SONYレンズ SONY広角レンズ カメラ レンズ 海外の評価

ソニーFE 12-24mm F2.8 GMは高価だが期待通りのレンズ

FE 12-24mm F2.8 GM

Photolariが正式発表されたばかりのソニー「FE 12-24mm F2.8 GM」を使ったファーストインプレッションを公開しています。非常に高価な広角ズームレンズですが、期待を裏切らない光学性能とのこと。

Photolari:Sony 12-24 mm f2.8 GM: estrenamos el angular más potente (y caro) del momento

  • 小さいレンズでは無いが、カバーしている画角と明るさを考慮するとサイズは中程度と言える。
  • 高価なレンズらしい期待に応えるビルドクオリティだ。
  • 一般的なことだが、このような広角ズームではねじ込み式フィルターを装着することが出来ない。アダプターシステムに頼る必要がある。
  • レンズに光学手ぶれ補正は搭載していないが、ボディ側の手ぶれ補正を利用することが出来る。ただしキヤノン「RF15-35mm F2.8L IS USM」は光学手ぶれ補正を備え、遥かに低価格だ。
  • オートフォーカスは文句ナシだ。この種のレンズで重要な要素では無いが、非常に高速で静かな動作である。
  • もちろん画質は並外れているが、3000ユーロを超えるレンズと考えると驚くべき性能ではない。
    12-24mmの画角とF2.8の開放F値の組み合わせは難しい設計だったかもしれない。それでもこのレンズの仕上がりは素晴らしい。
  • Laowa 12mm F2.8 Zero-D」とは異なり歪曲について問題は無い。おそらく抜群の光学性能とカメラのレンズ補正が組み合わさっているのだろう。
  • 周辺減光は12mm F2.8で軽度だ。F4まで絞ると非常に良好となる。
  • 実写で12mmの広い画角が必要な状況はほとんど無いが、中毒性のある面白い画角だ。加えて非常に優れた14mm・16mm・18mm・21mm・24mm F2.8を使えると考えると3200ユーロは安いと感じるかもしれない。
  • とは言え、ソニーにはより低価格な「FE 16-35mm F2.8 GM」や明るさを抑えて同じ焦点距離をカバーする「FE 12-24mm F4 G」が存在する。さらに低価格なシグマ「14-24mm F2.8 DG DN」や「FE 20mm F1.8 G」と言ったレンズも考慮すべきだろう。
  • それでも、予算に問題が無く、妥協の無い12mm F2.8を優先するならば、期待を裏切らないレンズとなるはずだ。

とのこと。
ソニー広角ズームの中では最も高価なレンズですが、それだけの価値を持っているようですね。コストパフォーマンスを考慮するとシグマやタムロンと言った選択肢があるものの、「12mm F2.8」をカバーした絶対的なレンズが必要な場合は満足のいく選択肢となりそうです。

FE 12-24mm F2.8 GM交換レンズデータベース

FE 12-24mm F2.8 GM
(2020年7月14日(火) 10時より予約販売開始予定)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon PREMOA icon
参考:ソニーE広角ズームレンズ
FE12-24mm F4 G
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo 直営店icon
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo 直営店icon
FE16-35mm F2.8 GM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo 直営店icon
14-24mm F2.8 DG DN
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER