【セール情報】DXOがPureRAW2など最大50%OFF
【セール情報】Amazon BLACK FRIDAY
【ブラックフライデー特集記事】 Amazon / DXO / まとめ

Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ 海外の評価

RF16mm F2.8 STMは十分な画質で小型軽量・低価格な超広角レンズ

AdmiringLightがキヤノン「RF16mm F2.8 STM」のレビューを公開。実に劇的な歪曲収差が残っていると指摘しつつ、小型軽量で十分良好な光学性能の低価格レンズに仕上がっていると評価しています。

AdmiringLight:Review: Canon RF 16mm f/2.8 STM

外観・構造:

  • RF50mm F1.8と全く同じ外観だ。
  • コンパクトなレンズだが、他のRFレンズと同じポリカーボネート製の筐体と金属製のレンズマウントを採用している。
  • 非Lレンズらしくフードは付属していないが30ドルで購入可能だ。キヤノンの別売りフードとしては手ごろな価格である。
  • とは言え、キヤノンはフードをレンズに同梱すべきである。

携帯性:

  • RF50mm F1.8とほぼ同じ重量・サイズである。
  • 小型軽量である。
  • 特に意識することなくカメラバッグに追加することが可能だ。あまり多くの機材を携帯したくないが、それでも超広角が欲しい時に最適だ。
  • 43mmフィルターに対応している。

操作性:

  • フォーカスとコントロールを切り替えることが出来るリングを一つ搭載している。専用コントロールリングと異なりクリック感はない。

フォーカス:

  • ステッピングモーター駆動を採用している。
  • USMよりも低速でノイジーだが、適度に速く、比較的静かだ。
  • 広角レンズらしくストロークが短く、AFが速くなっているのだと思う。
  • 精度は良好だ。

手ぶれ補正:

  • 光学手振れ補正は搭載していないが、ボディ内手振れ補正を使うことで0.5~1秒のスローシャッターが可能だ。

解像性能:

  • 小型軽量なレンズだが非常にシャープだ。
  • 絞り開放は端や隅がソフトだが、数段絞ると良好なパフォーマンスが得られる。
  • 歪曲収差を補正しない限りはとても良好な性能だ。
  • 歪曲収差を補正すると、フレーム端で画像の極端な引き伸ばしが発生する。これにより解像度が大幅に低下し、ソフトな画質となる。
  • DxOPhotolabのプロファイルはAdobe Lightroomよりも良好で、良好な解像性能を維持している。
  • 妥協点もあるが、価格などを考慮するとうまく機能している。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 16mm F2.8と接写性能の高さにより、ボケを大きくすることができる。
  • スペシャルなボケ味ではないが、予想していたよりも良好だ。
  • 全体的な描写はニュートラルで、玉ボケには少し縁取りが見られる。
  • 発色とコントラストに不足はない。

色収差:

  • 目立つ倍率色収差が発生する可能性がある。
  • これは後処理でほとんど修正可能だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 大きな樽型歪曲が発生する。未補正の画像は魚眼レンズのようだ。
  • 未補正の画角は補正後の16mmよりも広い視野が得られる。これは状況によって有利に働くだろう。
  • 未補正の場合は14mm程度の視野で、良好な隅のシャープネスが得られる。とは言え、大部分の状況ではプロファイルを使用して歪曲を補正する必要がある。
  • 執筆時点でLightroomには補正プロファイルがあるものの、CaptureOneにはない。

周辺減光:

  • F2.8で目立つ周辺減光が発生する。
  • 歪曲収差も未補正の場合は隅が完全に暗くなる。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 逆光耐性は比較的良好で、コントラスト低下は最小限だ。ゴーストはわずかしか見えない。
  • しかし、光源がフレーム端に近づくとフレア・ゴーストが目立つようになる。

総評

RF 16mm F2.8は妥協のレンズだ。
最高の光学性能を低価格とレンズサイズのトレードオフだ。個人的な見解として、キヤノンは素晴らしい妥協を成し遂げた。フルサイズ用の超広角レンズの中で最も手頃な価格のレンズの一つであり、比較的優れた光学系である。

最大の光学的欠点は、実に劇的で複雑な樽型歪曲だ。人工物を撮影する際にはデジタル補正が必要になる。この高レベルの歪曲は、補正を適用することでシャープネスに影響を与える。さらに、中程度の周辺減光とかなりの色収差がある。

しかし、このレンズはフレームの大部分で良好な解像感を得ることができ、歪曲補正が必ずしも必要ではない風景撮影では隅々まで良好な解像感を得ることができる。また、このレンズは優れた色とコントラストでシーンを描写し、クローズアップ撮影時には適切なボケ味も得られる。とは言え、本当の長所はサイズと価格だ。ジャケットのポケットに入れられるほどコンパクトで軽く、フルサイズ対応で真の超広角を実現しながら、わずか299ドルだ。全体で考えると、本当にお買い得だと思う。

キヤノンは現在24本のRFマウントレンズを発売し、そのうち9本がコンシューマーグレードのレンズだ。LシリーズのRFレンズは非常に優れた性能だが、コンシューマーグレードのRFレンズは私を興奮させた。これらのレンズのほとんどは、一般的なカメラ用レンズとは少し異なる点がある。35mm F1.8と85mm F2は、一般的な用途に加えて0.5倍のマクロ機能を備えており、非常に高い汎用性がある。600mm・800mm F11は小口径だが、1,000ドル以下の非常にコンパクトなパッケージで並外れた焦点距離を利用可能だ。新しいRF100-400mmは、400mmのズームレンズとしては非常に小型で軽量であり、驚くほど優れた光学性能を持ちながら非常に手頃な価格である。そしてこのRF 16mm F2.8は、安くて、良くて、楽しい、ポケットサイズの驚異的なレンズだ。

私はこのRF 16mm F2.8がとても気に入っている。そのコンパクトさと「十分な」画質のおかげで、日常的に使用する超広角レンズとしてバッグに入れることが多い。本格的な撮影やプロの仕事であれば、シグマの14-24mm F2.8を持っていくが、普段の撮影では、この小さな16mmをバッグやポケットに入れている。

  • 長所
    ・超広角レンズとしては小型軽量
    ・良好なビルドクオリティ
    ・絞り値全域で良好なシャープネス
    ・良好な発色とコントラスト
    ・高速かつ正確なAF
    ・とても手ごろな価格設定
  • 短所
    ・未補正で巨大な歪曲収差
    ・歪曲収差の補正で解像度が低下する
    ・倍率色収差
    ・周辺減光
    ・レンズフード別売り

とのこと。
RF50mm F1.8 STMと同程度のサイズで16mmの超広角をカバーしているコンパクトなレンズですね。このレンズが登場する前の噂段階で「APS-C用なのか?」と疑っていましたが、まさかのフルサイズ対応で驚きました。

AdmiringLightの管理人であるJordan氏によると、歪曲収差や周辺減光、そして倍率色収差をデジタル補正に依存しているものの、解像性能などはサイズや価格を考慮すると良好なパフォーマンスを発揮しているようです。ただし、デジタル補正による画質の低下は気を付ける必要があり。歪曲収差を補正することにより隅が引き伸ばされ、周辺減光を増感することでノイズの原因となり、倍率色収差を補正することでディテールのコントラストが低下する可能性は考慮しておいた方が良さそうです。

私も発売日から使い続けており、このレンズの印象はAdmiringLightとほぼ同じ。人によっては極度の歪曲収差補正を嫌う人もいると思いますが、個人的には妥協できる部分かなと思っています。解像性能はなかなか良好で、未補正のRAWを使う限りでは隅まで良好な結果が得られる可能性あり。

RF50mm F1.8 STMと同じサイズで16mmの広い画角を利用できるのは(様々な犠牲を伴うものの)魅力的。静止画のみならず、動画撮影でも広い画角を活かした電子ISも使えるのがGood。家族写真で重宝しています。(APS-Cクロップで換算25mmくらいの画角として使うことも可能)

キヤノン RF16mm F2.8 STM 交換レンズデータベース

RF16mm F2.8 STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す
レンズフード EW-65C
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ビックカメラ icon JJC EW-65C 互換レンズフード

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, 海外の評価
-