「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

FUJIFILMレンズ FUJIFILM標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

フジフイルムXC15-45mm PZの15mmは単焦点のベストスコアに近い解像性能【海外の評価】

Lenstipが富士フイルム「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」のレビューを掲載しています。欠点もあるようですが、15mmの中央解像はXF単焦点のベストスコアに近いようですね。

15mmの中央解像はXFのベストスコアに近い

スポンサーリンク

  • 他社のパンケーキズームと比較して最も大きいが、最も広い画角と最も短い最短撮影距離を備えている。
  • マウントはプラスチック製だ。
  • 製造国はフィリピンである。
  • 13mm幅のズームリングはパワーズームタイプのため焦点距離表示は無い。動画の撮影では便利だが静止画には少し面倒かもしれない。古いカメラでは焦点距離表示が無いため、焦点距離の判断が直感的なものとなってしまう。
  • 8mm幅のフォーカスリングはほとんど抵抗感が無い。
  • 付属品はとても少ない。前後のレンズキャップのみだ。
  • 手振れ補正の効果は我々のテストで2.7~3.0段分だ。これはフジフイルムの公称値とほぼ同じであり、キットレンズとしては適切だ。
  • フジXレンズの解像性能は単焦点レンズで80lpmmに達する。良像は44~45lpmmだ。
  • 15mmの中央解像は絞り開放から80lpmmに近い本当に驚きの数値だ。残念ながら望遠側に向かうほどパフォーマンスは低下する。28mmでも良好だが、15mmほどセンセーショナルなものでは無い。45mmの絞り開放では良像を下回るため、改善するためにF8-F11まで絞る必要がある。
  • 周辺解像も望遠側で画質低下が見られる。15~28mmでは絞り開放でも良像を保証できるが、45mmではF8付近でのみ良像の基準値に達する。
  • 解像性能には期待していなかったので、肯定的な結果だ。特に広角側は素晴らしい。
  • 軸上色収差に関して問題は無い。
  • 倍率色収差は広角側で最も大きくなり、中程度だ。中間域では収差が小さくなり、問題は無くなる。45mmでは極僅かだ。賞賛すべきパフォーマンスである。
  • 球面収差の影響は無いが、完璧な補正ではない。
  • フジフイルムの歪曲収差に対するアプローチは一定では無く、時には光学的に補正され、時にはデジタル補正に依存している。このレンズはJPEG出力時に僅か-0.62%の樽型だが、RAWでは-6.70%と非常に大きく、かつ陣笠状の歪曲収差が発生する。しかも、クロップのしかたによっては-7.38%と言う巨大な数値にまで増加する。中間域ではそれほど大きくない糸巻き型、45mmでは2.89%と大きな数値にまで増加する。
  • コマ収差は特に大きく無く、中~高の間程度だ。
  • 非点収差は3.8%と低い数値で心配はない。
  • ボケはとても見苦しい。非球面レンズの影響は大きく玉ボケで目に付きやすい。
  • 周辺減光はRAWの絞り開放でー2.37EVだ。F4まで絞ると-2.06EVとなり、F11で-1.09EVまで低下する。中間域での減光は遥かに少なく、F4.5で-0.87EV、F8で-0.54EVだ。45mmも同様で絞り開放が-0.80EV、F8で-0.57EVだ。
  • 逆光耐性は15mmがベストだ(最高からは程遠いが許容範囲である)。30~45mmははるかに予約、太陽をどのようにフレーミングしても多くの問題が発生する。フレームから遠ざけても僅かにレンズフレアが発生してしまうだろう。
  • X-T2との組み合わせでオートフォーカスは電光石火だ。ピント距離全域を0.2~0.3秒で駆け抜ける。これはとてもセンセーショナルな結果だ。低照度でもハンチングや他の問題を見つけることは出来なかった。X-T100に装着するとパフォーマンスは僅かに低下する。

長所:15mm時にセンセーショナルな中央画質・28mm時に良好なフレーム中央の画質、15-28mmまでの程よいフレーム隅の画質・無視できる軸上色収差・穏やかな倍率色収差・僅かな非点収差・静かで高速なAF

短所:45mmの画質・RAWで歪曲収差が巨大・逆光耐性・15mmRAWで周辺減光が大きい・ボケが騒がしい

レンズ単体で購入すると300ドル程度だが、レンズキットとして手に入れれば約100ドルだ。15-28mmの画質とキットレンズとしては個性的な87度の画角は注目に値する。

とのこと。

15mmはとても良好なパフォーマンスを持っているようですね。パンケーキズームとしては特異な焦点距離である上に良好な光学性能とは凄い。

残念ながらRAWの周辺減光や歪曲収差は巨大らしいですが、価格を考えると「良好なパフォーマンスの15mm F3.5」が使えるだけでアリかもしれません。

XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZのレビュー作例を集めるページはこちら

スポンサーリンク

XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.