FUJIFILMレンズ FUJIFILM広角レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

富士フイルム「XF18mmF1.4 R LM WR」絞り開放からきちんとした光学性能

DPReviewが富士フイルム「XF18mmF1.4 R LM WR」のレビューを公開。絞り開放からきちんとした光学性能で、AFも高速かつ静かで動画に適しているとのこと。ただし、MFリングのストロークが短く微調整しずらいと指摘しています。

DPReview:Field review: Fujifilm XF 18mm F1.4 R LM WR

レンズの紹介:

  • 35mm判換算で27mmの焦点距離となるXマウント用の交換レンズだ。
  • 大口径のお散歩レンズだ。風景やストリートスナップに適している。小型軽量で静かなAFを備えているので、優れた動画用レンズにもなる。
  • サードパーティ製レンズに競合レンズは存在しない。唯一競合するのはパンケーキレンズの「XF18mmF2 R」くらいである。

ビルドクオリティ:

  • 本当にしっかりとした手触りのレンズだ。XFレンズらしい優れたビルドクオリティである。
  • 「WR」を冠しているように、このレンズは防塵防滴だ。
  • プラスチック製のレンズフードが付属している。

携帯性:

  • XF18mmF2と比べると2倍以上の全長、3倍の重量のレンズである。それでも18mm F1.4としてはコンパクトだ。全長は76mm、直径は69mmである。
  • XF18-55mmF2.8-4の収納時とほぼ同じサイズだ。
  • X-E4のようなカメラでは少しフロントヘビーとなるかもしれないが、X-T3やX-S10ではバランスが取れている。

操作性:

  • フォーカスリング・絞りリングといくつかのコントロールを備えている。残念ながらフォーカスリングに16mm F1.4のようなクラッチ機構は無い。
  • フォーカスリングは滑らかに回転し、絞りリングは1/3段ごとにクリックストップが発生する。どちらも我々の好みからすると少し硬すぎる。ただし、これはプリプロダクションモデルのため、製品版では異なる可能性がある。

オートフォーカス:

  • 6枚のレンズを動かすリニアモーター駆動だ。富士フイルムが広角単焦点でリニアモーターを使うのは初めてである。
  • ピント全域を1秒未満で動作する高速AFを実現している。
  • 静かに動作するので動画撮影に適している。
  • 少しフォーカスブリージングが見られるものの、良く抑えられている。
  • マクロ性能は平均的だが、クローズアップには適している。

マニュアルフォーカス:

  • リニア・ノンリニアに対応しており、柔軟性のあるフォーカス操作が可能だ。
  • リニアモードは良好な再現性だが、ストロークが非常に短く、微調整はほぼ不可能だ。これはファームウェアアップデートで対応できると考えている。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 中央はF1.4でも非常に良好だ。四隅もかなり良い。
  • F4まで絞ると中央の改善幅はわずかだが、四隅が顕著に改善する。

像面湾曲:

  • 像面湾曲はフラットに近い。

ボケ:

  • 9枚羽根のおかげで玉ボケは均質だ。
  • 輪線ボケの兆候は見られず、縁取りもわずかだ。
  • 我々が手に入れた2つの個体のうち、1つは玉ボケに目障りな模様があった。これについて富士フイルムから正式な回答は得ていない。
  • 絞り開放では隅に口径食の影響が目立つが、十分に抑えられている。F2.8まで絞ると解消する。同時に少し角ばるが、2段絞ってもほぼ円形であるのは見事だ。

色収差:

  • 軸上色収差はいくらか目に付く。しかし、とても良好に補正され、普段は問題とならない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 記載なし。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 厳しい状況でフレアとゴーストが発生する。どちらも悪くないが、絞るとより目立つ。
  • 小絞りを使うと素敵な光条を得ることが出来た。

作例集

総評

前述したように、ライバルの少ない広角単焦点レンズだ。18mm F1.4が必要な場合はこのレンズを選ぶ他に無い。幸いにも、このレンズは良好であり、サイズやビルドクオリティ、光学性能はきちんとしている。リニアモーターによるAFは動画撮影にも適している。

動画で唯一の懸念材料はリニアMF操作時のストロークが短いことだ。これはファームウェアアップデートで改善する可能性がある。
静止画に関して、絞り開放でも画質は大部分でとてもきちんとしている。大口径レンズにとってこれは重要なことだ。

Xマウントユーザーにとって大口径お散歩レンズとして確かな選択肢となる。16mmや23mmを検討できないのであれば、これが唯一の選択肢である。

  • 長所
    ・F1.4
    ・小型
    ・防塵防滴で頑丈な作り
    ・高速で静かなAF
    ・良好なシャープネス
    ・最小限の色収差
    ・大部分の光学的な問題は十分に補正されている
    ・絞った時の光条
  • 短所
    ・リニアMF時のストロークが短い
    ・フレアとゴーストが発生しやすい

とのこと。
全体的に優れた光学性能の大口径広角レンズに仕上がっているみたいですね。サイズも許容範囲で、リニアモーター駆動による高速で静かなAFを利用可能とのこと。MFクラッチ機能が無く、ストロークの短いリニアMFは気になるところですが、製品版・ファームウェアアップデートで改善すると良いですねえ。

私はX-E3と共に18mm F2を使用しており、18mmの画角には愛着があります。18mmF2も悪くないレンズですが、主に利用する家族写真ではAFのレスポンスが物足りないのですよね。そのため、18mm F1.4のリニアモーター駆動には期待しています。そのうち購入して自分で試してみたいレンズ。

富士フイルム「XF18mmF1.4 R LM WR」交換レンズデータベース

関連レンズ

関連記事

レンズ比較

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM広角レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER