Canonレンズ RFレンズ レンズ 機材レビュー 海外の評価

RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMは日常の撮影に最適なレンズ

Digital Camera Worldがキヤノン「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」のレビューを公開。小型軽量で低価格ながら良好な解像性能を備えたレンズと評価しています。

Digital Camera World:Canon RF-S 18-45mm f/4.5-6.3 IS STM review

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 35mm判換算で29-72mm相当の焦点距離をカバーしている。
  • EOS R10のキットレンズとして安価に入手可能だ。
  • 小型軽量だが防塵防滴には非対応だ。

携帯性:

  • 同時に登場したRF-S18-150mmと比較して小型軽量が強みとなるレンズだ。
  • パンケーキのようなレンズだが、沈胴構造のため撮影時は内筒が伸びる。

操作性:

  • フォーカスリングはコントロールリングとしても利用可能だ。
  • ズームリングは短いストロークで素早く操作できる。

フォーカス:

  • STM駆動で静止画・動画どちらにも適している。

手ぶれ補正:

  • 小型軽量ながら6.5段分の光学手ぶれ補正を搭載している。

解像性能:

  • 「キットレンズとしては」と補足しなくても良いシャープネスだ。
  • 静止画・動画で良好な結果を得ることが出来る。
  • 開放F値が大きいのでISO感度が上がりやすい点には注意が必要だ。
  • ズーム全域で中央は良好だ。
  • 隅は中央ほどではなく、絞っても大きく改善しない。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 補正オフの場合は色収差が目立つ。
  • 特に45mmで顕著だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 18mmにおいて巨大な樽型歪曲が発生する。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

EOS R7やR10にマッチする、驚くほど無駄のない軽量なレンズだ。Lシリーズのレンズに匹敵する光学性能ではないが、良好な結果を得ることができ、さらに効果的なAFや手ぶれ補正を搭載している。日常の静止画・動画の撮影に最適な選択肢となるだろう。

  • 長所
    ・6.5段分の手ぶれ補正
    ・小型軽量
    ・高速かつ静かなAF
  • 短所
    ・開放F値が大きい
    ・防塵防滴ではない
    ・RAWの歪曲収差と色収差

とのこと。
EOS R7やR10と共に登場したAPS-C EOS R初のレンズですね。18-150mmと異なり完全な新設計の光学系で、沈胴構造のコンパクトなレンズに仕上がっています。広角端が18mmと狭く、開放F値もやや高めですが、ズーム全域で良好な解像性能を備えている模様。さらに光学手ぶれ補正や静音性の高いSTM駆動のAFに対応しているのは嬉しいポイントですねえ。

私もEOS R10のキットレンズとして入手しました。接写では周辺部の解像性能が低下するものの、一般的な撮影では弱点と言えるような領域が無く、快適に利用することが可能となっています。キットレンズとして低価格で入手できればコストパフォーマンスの高いレンズなのかなと。ただし、DCWが指摘しているように歪曲収差や色収差などは目立つので、カメラ内・現像ソフトでのレンズ補正は必須となります。レンズプロファイルに対応していない社外製ソフトでは扱いの難しいレンズとなることでしょう。また、個人的にはEF-Mレンズのように15mm始まりの標準ズームが良かったのですが(特に動画撮影時)、そのあたりは今後登場するであろう新しいRF-Sレンズに期待。

キヤノン RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM 最新情報まとめ

RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価