Canon EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 海外の評価

EOS R6 Mark IIは静止画でも動画でも期待に応える競争力の高いカメラ

PhotographyBlogがキヤノン「EOS R6 Mark II」のレビューを公開。劇的ではないものの、解像度やAF性能、連写性能、動画機能など堅実なアップグレードを遂げ、静止画でも動画でも期待に応える優れたカメラと評価しています。

PhotographyBlog:Canon EOS R6 Mark II Review

ビルド・外観

  • 外観はEOS R6とよく似ている。
  • ポリカーボネート製のボディで、耐候性は6D Mark IIと同等だ。

バッテリー

  • 従来と同じLP-E6NHバッテリーを使用する。
  • なぜか従来機よりもバッテリーライフが大幅に改善している。
  • バッテリーグリップに対応している。

インターフェース

  • 新しいマルチファンクションシューに対応している。
  • 引き続きSD UHS-IIのデュアルスロットを採用している。
  • 出来ればCFexpress対応が良かった。Mark IIIに期待したい。
  • マイク、ヘッドホン、リモコン、USB-C、HDMI Dポートを搭載している。

携帯性

  • SDカードとバッテリー込みで670gだ。
  • R6よりも10g軽い。
  • サイズはR6とほぼ同じである。

グリップ

  • 4本の指で快適に握ることができる。

操作性

  • R6とよく似た外観だが、操作にいくつか変更点がある。
  • 最も顕著な変更は右肩に電源スイッチが移動し、元の場所に静止画/動画の切り替えスイッチを搭載したことだ。
  • それ以外はよく似ているので、R6ユーザーはR6 IIに慣れるのが早いと思う。
  • シャッターボタンのレスポンスは良好だ。
  • 電源スイッチに内包されたロック機能でダイヤルやホイール操作を無効にできる。
  • ジョイスティックの形状が少し変わっている。従来よりも感触が少し良好だ。

手ぶれ補正

  • 5軸ボディ内手ぶれ補正を搭載している。
  • レンズとの組み合わせで、最大8段分の補正効果が得られる。
  • 4秒の手持ち撮影でシャープな結果を得ることが可能だ。
  • 手振れ補正が非搭載のレンズでも8段分の補正効果が得られる。

ファインダー

  • R6と同じ0.5型 369万ドットの電子ファインダーを搭載。
  • 最大で120fpsのリフレッシュレートに対応している。
  • R3と同じOVFシミュレーションモードを搭載。

モニター

  • 3.0型 162万ドットのモニターは従来通りだ。
  • タッチパネルは応答性が良く、優れた操作性だ。

メニューシステム

  • 作例のみ

フォーカスシステム

  • 0.05秒でピントが合うデュアルピクセルCMOS AF IIを搭載。
  • F1.2レンズとの組み合わせで-6.5EVの低照度でも撮影が可能だ。
  • R3と同じくフレキシブルAFモードを搭載している。

連写性能

  • クラス最高の40fpsに対応している。
  • メカニカルシャッターでも12fpsの撮影が可能だ。
  • 40fpsの場合、コマ間に僅かなブラックアウトがある。
  • 12fpsの撮影では1000枚以上のC-RAWを撮影可能だが、40fpsを使用するとバッファが詰まるまでの時間が大幅に短縮する。

解像性能:

  • R6と比べて解像度が20%向上した2420万画素センサーを搭載している。

高感度ISOノイズ

  • 常用ISO感度は100-102400だ。
  • R6と同じく、拡張ISOで50-204800を利用可能である。
  • ISO 12800までノイズレスのJPEGが得られる。
  • ISO 25600でノイズが表れ始めるが、小さなプリントやウェブでの使用は実用的だ。

ダイナミックレンジ

  • 作例のみ

画質・仕上がり機能

  • 作例のみ

動画

  • 6K オーバーサンプリングの4K 60p 10bitの撮影が可能だ。
  • 6K 60p ProRes RAWにも対応しているが、HDMI出力限定となる。
  • 引き続きFullHDのスローモーション動画でAFに対応。さらに180fpsまで対応するようになった。
  • 30分の撮影時間制限がなくなり、無制限での撮影が可能だ。
  • キヤノンによるとローリングシャッターを低減しているという。
  • フォーカスブリージング補正やプリ動画、動画専用Qメニューなどを実装している。

作例集

総評

EOS R6を劇的ではないが堅実にアップグレードした最新モデルだ。2020年に登場したR6が既に優れたカメラだったことを考慮すると、堅実なアップグレードは悪いことではない。解像度を20%向上し、連写性能とAF性能が強化され、動画機能や接続性も改善している。静止画・動画の愛好家が期待する大部分を兼ね備え、手ごろな価格で競争力のあるカメラに仕上がっている。5点満点でおススメできるカメラだ。

とのこと。
一見するとEOS R6とよく似ていますが、イメージセンサーが一新され、競合モデルと同じ2400万画素に到達。解像度を向上させつつ、このクラスでは珍しい40コマ秒の高速連写に対応しているのが印象的ですね。さらに、EOS R3と同じく最新のAFシステムを搭載。さらに洗練されたAFシステムはPhotographyBlogをはじめとして国内外のレビューサイトで高く評価されています。特にAFや連写性能が重要となる動物・スポーツなどの撮影ではR6からアップグレードする価値がありそう。

個人的には少しノイズリダクションが強めと感じますが、PhotographyBlogとしてはISO 12800でも満足のいくJPEGが得られるようです。気になる人はRAWもダウンロードできるので見比べてみるのがおススメ。2420万画素まで解像度が向上していることを考慮すると、良好なパフォーマンスと言えるでしょう。

一昔前の6Dシリーズと比べると高価なモデルとなってしまいましたが、そのぶんパフォーマンスは「5」系に近いものとなっています。現状、CFexpressの高速バッファクリアや3000万画素以上の高解像センサー、8K動画などが必要なければ、最もバランスの取れたEOS Rですね。

キヤノン EOS R6 Mark II 最新情報まとめ

EOS R6 Mark II ボディ
楽天市場  Amazon  キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す 
EOS R6 Mark II RF24-105L IS USM レンズキット
楽天市場  Amazon  キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す 
EOS R6 Mark II RF24-105 IS STM レンズキット
楽天市場  Amazon  キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す 

関連カメラ

関連記事

-Canon, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 海外の評価
-,