Nikon Nikon Z Nikon関連の情報 Z 50 カメラ 海外の評価

Nikon Z 50は癖のあるAFシステムだが非常に使いやすいカメラ【海外の評価】

スポンサーリンク

DPReviewがニコン製APS-Cミラーレス「Z 50」のレビューを掲載しています。

DPReview:Nikon Z50 review

Like
  • 非常に良好な画質
  • 優れたダイナミックレンジ
  • 良好な動画
  • 快適で良好な操作性
  • 豊富なカスタマイズ
  • 静止画/動画の高速切替
  • USB充電
  • まずまずシンプルなWiFi通信
  • 多くの機能に補足説明あり
Dislike
  • 時々意図した被写体からピントがズレる
  • AF機能が不完全で動作が遅い
  • レンズが少ない
  • 中程度のバッテリーライフ
  • タッチパッドAF非対応
  • ミドルレンジの価格帯に追加された本当に印象的なカメラだ。D7500のような性能をD5600の価格帯で実現しており競争力がある。
  • バッテリーライフは短いものの、USB充電に対応しているためそれほど問題では無い。
  • エントリーモデルと謳ってはいるが、競合カメラと比べて抜きんでる程使いやすいとは思っていない。カメラ愛好家ならば使って楽しいカメラとなるだろう。
  • このカメラの弱点は主に二つだ。
    ・基本的にAFは優れており、最高の性能を持つカメラ以外と競合出来る。ただし、AFシステムはどの競合他社よりも扱い辛く動作が遅い。さらに競合他社よりもAF設定を被写体に合わせる頻度が多い。
    ・キットレンズは便利で良好だが、カメラ愛好家にとって物足りない。一眼レフ用レンズをアダプターで装着するか、高価なフルサイズ用レンズを使う必要がある。
  • レンズラインアップの不足が決定的要因となることだろう。もしレンズラインアップに不安が無い、キットレンズで十分ならばこのクラスでトップを狙えるカメラとなる。ただし、気まぐれなオートフォーカスを考慮すると「GOLD」評価には至らない。
  • Nikon Z 50は他のZカメラと同様、傑作のエルゴノミクスだ。オートフォーカスはファームウェアアップデートによる改善を期待したい。それにDX 35mm F1.8相当のZ DXレンズを見てみたいものだ。
  • EOS M6 Mark IIとの比較:Z 50と同じで快適で明快なエルゴノミクスと適切にカテゴライズされたインターフェースが気に入っている。AFシステムはより良好だが、パフォーマンスに差は無い。動画はニコンの方が使いやすく、画質も若干の優位性がある。ただし、レンズラインアップはキヤノンのほうが豊富で一歩抜きんでた評価を与えている。
  • FUJIFILM X-T30との比較:Z 50と比べると窮屈な操作性だ。オートフォーカス性能は僅差でニコンのほうが良好だと思うが、どちらのカメラも癖のあるAFシステムとなっている。X-T30はヘッドホン端子とログ撮影機能を備えているので動画撮影用としては適した選択肢だ。また、最もAPS-Cレンズが充実したシステムでもある。
  • SONY α6400との比較:性能と操作の両面で最高のAFシステムを持つカメラだ。動体撮影が多いのであれば最良の選択肢である。しかし、エルゴノミクスは同クラスで最弱となり、キットレンズが最も悪い。ニコンでの撮影を好む一方、幅広いEマウントレンズ群がある。
  • OM-D E-M5 Mark IIIとの比較:より高価だが、防塵防滴仕様で本当に見事な手ぶれ補正を備えている。オートフォーカス性能はトップから引き離されているが、好感の持てるカメラだ。ミラーレス用レンズラインアップは最も選択肢が多いマイクロフォーサーズシステムである。ただし、画質面ではZ 50に劣っている。

多目的に使える高性能で快適なカメラだ。オートフォーカスシステムは必要以上に厄介だが、基本的には競争力がある。レンズラインアップに問題が無ければ購入を検討しても良いだろう。

DPReview:Nikon Z50 review

とのこと。

レンズラインアップやオートフォーカスの癖を指摘していますが、全体的に見ると肯定的な結論に至っているようです。最終的な評価はこのクラスのAPS-Cミラーレスと同じ85%「SILVER」となっています。欠点の二つは時間が解決してくれる可能性(ラインアップの拡張・ファームウェアアップデート)があるので先行投資するには良いシステムなのかもしれません。

個人的には早いところフォーカスシステムの洗練度を上げて欲しいところ。D850(元)・Z 7ユーザーですが、一眼レフのAFシステムと比べると使い辛いのですよねえ…。一眼レフのライブビューAFシステムを流用している感が強いので改善が必要だと感じます。

キヤノンの最新ライブビューAF(EOS M6 Mark IIと同等と思われるEOS 90D)やX-T30、そしてOM-D E-M5 Mark IIIを使ったことがあります。DPReviewのこれらAFシステムの評価は概ね同意できる内容。使いやすいのはやはりキヤノンですねえ…、ニコンもはやくこの水準の使い勝手になってくれることを願っています。

個人的にZ 50は気になっているので、そのうち購入予定。特に沈胴式キットレンズを使ってみたいと思います。

Z 50 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
Z 50 16-50 VR レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
Z 50 ダブルズームキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Nikon, Nikon Z, Nikon関連の情報, Z 50, カメラ, 海外の評価

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~