Canonレンズ RFレンズ レンズ 海外の評価

RF800mm F5.6 L IS USMはR5に装着しても抜群の解像性能

Mobile01が「RF800mm F5.6 L IS USM」のレビューを公開。光学性能のレビューは作例のみですが、EOS R5に装着しても抜群の解像性能が得られると言及しています。

Mobile01:Canon RF 800mm f/5.6L IS USM 評測報告|防手震效果顯著 高畫質超望遠巨砲!

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 台湾での価格はRF800mm F11の16倍だ。
  • RF400mm F2.8にテレコンバージョンレンズを内蔵したようなレンズだが、このレンズはさらに外付けのテレコンバージョンレンズを装着可能だ。
  • 外装は高強度のカーボンファイバーと強化マグネシウム合金製だ。
  • 防塵防滴仕様である。
  • フッ素コーティングが施されているものの、修理費を考えたら保護のためにレンズフードの装着がおススメだ。
  • 三脚リングは90度ごとのクリック付きだ。
  • 三脚座は未だにアルカスイス互換に対応していない。
  • 52mmのドロップインフィルターに対応している。

携帯性:

  • 163×432mmの3140gだ。
  • EFレンズと比べると1360g軽量化を実現している。
  • 4kg近いので長時間の手持ち撮影には適していない。

操作性:

  • レンズボタンを搭載している。
  • Fnリングには最大2セットのピント位置を記憶可能だ。
  • プリセットボタンで記憶するピント位置と呼び出すFnリング回転方向を決定することができる。
  • MFの速度を側面のスイッチで調整することが可能だ。
  • 2.6-20mのフォーカスリミッターを備えているが個人的には10mのリミッターが良かった。

フォーカス:

  • USM駆動で動作する。
  • 最短撮影距離は2.6m、最大撮影倍率は0.34倍だ。EF800mmと比べると遥かに寄りやすい。
  • EOS R3との組み合わせでピントは被写体に張り付いた。

手ぶれ補正:

  • 4.5段分の光学手ぶれ補正を搭載している。
  • 手ぶれ補正を3モード搭載している。
  • 1/40秒までてぶれを抑えることができる夢のような性能だが、個人的には1/25秒まで高い成功率が得られる。

解像性能:

  • 作例のみ。
  • 撮影環境によっては大気の揺らぎで解像度に影響が発生する焦点距離だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 記載なし。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 記載なし。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

コストパフォーマンスなら「RF800mm F11 IS STM」だが、画質の心配をせずに済みのはこのレンズだ。4500万画素のEOS R5でも抜群の解像性能である。優れた手ぶれ補正とAFに対応し、EFレンズと比べて30%軽量化されている。

とのこと。
光学性能について言及している部分は少ない(800mmという長焦点の性質上テストし辛い)もののEOS R5と組み合わせた作例を幅広い被写体の写真を多数掲載しているので参考にしやすいと思います。RF800mm F11 STMと比べるとようなレンズではありませんが、やはり長距離の撮影でコントラストやシャープネスが段違いに良好ですね。400mm F2.8に2倍テレコンを内蔵したような光学設計ですが、少なくとも現在の高画素機で解像性能を心配する必要は無さそう。さらに1600mmまで焦点距離を拡張できるのも魅力と言えるでしょう。また、回折レンズを使用していないので逆光やボケへの悪影響がなく、特にボケ描写は滑らかで綺麗。

問題があるとすれば200万円を超える価格設定でしょうか?150万円の400mm F2.8にテレコンバージョンレンズを内蔵した800mmで50万円増を許容できるかどうか。さらに同時期にニコンが「NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S」を80万円以下でリリースしたため、だRF800mm F5.6の価格設定がかなり高く見えてしまいます。

それでも、ネイティブRFマウントの高性能な800mmを探しているのであれば唯一の選択肢に違いありません。

キヤノン RF800mm F5.6 L IS USM 最新情報まとめ

RF800mm F5.6 L IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022年5月 初値 2,039,400円
マウント RF 最短撮影距離 2.60m
フォーマット 35mm 最大撮影倍率 0.34倍
焦点距離 800mm フィルター径 52mm
レンズ構成 18群26枚 手ぶれ補正 4段分
開放絞り F5.6 テレコン 対応
最小絞り F64 コーティング
絞り羽根 9枚
サイズ・重量など
サイズ φ163mm×432mm 防塵防滴 対応
重量 3,140g AF USM

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, レンズ, 海外の評価
-