F1.8 GMのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

FE135mm F1.8 GM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソニー icon
レンズフード ALC-SH156
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONYレンズ, SONY中・望遠レンズ, SONY関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.