SIGMAレンズ カメラ レンズ 海外の評価

シグマ100-400mm F5-6.3 DG DN OSはGMに匹敵する解像性能で魅力的な価格設定

CAMERA LABSがシグマのミラーレス用交換レンズ「100-400mm F5-6.3 DG DN OS」のレビューを掲載しています。他のレビューサイトと同じくソニーGMに匹敵する解像性能と高く評価している模様。

スポンサーリンク

  • ソニーE・ライカLマウント用の比較的手ごろな価格の望遠ズームレンズだ。キヤノンRF・ニコンZマウント用は何も告知されていない。
  • 約900ポンドであり、フルサイズミラーレスで最も安価に400mmを利用できる選択肢の一つとなる。
  • 一眼レフ用「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」とよく似ているが、ミラーレス用は約100ドル高価だ。また、いくつか大きな違いが素内する。
  • FE 70-200mm F2.8 GM OSS」はこのレンズの2.5倍高価なハイエンドレンズだ。直径が少し大きいが、並べてみるとサイズはほぼ同じだ。フィルター径はシグマのほうが小さく、重量も260gほど軽い。手に取った際に小さな違いを感じるものの、絞り開放F値が1/3ほどソニーのほうが明るい。どちらも防塵防滴仕様だ。
  • フォーカスリングはソニーほどでは無いが滑らかに動作する。
  • 100mm時に最短となり、望遠端で76mmほど伸びる。
  • ズーム操作はリングを回転させる他、内筒を引き延ばす動作に対応している。シグマはこれを強調しているが、いくつか他のレンズもこのような動作に対応している。
  • シグマの絞り開放F値
    F5:100~113mm
    F5.6:113~235mm
    F6.3:235~400mm
  • ソニーGMの絞り開放F値
    F4.5:100~116mm
    F5:116~164mm
    F5.6:164~400mm
    シグマと比べて全体的に1/3段明るいアドバンテージを持つ
  • ソニーGMのフォーカスリングは遥かに滑らかに動作する。ズームリングにロック機構は無いが、トルクの調節が可能だ。
  • カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタンを備えている。さらに一眼レフ用には無かった別売り三脚座に対応している。
  • ソニーの三脚座はリングを残してレンズから外すことが可能だ。
  • 撮影倍率はソニーのほうが良好だ。
  • シグマはテレコンバージョンレンズで撮影倍率を拡張できるが、今のところソニーEマウント用のテレコンバージョンレンズは存在しない。
  • ボケは柔らかく魅力的だ。絞っても玉ねぎボケの兆候は全くない。ソニーのほうがF値が小さいものの、四隅のボケが小さくなっている。
  • オートフォーカスは瞳検出・顔検出に対応している。シグマはコントラスト検出時のハンチングが目立ち、比較してソニーは少し速く正確に見える。
  • 100mm時の画質は隅から隅までくっきり写る。絞るとシャープさが増し、F8~F11でピークを迎える。絞り開放でも非常に良好だ。
  • 100mmの絞り開放をソニーと比べても遜色の無いパフォーマンスだ。
  • 400mmでも隅までディテール豊富だ。絞りを閉じるとコントラストとディテールは良くなるが、絞り開放でもやはり非常に良好だ。
  • 400mmをソニーと比較しても非常に似通った画質である。価格差を考慮すると解像性能でソニーに見劣りしないのは見事だ。

フルサイズミラーレスで400mmを楽しむ最も安価な方法の一つとなる。コストを抑えたい野生動物やスポーツの撮影に最適だ。防塵防滴仕様でオートフォーカスは高速かつ静か。光学手ぶれ補正を備え、一眼レフ用では利用できなかった三脚座も装着できる。

4200万画素のα7R IIIでテストしたところ、解像性能はソニーGMと一致するものであると判明した。オートフォーカスは野鳥の撮影できちんと撮影できることを確認している。ただし、ソニーGMほど滑らかで信頼性の高いAFではない。シグマレンズはプリプロダクションモデルなので、製品版で改善する可能性はある。

より多くの予算を使うことが出来る本格的なフォトグラファーは依然としてGMを熱望するだろう。このシグマレンズは同じズームレンジとディテールをより手頃な価格で、より多くの人が利用できる望遠ズームレンズだ。他のDG DNシリーズと同じく魅力的な選択肢であり、おススメできる一本だ。キヤノンRF・ニコンZ用モデルの投入も期待したい。

CAMERA LABS:Sigma 100-400mm f5-6.3 DG DN review

とのこと。
Dustin Abbott氏のレビューと同じくソニーGMと遜色の無い光学性能を発揮する模様。オートフォーカスはやはり差があるようですが、追求しない限り問題なく使用できそうです。
ソニーと比べてやや暗いですが、ここ最近のカメラの高感度性能を考慮すると1/3段差は大きな問題とは感じないかもしれません。ただし、クローズアップ性能がやや見劣りするので小さな被写体が多い場合は撮影倍率や撮影距離が少し不満と感じるかもしれません。

テレコンバージョンレンズに対応する点も考慮すると、予算に問題なければソニーGMを買ったほうが後悔の無い選択肢と言えそうです。
特にこだわりなく、400mmの焦点距離を気軽に使ってみたい人にとってはシグマの価格設定は説得力がありますね。

ちなみに私は既に予約注文しました。Yahoo!ショッピングのホームショッピングにて。消費者還元事業のキャッシュバックが6月末までなので、購入が決まっているのであれば早めに注文してしまうのがおススメ。(発売は7月10日ですが、予約商品は7月29日発売まで適用可能です。)

100-400mm F5-6.3 DG DN OS交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER