SONYレンズ SONY広角レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニー「FE 35mm F1.4 GM」は軸上色収差以外が最高のパフォーマンス

DPReviewがソニー「FE 35mm F1.4 GM」のレビューを公開。AFはシグマよりも遅く、軸上色収差も目立つものの、それ以外は非常に優れていると評価。全体的な評価は「GOLD」となり、強くおススメできるレンズとのこと。

小型軽量ながら優れた性能

DPReview:Sony FE 35mm F1.4 GM field review

  • レンズの紹介
    ・Eマウント用のハイエンドな35mm単焦点レンズだ。
    ・比較的小さいにも関わらず、性能は良好だ。
    ・Eマウントには手ごろな35mmが溢れかえっているが、大口径レンズとしては「FE35mm F1.4 ZA」「FE35mm F1.8」「35mm F1.2 DG DN」「35mm F1.4 DG HSM」「AF35mm F1.4 FE」「AF35mm F1.8 FE」などがある。
    ・35mmは旅行、ルポルタージュ、ウェディング、イベント、ポートレートなどに最適だ。
  • ビルドクオリティ
    ・GMasterシリーズらしく、本当に頑丈なレンズだ。
    ・マウント部を含めて全体的にシーリングされている。
    ・絞りリングは金属製、フォーカスリングはゴム製だ。
    ・全体的に大部分は高強度なプラスチックである。
    ・フィルター径は67mmと控えめだ。前玉は撥水撥油性のあるフッ素コーティング処理されている。
  • 携帯性
    ・最近のαシリーズと組み合わせると、少しフロントヘビーだがバランスはかなり取れている。
    ・35mm F1.4クラスのレンズとしては最小・最軽量の選択肢だ。
  • 操作性
    ・AF/MFスイッチのほか、AFLボタンを搭載している。これはカメラ側でカスタマイズが可能だ。
    ・右側面には絞りリングのクリックを有効・無効にするスイッチがある。
  • オートフォーカス
    ・最短撮影距離が少しだけ短い。
    ・非常に高速と言うわけではないが、かなり速い。近距離から無限遠まで0.8秒ほどだ。35mmで撮影する被写体に十分高速と言えるだろう。
    ・意外にもAF速度はFE35mm F1.4 ZAのほうが少し速い。シグマの35mm F1.2 DG DNはさらに高速だ。特にAF-C時に明確な差がある。
    ・残念ながらフォーカスブリージングの抑制は不十分だ。画角は大きく変化する。
  • マニュアルフォーカス
    ・フォーカスリングはリニアな応答性である。回転速度に関係なく、回転量に応じた変化がある。
  • 手ぶれ補正
    ・記載なし。
  • 解像性能
    ・接写でも非常にシャープで使いやすい。35mm F1.4 ZAと比べて絞り開放のシャープネスには違いがある。
    ・絞ると全体的によりシャープとなり、6100万画素にも対応している。ピクセルシフトマルチショットにも耐えうる性能だろう。
  • 像面湾曲
    ・記載なし。
  • ボケ
    ・このレンズにおけるもう一つの強みだ。
    ・玉ボケには「玉ねぎボケ」の兆候が少なく、騒がしくなる縁取りなどは見られない。これらはFE35mm F1.4 ZAの欠点だった。
    ・口径食はいくらか見られるが、それが気になるかどうかはあなた次第だ。11枚絞りのおかげで絞っても円形を維持している。
    ・騒がしい背景でも本当に滑らかなボケ描写だ。
  • 色収差
    ・このレンズにアキレス腱があるとすれば軸上色収差だ。倍率色収差は良く補正されている。
    ・絞り開放ではピント面の前後にグリーンとマゼンダの色付きが発生する。35mm F1.4 ZAや35mm F1.8と比べるとある程度優れている。
    ・幸いにもF2まで絞ると抑えられている。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・デジタル補正なしでも歪曲収差は良く抑えられている。
  • 周辺減光
    ・周辺減光は目立つが、最新センサーを搭載したカメラであれば増感しても問題無いはずだ。
  • コマ収差
    ・記載なし。
  • 逆光耐性
    ・逆光状態でもフレアやゴーストを発生させることは難しい。
    ・絞ると見栄えの良い光条が発生する。
  • 作例集

総評

35mmレンズとしては好まれやすいレンズだ。絞り開放からシャープで、間違いのないビルドクオリティを備えつつサイズや重量は抑えられている。FE35mm F1.4 ZAの光学性能をほぼ全ての点で上回り、売り出し価格は安い。その一方でフォーカス速度はシグマ35mm F1.2 DG DNのほうが速いことには驚いた。

静止画撮影で唯一問題となるのは軸上色収差だ。幸いにも高コントラストな領域でのみ問題となり、F2まで絞れば改善する。それ以外は最高のパフォーマンスだ。逆光耐性・光条・ボケ・接写性能についてケチをつけることは出来ない。

35mmの大口径単焦点を探していたハイアマチュアやプロフェッショナルにとって、長い間待ち続けていた選択肢だ。最高評価(GOLD)に相応しいレンズであり、強くおススメする。

長所:絞り開放から本当に見事なシャープネス・滑らかなボケ・優れたビルドクオリティ・適度にコンパクト・便利な最短撮影距離・素敵な光条・逆光耐性・歪曲収差補正

短所:軸上色収差・フォーカスブリージング・AFは際立って速いわけではない

とのこと。
比較的小さく軽い35mm大口径レンズですが、軸上色収差以外は良好な性能のようですね。実写作例を確認しても、確かに6100万画素のα7R IVに耐えうる解像性能を備えているように見えます。ボケも綺麗で非球面レンズの影響が見られないのは嬉しいですね。玉ボケなどに軸上色収差の影響がどれほど見られるのか気になるところですが、柔らかいボケ描写によって色付きがマイルドとなっている可能性はありそう。

XDリニアモーター駆動を使用しているものの、AFはシグマ35mm F1.2 DG DNほどではない模様。ブリージングも目立つので動画撮影時は気を付けたほうが良いかもしれません。
ちなみに私も一つ予約しているので、手元に届き次第レンズをチェックしてみたいと思います。

ソニー「FE 35mm F1.4 GM」交換レンズデータベース

購入早見表

関連レンズ

関連記事

レンズサイズ比較

FE24mm F1.4 GM・FE85mm F1.4 GM

FE35mm F1.4 ZA

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

カメラのキタムラでカメラボディ・レンズを探す

ボディ

交換レンズ

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER