「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

COSINAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

コシナNOKTON 50mm F1.2 Aspherical E-mount優れたボケ描写のスペシャルなレンズ【海外の評価】

スポンサーリンク

Sony Alpha BlogがコシナのソニーEマウント用交換レンズ「NOKTON 50mm F1.2 Aspherical E-mount」のレビューを掲載しています。

  • レンズ鏡筒は総金属製でフォーカスリングや絞りリングはとても良好に調整されている。唯一のマイナスポイントは防塵防滴では無いことくらいだろう。
  • フォーカスリングは握りやすく、適切な抵抗感を持つので使うのが楽しくなるクオリティだ。回転角は0.45mから無限遠まで約160度である。
  • レンズ前面に備わった絞りリングは1/3段ごとに動作する。デクリック機構を備えているので動画撮影にも最適だ。
  • シャープネス:α7R III
    ・中央:F1.2でいくらかハロっぽさのある平凡な性能、F1.4で平凡、F2で良好、F2.8~F8でとても良好、F11で良好、F16で平凡だ。
    ・四隅:F1.2~F1.4で悪く、F2.8までソフト、F4で平凡、F8で良好、F11-F16で平凡だ。
    ・フレーム全体でとても良好な解像性能を得るためにはF8まで絞る必要がある。
    ・F1.2はポートレート向けで、程よいコントラストとシャープネスは確保されている。
  • 周辺減光はF1.2で非常に目立ち、F4まで絞ると低減するものの、全ての絞り値で減光は目に付く。
  • 歪曲収差は僅かな糸巻き型だ。実写で補正する必要は無いだろう。
  • 色収差は絞り開放で目立つが、このような大口径レンズとしてはとても小さい。
  • 逆光耐性はこのような大口径レンズとしてはとても良好だ。
  • 発色は良好でここ良い、そしてとても素晴らしいコントラストである。
  • 後ボケはとても柔らかく心地よい。F1.2ではいくらか滲みを伴う描写だ。
  • 玉ボケは良好な円形だが四隅は口径食の影響がある。12枚羽根のおかげで絞っても円形を保っている。

Voigtländer NOKTON 50mm F1.2 Aspherical E-mountはスペシャルなレンズだ。優れたボケ描写とポートレート向けの優れたコントラストとシャープネスを備えている。F2まで絞ると古典的な50mmの描写だ。

長所:とても良好な後ボケ・柔らかい小ボケ領域・F1.2の滲み・F1.2のボケ量・F2.8でとても良好なシャープネス・とても良好な逆光耐性・低色収差・低歪曲・小型軽量・電子接点あり・一流のビルドクオリティ

平均:F4まで周辺減光が目に付く・F1.2で滲む・F2以上で角ばった玉ボケ

短所:価格

Sony Alpha Blog:Voigtländer 50mm F1.2 Nokton

とのこと。

作例を見ると確かに、フレーム周辺部が甘いものの中央領域はF1.2から程よい解像性能を持ち合わせているようです。ボケも含めてNOKTONらしい描写ですね。

コントラストはF1.2からやや高く、古いNOKTONよりも癖が少なく使いやすいと感じるかもしれません。

既にFlickrにも専用のグループページが設置され、いくつかユーザー投稿を確認することが出来ます。比較的高価な50mmなので実際に色々と作品・作例を確認してから購入に踏み切りたいところ。

NOKTON 50mm F1.2 Aspherical E-mountの最新情報を集めるページはコチラ

購入早見表

関連レンズ

サイト案内情報

コシナレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-COSINAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.