Tamronレンズ 海外の評価

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は単焦点に近い解像性能とボケ描写

Optical Limitsがタムロン「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」のレビューを公開。いくつかレンズ補正が必要な項目があるものの、解像性能やボケ質は単焦点レンズに近い高い描写性能を備えていると評価しています。

Optical Limits:Tamron 28-75mm f/2.8 Di III VXD G2 - Review / Test Report

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 従来はプラスチッキーな印象のあったタムロンレンズだが、G2でもあまり変化は無い。
  • しかし、プラスチック外装の質感は多少向上しており、高級感が少し増している。
  • 耐候性を備えているが、防塵性があるかどうかは不明だ。
  • USB-Cポートを搭載しており、ファームウェアアップデートやレンズのカスタマイズが可能である。

携帯性:

  • 多くの標準ズームと同じく望遠側にズームすると内筒が伸びる。

操作性:

  • ズームリングやフォーカスリングは滑らかに回転する。G1よりも滑らかだ。
  • AF/MF切替スイッチは無いが、カスタマイズ可能なボタンを搭載している。
  • ボタンをカスタマイズすることでAF/MFの切替が可能だ。

フォーカス:

  • VXD駆動のAFは従来モデルよりもさらに高速だ。
  • タムロンは従来比で2倍の高速化と主張しており、確かにその通りだと思う。
  • マニュアルフォーカスは非常に正確な操作が可能だ。
  • 最大撮影倍率が改善している。標準ズームとしてはとても良好な数値だ。

手ぶれ補正:

  • 光学手ぶれ補正は搭載していない。

解像性能:

  • 大部分のズームレンジで見事な解像性能を発揮している。
  • どちかと言うと広角側のパフォーマンスが良く、これは理にかなっている。
  • 28mmの中央は際立った性能で、端や隅も非常に良好だ。
  • 35mmや50mmも中央の性能は維持されているが、周辺部は僅かに低下する。
  • 75mmでは顕著な低下が見られるものの、中央はまだ非常に良好だ。しかし、隅はややソフトさが見え隠れしている。

像面湾曲:

  • 像面湾曲は少ない。

ボケ:

  • 単焦点ほどではないが、驚くほど近い描写だ。
  • 玉ボケはとても滑らかで、目立つアウトラインは無い。ただし、口径食が目立つ。
  • 前後のボケ質はとても滑らかだ。ズームレンズとしては稀有な質感である。

色収差:

  • 自動補正では問題ない。
  • 補正がオフの場合は平均で2pxと大きな数値となる。
  • 軸上色収差は穏やかで、F4でほぼ解消する良好な結果だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • RAWの28mmで2.3%の大きな樽型だ。
  • 中間域や望遠側は大きな糸巻き型となる。
  • 前モデルと比べて収差が大きくなっている。

周辺減光:

  • 周辺減光は補正時には適切な量に抑えられている。
  • RAWでは28mmと70mmで-3EVに達する周辺減光が発生する。
  • これらを抑えるにはF5.6まで絞る必要がある。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F11で光条が発生し始め、F16で最適となる。描写は少し拡散しており、ベストではないが、悪くもない。

総評

前モデルから重要な点が大きく改善している。解像性能は28mmで特に見事で、単焦点レベルだ。さらに中央はズーム全域で際立った性能となり、フレーム周辺部も非常に良好だ。歪曲収差や倍率色収差はやや目立つが、自動補正が可能である。ボケはズームレンズとしては非常に滑らかで、前モデルのみならず競合レンズと比べても優れている。

ビルドクオリティはプラスチッキーだが、品質が悪いとは言えない。魅力的なデザインで、軽量なうえに耐候性を備えている。さらに高速VXD駆動のAFやUSB-Cポートの拡張性は称賛に値する。

先代の人気もさることながら、28-75mm F2.8 Di III VXD G2も売り上げ上位に食い込むにふさわしいレンズに仕上がっている。F2.8標準ズームレンズとしては破格で、コストパフォーマンスは抜群だ。

とのこと。
A036の後継モデルとして、2021年に登場した大口径ズームレンズですね。最新の光学設計を導入し、指摘されていた周辺部の解像性能や玉ねぎボケを改善しています。さらにデザインや操作性も一新され、カスタマイズ性や機能性が向上。価格は少し高くなっていますが、それ以上の価値を見出すことが出来るはず。

Optical Limitsの評価では前モデルと比べて改善点が多く、光学性能をはじめAF性能やフォーカスリングの操作感まで向上している模様。価格設定は少し高くなってしまったものの、それでもまだまだコストパフォーマンスの高いレンズと言えそうです。

私もα7R IVと組み合わせて愛用中。デジタル補正に依存する部分もありますが、それ以外で弱点がほとんど無い良好な光学性能と感じています。操作性も良く、小型軽量を維持しつつ、AF性能もVXD駆動らしくキビキビとした動作。ボケはシグマの望遠側ほどではないと感じるものの、それでも安定感のある描写が得られています。手ごろな価格のF2.8ズームで防塵防滴やAF性能も重視するのであればおススメの一本。

タムロン28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 最新情報まとめ

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す    

関連レンズ

関連記事

-Tamronレンズ, 海外の評価
-,