Tamronレンズ カメラ レンズ 海外の評価

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXDは小型軽量ながら優れた光学性能

【広告】オリンパス直営店でPEN-F+12mm F2レンズキットの在庫復活!

スポンサーリンク

ePHOTOzineがタムロンのソニーEマウント用交換レンズ「70-180mm F/2.8 Di III VXD」のレビューを公開しています。α7R IIIと組み合わせてもズームレンジ・絞り値全域で良好な光学性能となる模様。

  • 70-200mm F2.8の多くは重くて大きなレンズだ。サイズを小さくしたい場合はF4の小口径を選択する必要がある。
  • しかし、タムロンは別の方法を採用。焦点距離を180mmまで短くし、レンズ口径をF2.8のまま維持しつつ非常に軽い(810g)レンズを実現した。
  • ズーム操作で内筒が伸びるものの、わずか3cmだけである。
  • 全体的に良好な作りで、操作リングが滑らかに動作する。
  • 幅広いズームリングは70mm、100mm、135mm、180mmの焦点距離が印字されている。70mmでズームリングを固定可能だが、自重によりズームリングがずれる傾向はない。
  • フォーカスリングは適切な抵抗量で動作する。
  • AF時の最短撮影距離は0.85mだが、MF時の70mmは0.27mまで近寄ることが可能だ。この時の撮影倍率は0.5倍、つまりハーフマクロとなる。ただしこの際は周辺画質が低下してソフトフォーカスのような状態となる。
  • VXD駆動のオートフォーカスは非常に高速、かつ無音で動作する。
  • 光学手ぶれ補正は搭載していないものの、ボディ側の手ぶれ補正を利用可能だ。
  • シャープネス 70mm
    ・中央:F2.8からF16までずっと優れた性能だ。F22でも非常に良好である。
    ・端:F2.8で非常に良好、F4からF16まで優れた性能で、F22でも非常に良好だ。
  • シャープネス 100mm
    ・中央:F2.8で非常に良好、F4からF16まで優れた性能で、F22でも非常に良好だ。
    ・端:F2.8で非常に良好、F4からF16まで優れた性能で、F22でも非常に良好だ。
  • シャープネス 135mm
    ・中央:F2.8からF16までずっと優れた性能だ。F22でも非常に良好である。
    ・端:F2.8からF16までずっと優れた性能だ。F22でも非常に良好である。
  • シャープネス 180mm
    ・中央:F2.8からF16までずっと優れた性能だ。F22でも非常に良好である。
    ・端:F2.8で良好、F4-F5.6で非常に良好、F8-F11で優れた性能となり、F16で非常に良好、F22で良好だ。
  • 色収差はズームレンジ全域で中央はゼロに近い数値だ。端は180mmのみ少し発生するが、実写ではほとんど邪魔にならないだろう。
  • 歪曲収差
    ・70mm:-1.01% 樽型
    ・100mm:+1.17% 糸巻き型
    ・135mm:+2.52% 糸巻き型
    ・180mm:+3.61% 糸巻き型
  • ボケはこのレンズの強みとなるポイントだ。とても滑らかでゴージャスな描写である。
  • 逆光耐性はとても良好だ。
  • 周辺減光
    ・70mm F2.8:-0.8EV
    ・100mm F2.8:-1.4EV
    ・135mm F2.8:-1.5EV
    ・180mm F2.8:-1.4EV

現在のパラダイムから逸脱し、非常に大胆な選択をしたレンズだ。そうすることによる利点は明らかで、小型軽量で適切な価格設定を維持しつつ全体的に優れた光学性能を実現している。
個性的なレンズであり、エディターズチョイスに値する。

長所:全体的に優れたシャープネス・美しいボケ・適切に補正してある色収差・低歪曲・MF時の接写性能・小型軽量・適切な価格設定・控えめな口径食・優れた操作性

短所:200mmではない

ePHOTOzine:Tamron 70-180mm f/2.8 Di III VXD (A056) Review

とのこと。
4200万画素のα7R IIIと組み合わせてテストしていますが、全体的に良好な解像性能を得ることが出来るみたいですね。弱点らしい弱点の無い素晴らしい光学性能のようです。ただし、手持ちのレンズでテストした限りでは70mmの接写時は四隅が少し甘くなるので注意が必要です。

主な欠点は光学手ぶれ補正の欠如と望遠側の糸巻き型歪曲と言ったところでしょうか。前者はボディ内手ぶれ補正で、後者はレンズプロファイルで対処できるので、大きな問題と感じる人は少ないかもしれません。

個人的にボディ内手ぶれ補正に頼った仕組みはやや残念。と言うのも、ソニーのボディ内手ぶれ補正がピッチ・ヨー軸の効き目が弱く、特に望遠レンズでは高い補正効果を期待することが出来ません。高画素機では注意したいポイントだと思います。ePHOTOzineではあまり問題視していないようですが、使い方によっては気になる弱点かなと。

ただし、欠点が気にならない場合は高解像でボケ描写が良好な小型軽量F2.8ズームを手に入れることが出来ます。欠点を理解して使えばおススメできるレンズだと思います。

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 交換レンズデータベースはコチラ

70-180mm F/2.8 Di III VXD
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon PREMOA icon

関連記事

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.