SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

シグマ「28-70mm F2.8 DG DN」はタムロンより少し高いが説得力のある性能

Dustin Abbottがシグマ「28-70mm F2.8 DG DN|Contemporary」のレビューを公開。タムロンよりも少し高価ですが、小型軽量で光学性能も優れていると評価しています。歪曲や周辺減光は自動補正前提のようですね。

小型軽量ながらしっかりとしたレンズ

Dustin Abbott:Sigma 28-70mm F2.8 DG DN Review

レンズの紹介:

  • このレンズの登場はだれも予想していなかったと思う。50mm F1.4 DG DNや70-200mm F2.8 DG DNを熱望する声はあっても、2本目の標準大口径ズームが登場するとは思わなかったはずだ。
  • ソニーGMより遥かに安く、強力なパフォーマンスを備えた24-70mm F2.8 DG DNの登場からまだ13か月しか経っていない。そのレンズよりも小型軽量で低価格なレンズだ。
  • 小型軽量だが広角端が4mm長い。そして完全な防塵防滴設計では無く、AFLボタンやズームロックスイッチが無くなっている。ライバルはタムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」であることは明らかだ。
  • ちょうど私はタムロンを所有しており、レビューでは上記を念頭に置いている。
  • タムロンは少し型破りな手法を採用することで成功に繋げている。シグマもこれに追随し、従来の24mm始まりをやめ、小型軽量で手ごろな価格のレンズを実現している。

ビルドクオリティ:

  • フィルターはArtの「82mm」よりも遥かに小さい「67mm」径を使用する。
  • シグマもタムロンもレンズフードはプラスチック製だ。しかし、シグマはフードに滑り止めの加工が施され、タムロンに少し差をつけている。
  • 防塵防滴はレンズマウントの一か所だけだ。6か所の防塵防滴を備えたタムロンとは異なる。同社のArtラインやSportsラインとも異なる。
  • 外装の素材はタムロンによりも少し高級感がある。
  • 70mmにズームすると3cmほど伸びるが、ガタツキは見られない。
  • 9枚の絞り羽根は絞っても円形を維持しているように見える。

携帯性:

  • 24-70mm F2.8 DG DNは835gだ。このレンズより78%も重い。
  • タムロンよりも14mm短い。
  • スリングバッグのような小さいカメラバッグで携帯する時に恩恵が大きい。

操作性:

  • AF/MFスイッチはあるが、ArtレンズのようなAFLボタンやズームロックスイッチが無い。
  • ズームリングの操作性は優れている。ロックスイッチは無いが、自重落下の兆候は見られない。
  • 電子制御のフォーカスリングも良好に動作する。

オートフォーカス:

  • 最短撮影距離は広角端で0.19m、望遠端で0.70mだ。広角端は最短撮影距離が短すぎるので、被写体に近寄るのは難しい。
  • ステッピングモーター駆動の静かで高速なAFを実現している。
  • 動画でも駆動音は静かで、正確なフォーカスによりハンチングはほぼ見られない。
  • フォーカスブリージングは望遠側でいくらか見られるものの、広角側は最小限だ。
  • F2.8のレンズとしては低照度AFが良好だ。とは言え、より明るいレンズほどではない。
  • 瞳AFも問題無く動作する。低コントラストや逆光でも良好なAF結果を得ることが出来る。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 28mmはフレーム全体で優れた解像度とコントラストだ。Artと比べて何の妥協も見られない。
  • 28mmをタムロンと比べると、中央はタムロンの解像度とコントラストが少し高いが、四隅を含めるとシグマのほうが遥かに強力だ。
  • 28mmでF4まで絞ると、四隅でも優れた解像性能となる。
  • 35mmは28mmと同じ傾向だ。28mmの四隅ほどでは無いが、全体的に優れている。F4まで絞れば四隅もシャープだ。
  • 50mmは35mmと同傾向である。
  • 70mmはコントラストが最も弱くなるポイントだ。
  • 70mm F2.8の四隅は少しソフトである。F4まで絞ってもそれほどシャープとならず、他の焦点距離と同じパフォーマンスを得るにはF8まで絞らなければならない。
  • 望遠端はタムロンのほうが少しシャープでコントラストも良好だ。しかし、シグマは周辺や四隅の画質が良好である。

マクロ

  • 広角側で0.30倍の高い撮影倍率を得られる。しかし、これを達成するには被写体にかなり近寄る必要がある。タムロンはさらに高い撮影倍率だ。

像面湾曲:

  • 接写時はタムロンよりも強めの像面湾曲が発生する。

ボケ:

  • ボケは基本的にとても良好だ。最良は70mmを使い接写して大きなボケを得る時だ。他の焦点距離でもかなり良好な描写である。
  • 像面湾曲のため、接写時はタムロンのほうが解像度とコントラストが良好だ。
  • シグマ・タムロンどちらも望遠側は広角側ほどクローズアップすることが出来ない。シグマの望遠側はおそらく0.22~0.23倍くらいだと思われる。

色収差:

  • 28mmに色収差の痕跡は見られない。
  • 実写で色収差に関する大きな問題は見られない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • ズームレンズらしい典型的な欠点となる。
  • 28mmは明らかな樽型となり、そして陣笠状の歪みにより手動補正が難しい。次のAdobe Camera Rawでプロファイルが追加されると思う。
  • 28mmの歪曲は24-70mm F2.8 DG DNよりも小さめだが、タムロンのほうが良好に補正している。
  • 70mmでは糸巻き型の歪曲収差となる。影響が直線的で補正しやすい。

周辺減光:

  • 28mmはタムロンのほうが少なめだ。シグマはLightroomで「+95」の補正値が必要である。タムロンは「+50」だ。
  • 70mmは28mmほどでは無く、「+55」で補正可能である。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は感動した。
  • どのようなテストでもゴーストは最小限である。間違いなく素晴らしいパフォーマンスだ。

作例集

総評

シグマ28-70mm F2.8 DG DNは、もう一つの堅実な標準ズームレンズである。

シグマは過去24か月の間に12本のレンズを投入している。これは2か月に1本のレンズが登場するペースだ。これほど急ピッチでレンズを拡充しているメーカーは他に無い。
個人的には70-200mm F2.8 DNと50mm F1.4 DNが欲しいと思っている。しかし 一方で、小さくて軽い旅行用レンズを探しており、ズームの柔軟性を求めるのであればこのレンズが最適だ。

このレンズは何でも屋であり、ほとんどの用途でとてもうまくいく。 素晴らしいビルドクオリティ、素晴らしいオートフォーカス、そして優れた画質を備えている。さらにクローズアップの撮影も可能だ。

シグマ「28-70DN」と定評のあるタムロン「28-75mmRXD」との間にはいくつか長所と短所がある。シグマはタムロンよりも高価だが、シグマを購入するフォトグラファーもいると思う。小型軽量で優秀なレンズだ。しかし、実際に需要があるかどうかはまだ分からない。

  • 長所
    ・小型軽量ながら素晴らしい作り
    ・マウント部に耐候性
    ・高速で静かなAF
    ・滑らかなで静かな動画AF
    ・最大撮影倍率が高い
    ・優れた逆光耐性
    ・良好な色収差補正
    ・全体的に優れたシャープネスとコントラスト
    ・500g以下
  • 短所
    ・強い周辺減光
    ・複雑な樽型歪曲
    ・接写時の光学性能が抜群ではない

とのこと。
小型軽量ながらズームレンジ全域でフレーム全体の安定した光学性能が期待できそうですね。歪曲収差や周辺減光はカメラ側の自動補正を前提としたような作りですが、自動補正が難しい光学的な問題はしっかりとレンズで補正している模様。

タムロンと比べて少し高いものの、広角から望遠まで、周辺部や四隅の解像性能はシグマが有利とのこと。接写時は像面湾曲が大きいものの、それ以外のシーンでは問題なく使うことが出来そうですね。ボケはまずまず綺麗で、良好な逆光耐性は標準ズームで強みと言える部分のようです。

シグマ「28-70mm F2.8 DG DN|Contemporary」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER