「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Panasonicレンズ Panasonic標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニー E 16-70mm F4 ZA OSSはAPS-C標準ズームでベストな選択肢【海外の評価】 

Sony Alpha Blogがソニーの交換レンズ「E 16-70mm F4 ZA OSS」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

開放の四隅以外は良く纏まったズームレンズ

  • ビルドクオリティは優れているが、防塵防滴仕様ではない。
  • ソニー製だがツアイスも関わっており、レンズ構成は「Zeiss Vario Tessar」だ。(訳注:設計はソニーで図面をカールツアイスが厳密に精査し製造の判断を下していると思われる)
  • オートフォーカスは高速かつ静かで信頼性がある。
  • シャープネス:α6000
    ・全体的に中央は優れた結果で、四隅も1段絞れば良好だ。
  • 歪曲収差は16mmで顕著な樽型歪曲だ。35mm~70mmでは糸巻き型歪曲となるが遥かに小さい。
  • 周辺減光は16mm F4で目に付くが35~70mmでは低レベルだ。
  • 色収差はとても少ない。
  • 逆光耐性はとても良好だ。
  • 後ボケは柔らかく心地よい、とても良好な描写だ。
  • 玉ボケはズームレンズとしては問題無いが、70mm F4で四隅に口径食の影響がある。
  • 発色やコントラストは優れている。まさにツアイスらしいポイントだ。

ソニーAPS-C Eマウント用でベストな標準ズームレンズだ。「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」から大きなアップグレードとなるだろう。フルサイズで言うところの24-105mm F4レンズとなり、ハイクオリティなトラベルズームやお散歩ズームだ。

小型でとても良好なシャープネスと優れた発色を持ち合わせる完璧なバランスのレンズである。

長所:優れた中央画質と1段絞れば良好な四隅の画質・優れた発色・後処理で低歪曲、低減光・高速で信頼性のあるAF・小型軽量・換算24-105mmのズームレンジ・とても良好な後ボケ・色収差が無い・とても良好な逆光耐性・優れたビルドクオリティ・光学手振れ補正・動画がとても良好

短所:価格・絞り開放の四隅・F4・防塵防滴仕様ではない

とのこと。

人によって評価が分かれる(主に四隅の解像性能)レンズですが、Sony Alpha Blogでは高く評価しているみたいですね。作例を確認しても確かに開放の四隅以外は目立った弱点はなさそうです。

ボケもこのクラスのズームレンズとしては良いですね。16-70mmというズームレンジもあって便利な一本と感じます。四隅の解像性能については好みが分れそうなのでFlickrPHOTOHITOなどのユーザー投稿を確認しておくと良いでしょう。

E 16-70mm F4 ZA OSSのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo 直営店icon

サイト案内情報

ソニー関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Panasonicレンズ, Panasonic標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.