Nikonレンズ Nikon標準レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctは絞り開放からキレッキレのレンズ【海外の評価】

スポンサーリンク

ePHOTOzineがニコンのミラーレス用交換レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」のレビューを掲載しています。

  • 付属のペリカンケースは非常に頑丈だ。おそらく数百ポンドの価値はあるのだろう。
  • 絶対的にゴージャスな外観と重量(2Kg)である。
  • レンズフードはねじ込み式だ。バヨネットタイプでないのは残念である。
  • 巨大なマニュアルフォーカスリングはとても滑らかに動作する。
  • フォーカシングで内筒が前後するものの、レンズフード内で完結する。
  • マウント付近のコントロールリングで絞り値や露出補正の操作が可能だ。滑らかな操作のため動画撮影に適している。
  • シャープネスはただただ素晴らしい。
    ・中央:F0.95-F8(Outstanding)~F11(Excellent)~F16(Very good)
    ・端:F0.95(Excellent)~F1.2-F8(Outstanding)~F11(Excellent)~F16(Very good)
  • 色収差は中央領域で皆無、フレーム端でも中央と比べて大きな差が無い。
  • 歪曲収差は-0.08%とマクロレンズでも難しい数値にまで抑えている。
  • ボケは本当に美しく、賞賛に値する。
  • 逆光耐性は基本的に良好だ。場合によってゴーストが発生するものの、フレアで問題となることはない。
  • 周辺減光は予想通りF0.95で目立つ(-2.4EV)ものの、全体的な結果は許容範囲内である。(F1.2 -1.9EV・F2-F11 -1.6EV)

最高クラスの驚異的なレンズだ。

ただし、F1.4クラスのレンズでそう遅れを取っていないレンズも多い。そしてこのレンズの価格と比べると遥かに安い。

このレンズは非常に高価ではあるが、ベンチマークとなるパフォーマンスにハイクオリティな鏡筒、美しいボケが強みとなる。ニコンZシステムのレンズとしては連続5本目となる「エディターズチョイス」だ。

長所:抜群のシャープネス・実質ゼロ色収差・優れた逆光耐性・優れた操作性・高いビルドクオリティ・L-Fnボタン・素敵な玉ボケ・ゼロ歪曲・美しいボケ

短所:非常に高価・重量・ねじ込み式レンズフード

ePHOTOzine:Nikon Nikkor Z 58mm f/0.95 S Noct Lens Review

とのこと。

F0.95と非常に明るいレンズながら開放からフレーム端までシャープな画質を実現しているようですね。実写作例を確認すると、確かにF0.95からキレッキレの描写となっています。これまで見てきたF0.95のレンズとは一線を画す光学性能。それも4500万画素のNikon Z 7でというのが凄い。おまけに色収差や歪曲収差なども良好に補正している模様。

競合他社の遥かに安価なF1.2やF1.4レンズと比べて価格差ほどのパフォーマンスを感じることができるか?というと悩ましいところだと思いますが、標準単焦点の頂点に立つレンズと考えると納得のいく値付けかもしれませんね。

ニコンNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct交換レンズデータベース

関連レンズ

Zマウント

一眼レフ用

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~