「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tamronレンズ レンズ 機材レビュー 海外の評価

17-28mm F/2.8 Di III RXDはショートズームながら優れた光学性能と逆光耐性【海外の評価】

Dustin Abbottがタムロンのミラーレス用交換レンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)」のレビューを掲載しています。

  • ここ最近のレンズは大型化の一途をたどっている。光学性能は高いが旅行する時には嵩張ってしまうので小さなレンズが欲しくなる。17-28mm F2.8 RXDは間違いなく全長の短いレンズでとても軽量だ。
  • GMやZAよりズームレンジこそ狭いものの、より軽いレンズである。
  • 鏡筒は大部分が軽量金属かエンジニアリングプラスチックを使用している。外観で唯一の欠点はAF/MFスイッチが無いことくらいだ。
  • ズーム操作によりレンズ鏡筒の長さは変化しない。鏡筒内で前玉の移動は見られるが、レンズ内部で完結している。ズームリングは滑らかで良好な抵抗感である。少し硬いと言うコメントも見られるが、私の個体ではそう感じなかった。
  • フォーカスリングはズームリングより狭く、ズームリングとは異なる触感を持っている。滑らかで問題無い動作だ。
  • RXDモーターを採用する2本目のレンズだ。とても高速で、静かであり、確実に被写体を捕捉する。ミラーレス用レンズに相応しい駆動方式だ。低照度ではソニーカメラ側の性能に足を引っ張られるが、精度は良好だ。瞳AFや追従連写でも良好な結果を得ることが出来た。
  • 動画撮影時にAF動作音の問題は無い。
  • 周辺減光はやや目立つが、他の広角レンズと比べて軽度だ。
  • 17mm
    ・歪曲は大きな樽型となり、陣笠状に歪んでいる。幸いにもレンズプロファイルで良好に補正される。歪曲が気になる場合は20mmくらいまでズームすると良いだろう。
    ・非常にシャープなレンズで、F2.8から大部分が高コントラストで優れた解像性能を発揮する。接写時でも優れたパフォーマンスを発揮し、無限遠ではよりシャープで豊かな色とマイクロコントラストを持っている。
  • 20mm:絞り開放から良好なコントラストで低色収差となり完璧に実用的な画質だ。少し絞ると四隅パフォーマンスが向上する。歪曲収差と周辺減光が光学的に補正されているので風景撮影に最適な焦点距離だ。
  • 24mm:20mmのパフォーマンスと似ている。
  • 28mm:とても穏やかな糸巻き型歪曲だ。画角は28-75mm F2.8の28mmと比べて僅かに広い。
  • 28-75mmのような暖色傾向とはならず、ニュートラル寄りだ。28mmを比較すると、28-75mmのほうがコントラストが僅かに高く、四隅がより解像している。17-28mmの28mmは劣っているものの、まだまだ良好な画質だ。
  • 広角レンズはしばしば逆光耐性が弱いものだが、このレンズは顕著に良好だ。絞ることで美しい光条も発生する。
  • 軸上色収差・倍率色収差の補正は良好だ。実写で問題は感じない。
  • このレンズにボケを求める人は少ないだろうが、ボケ質はきちんとしている。
  • コマ収差補正は完璧では無いが、優れたパフォーマンスで間違いない。

タムロン17-28mm F2.8 Di III RXDはコンパクトなレンズながら良いポイントが多い。多くの人にとって、遥かに高価なGMレンズに代わる優秀なサードパーティ製レンズとなるだろう。ズームレンジは狭いが、良好な防塵防滴・携帯性・非常に強力な光学性能・静かなAFと高い精度を備えている。

最も懸念すべき材料はズームレンジだが、これは価格設定を考えるとトレードオフだろう。このレンズは多くのファンを生み出すことになるだろう、ちなみに私もその一人だ。

長所:完璧な耐候性と美しいビルドクオリティ・高速かつ正確な優れたAF・美しい色とコントラスト・マイクロコントラスト・優れた逆光耐性・良好な色収差補正・レンズ補正対応・コストパフォーマンス

短所:ズームレンジが狭い・17mmで目立つ歪曲収差

Dustin Abbott:Tamron 17-28mm F2.8 RXD (A046) Review

とのこと。

私も発売日よりα7 IIIと組み合わせて使っていますが、確かにコストパフォーマンスは高いなと感じています。光学性能もさることながら、小型軽量なうえにインナーズーム式、高い逆光耐性、静かで高速なAF、防塵防滴などなど、非常に使いやすいレンズに仕上がっています。28-75mmのように暖色傾向とならない点、良好なコマ収差補正も同意見。

やはり注意すべきはズームレンジで、思っていたより35mmを使えないのが不便。広角ズームというよりも、広角単焦点を使っている感覚に近いと思います。ただ、α7R IIIやα7R IVなどでAPS-Cクロップを使えば標準レンズとして使えたりします。

28-75mm F2.8 RXDよりもやや高価ですが、個人的には17-28mm F2.8 RXDがよりおススメしやすいレンズ。

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)のレビュー・作例を集めるページはコチラ

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

スポンサーリンク

関連レンズ

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Tamronレンズ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.