Nikonレンズ Nikon中・望遠レンズ Z NIKKOR レンズ 海外の評価

ニコンNIKKOR Z 85mm f/1.8 S 高価だがF1.8Gやソニーより優れた光学性能【海外の評価】

【広告】ワイドトレード Leofoto製品などのスーパーセール開催中

スポンサーリンク

Lenstipがニコンのフルサイズミラーレス用交換レンズ「NIKKOR Z 85mm f/1.8 S」のレビューを掲載しています。

Nikon Nikkor Z 85 mm f/1.8 S

  • このレンズはテストのためにニコンが貸し出してくれたものだ。
  • 複雑なレンズ構成で一眼レフ用F1.8Gより重くなっている。
  • 36mmと非常に大きな後玉は鏡筒内に少し隠れている。
  • 製造国は中国だ。
  • 39mm幅の金属製フォーカスリングは回転速度に応じて移動量が変化する。素早く操作すると90度未満となり、ゆっくり操作すると180°以上必要となる。MF操作時にピント距離指標が表示されないので、ゆっくり操作してもMFを把握し辛い。
  • 金属製フォーカスリングは傷つきやすい。同じようなレンズを2枚並べて収納すると、簡単に傷ついてしまうだろう。
  • 解像度
    ・Nikon Z 7のRAWに基づいて測定している。
    ・良像の基準値は42~44lpmmだ。
    ・優れた単焦点レンズで80~85lpmmに達する可能性がある。
    ・中央領域は素晴らしい結果だ。絞り開放から55~58lpmmの良好な数値となり、F2.8で75lpmmに、そしてF4でほぼ83lpmmを達成する。Z 50mm F1.8 Sより少し劣るが、それでも見事なパフォーマンスだ。
    ・AF-S 85mm F1.8Gも絞ると非常にシャープなレンズだったが、絞り開放は良像の基準値をやっと超える程度だ。ソニーFE85mm F1.8はピークの性能がF5.6とやや遅い。最大のライバルはタムロンSP85mm F1.8 Di VC USDだ。
    ・APS-C領域はF1.8Gより僅かに優れている。そしてソニーFE85mm F1.8より遥かに優れている。これ以上の性能はタムロンSP85mm F1.8くらいだろう。
    ・フルサイズ四隅はAPS-C領域と遜色無い画質だ。何より絞り開放から良像の基準値を超えているのが素晴らしい。絞っても解像力に問題があったソニーFE85mm F1.8と比べると遥かに優れている。
    ・四隅で同じパフォーマンスを得るには、F1.8GでF2.2まで絞る必要がある。互角のパフォーマンスはタムロンだけだ。
    ・中央と周辺、四隅のパフォーマンスに差があるのは残念だが、ポートレートレンズとしては大きな問題とならなだろう。
  • EDレンズを2枚採用しており、軸上色収差を効果的に補正している。F1.8Gの補正状態より遥かにに良好で、ソニーFE85mmと比べても少し良好だ。やはりタムロンが最も手ごわいライバルとなる。
  • 倍率色収差は0.01~0.03%、絞っても0.04%と非常に低い数値だ。優れた結果であり、僅かな問題も発生しないだろう。他のレンズも問題無いが、このレンズほどの補正状態ではない。
  • 球面収差の影響は全く見られない。この補正状態が高い解像力に繋がっているのだろう。
  • 歪曲収差はほとんど目立たず問題無い。85mmのレンズとしては一般的な糸巻き型だ「+0.47%」。一眼レフ用よりも僅かに良くなっている。
  • コマ収差は極僅かに影響を及ぼしているが、中程度であり非難するほどでは無い。
  • 非点収差の平均値は7.1%と低い数値だ。F1.8Gやタムロンよりも悪いが、ソニーよりも優れている。
  • ボケの見た目はとても良好だ。玉ボケは均質で縁取りは強くない。口径食の影響はあるが、F2まで絞ると解消する。
  • 周辺減光は-1.61EVだ。一眼レフ用と同じ結果だがソニーやタムロンよりも明らかに優れている。このためケチを付けることは出来ない。
  • 逆光耐性はきちんとしている。絞り開放付近ではフレーム四隅に太陽を配置してもフレアやゴーストの問題はほとんど無い。ただし絞るとコントラスト低下の原因となるフレアが発生する可能性がある。とは言えF1.8Gよるは遥かに改善している。ソニーやタムロンと見比べても非常にきちんとした逆光耐性だ。
  • オートフォーカスは静かだが無音では無い。幸いにも僅かな駆動音のみで欠点とは言えないだろう。フォーカス速度は中程度だ。ピント距離全域を0.7~0.8秒で移動する。
  • フォーカス精度に問題なく、瞳AFの性能にも満足している。

長所:頑丈な鏡筒・優れた中央画質・良好なAPS-C画質・良好なフルサイズ四隅画質・軸上色収差が穏やか・倍率色収差が実質ゼロ・球面収差が小さい・歪曲収差は無視できる・APS-C領域の周辺減光が穏やか・非点収差の問題が無い・AFが静かで正確・心地よいボケ

短所:フルサイズで周辺減光が目立つ

Z 50mm F1.8 Sと同じように、長所が非常に多く、短所はとても少ない。50mmと比べるとピークの性能が少し劣るものの、他の85mm F1.8と比べると優れた性能を発揮する。不満を挙げるとしたら価格設定だろう。一眼レフ用は450ドル未満、このレンズはほぼ800ドルだ。発売直後と言うことはあるが、それでも高すぎる。

しかし光学性能は優れており、疑う余地が無い。タムロンやツアイスと非常によく似た性能を発揮する。「エディターズチョイス」に相応しいレンズだ。

Lenstip:Nikon Nikkor Z 85 mm f/1.8 S

とのこと。
NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」に引き続きこのレンズもエディターズチョイスと非常に高い評価を得たようです。F1.8レンズとしては比較的高価ですが、確かな光学性能を備えたレンズとなっている模様。特にこのクラスで軸上色収差を綺麗に抑えているのは強みと言えそうですね。何の心配もなく絞り開放を使うことが出来そうです。

フォーカスシフト(球面収差の影響)は見られないと述べていますが、CAMERA LABSやPhotographylifeは「影響がある」との見解を示しています。撮影距離によっては少し影響があるのかもしれませんね。

既にFlickrのグループページなどで数多くのユーザー投稿を確認することが出来ます。購入前にボケや色収差の影響を確認しておくと良いでしょう。

NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sの最新情報を集めるページはコチラ

関連レンズ

一眼レフ用

関連記事

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Nikonレンズ, Nikon中・望遠レンズ, Z NIKKOR, レンズ, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.