Nikonレンズ Z NIKKOR カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 海外の評価

NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR 完璧ではないが十分にシャープ

Photographylifeがニコン「NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR」のレビューを公開。Z 16-50mmや50-250mmと比較して大きな差はないと評価し、特に広角側が非常にシャープとのこと。

Photographylife:Nikon Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR Review

  • 外観:少し安っぽいつくり。ズーム時に内筒にがたつきがある。レンズフードが別売りで、価格を考慮すると付属するべき。
  • 構造:フォーカスリングと内筒が他のNIKKOR Zレンズよりも低品質のプラスチック。鏡筒は他のレンズと同等。レンズマウントもプラスチック製。マウント部のゴムシーリングはないが防塵防滴。
  • 携帯性:記載なし。
  • 操作性:ズームリングは適度な抵抗感で滑らかに回転する。スイッチなどはない。少なくともA/Mスイッチがあるとよかった。
  • AF:予想よりも高速で静かに動作。精度も良好。望遠側では開放F値が大きくなるため、低照度で性能が低下する。
  • MF:記載なし。
  • 手ぶれ補正:記載なし。
  • 解像性能
    ・広角端はとてもシャープ。
    ・18mmから50mmは実に見事。
    ・70mm以降も非常にシャープ。
  • 像面湾曲:記載なし。
  • ボケ:記載なし。
  • 軸上色収差:記載なし。
  • 倍率色収差:無視できる範囲を超えているが、後処理で大きな問題が発生するほどではない。
  • 球面収差:記載なし。
  • 歪曲収差:全体的に目立つ。18mmで-5.91%と顕著な樽型。
  • 周辺減光:18mm F3.5で最も悪化する。近接と遠景の差はほとんどない。目立つが予想していたよりもずっと良い。
  • コマ収差
  • 逆光耐性:ゴーストは発生するがコントラストは維持されている。
  • 光条:驚くほどきれい。
  • 作例集:リサイズのみ。
  • 総評:完璧ではないが十分にシャープ。携帯性を気にしない場合は16-50mmと50-250mmを組み合わせたほうが少し良好で価格帯はほぼ同じ。旅行の際には適した選択肢。
  • カメラのバンドルとして高倍率ズームキットをリリースしてほしい。(現状、Wズームレンズキットを手頃な価格で入手可能であり、18-140mmは価格的に不利)
  • 競合について:Z 16-50mmのほうが少しシャープだが大きな差はない。望遠を重視する場合はZ 50-250mmがよりシャープ。望遠を頻繁に使うのなら50-250mmをカメラバッグに入れておくほうが良い。
  • 備考

とのこと。
Z DXレンズ3本目となるズームレンズ。キットレンズと比べると少し高価ですが、広角18mmから望遠140mmまでをレンズ交換無しで利用することが出来ます。2024年4月時点でこのレンズに取って代わるZマウントレンズは存在しません。タムロン「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」のZマウント版が登場したら、状況が少し変わる可能性あり。

Photographylifeのレビューによると、特に広角~標準における解像性能が良好とのこと。諸収差もソフトウェア補正込みで良好なパフォーマンスを実現しているようです。逆光耐性はフード無しでも問題無さそうですが、強い日差しが想定される場合はフレーミングなどに気を受けたほうが良さそう。

私もZ fcと組み合わせて使用していました。Photographylifeのレビュー内容にはおおむね同意することができます。補足として、接写時に広角側の隅が低下するものの、一般的な撮影距離では良好な解像性能のレンズと感じています。やはり、価格を考慮するとレンズフードの付属やマウント部のゴムシーリングなどはあると良かったなと。

ニコン NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR データベース

広告

*手動広告を試験的に導入しています。

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 海外の評価
-,