SIGMAの情報 SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

シグマ105mm F2.8 DG DN MACRO Art交換レンズデータベース

【広告】Yahoo!ショッピングでソフトバンクホークス優勝セール開催中

このページではシグマ製交換レンズ「105mm F2.8 DG DN MACRO Art」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

  • 2020-09-30:本日午後9時よりオンラインプレゼンテーションが始まります。(更新:正式発表されました
  • 2020-09-22:シグマ「105mm F2.8 DG DN MACRO」の登場が濃厚となってきたので専用の情報収集ページを作成しました。

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

レンズ構成枚数 12群17枚
画角(35mm判) 23.3°
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最小絞り F22
最短撮影距離 29.5cm
最大撮影倍率 1:1
フィルターサイズ φ62mm
最大径 × 長さ Lマウント φ74mm × 133.6mm
ソニー Eマウント φ74mm × 135.6mm
質量 Lマウント 715g
ソニー Eマウント 710g
エディションナンバー A020
希望小売価格 95,000円
付属品 ケース、フード (LH653-01)付

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

関連記事

海外の評価

Dustin Abbott

Dustin Abbott:Sigma 105mm F2.8 DN Macro Review

  • シグマDG DNシリーズは非常に高価なソニーGMシリーズに匹敵する機能性を備えている。
  • ソニー「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」より少し長くて重いレンズだが、焦点距離が長いので妥当なサイズ差だと思う。フィルターサイズはソニーと同じ62mmだ。
  • 絞りリングを搭載しているうえ、リングのクリックを解除したり、リングの固定が可能だ。「A」ポジションでリングを固定することが誤操作を防ぐことが出来る機能はソニーGMにもない機能である。
  • フォーカスリングは適切な抵抗量で滑らかに動作する。ソニーFE90mmのようにハードストップや焦点距離表示は無く、この点で私はソニーの操作性が好みだ。シグマのフォーカスリングは慣れが必要である。
  • レンズフードはマクロレンズとしては浅めの形状だが、どのマクロレンズよりも良好な逆光耐性を備えているためだと思われる。
  • シグマがフォーカス駆動に超音波モーターを使用しているのは面白い。ミラーレス用レンズは基本的にステッピングモーターを使用しているが、このレンズには高いトルクのアクチュエーターが必要だったのだろう。高トルクの犠牲は静音性と滑らかさだ。動画撮影中に音を拾う可能性があるが、それほどノイズが大きくない。外付けマイクを使う際は問題とならない。
  • オートフォーカスで気になったのは前景にピントを合わせづらいことだ。接写優先のマクロレンズにとってこの傾向は特に厄介である。プロダクションモデルでは改善していると期待したい。
    それ以外の場合は良好なフォーカス結果を期待でき、瞳AFはとても良好に動作する。様々な撮影距離で非常に正確で素早いフォーカシングであった。
  • 光学性能は古い105mm F2.8を簡単に上回り、ハイパフォーマンスなソニーFE90Gをも凌駕する性能だ。
  • 僅かに残存する歪曲収差はLightroomで+33での手動補正が可能だ。周辺減光は強めの補正が必要である。どちらもレンズプロファイルに対応することで自動補正が可能となる。
  • 色収差補正は基本的に完璧だ。色づきは全く見られない。
  • ソニーと比べて、フレーム全体が明らかにシャープだ。「FE 135mm F1.8 GM」と見比べてもシグマのほうがシャープに見える。私がテストしてきた中で5本の指に入る最もシャープなレンズという印象だ。
  • コントラストは接写のみならず、無限遠側でも非常に良好だ。これにはとても感銘を受けた。
  • α7R IIIと組み合わせても、絞り開放からディテール再現は完璧だ。風景撮影用レンズとしても使える。
  • 逆光耐性は平均より良好だ。逆光下での撮影も問題無いと感じた。
  • レンズのボケ味には満足している。

これまでテストしてきた中で最高の光学性能を備えたマクロレンズと言っても過言ではない。テクニカルな評価のみならず、アーティスティックな観点でも好みの描写だ。素晴らしい色・驚くべきコントラスト・素敵なボケを備えており、おススメしやすいマクロレンズである。
光学手ぶれ補正が搭載されておらず、マニュアルフォーカスや動画撮影を重視する場合は「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」の購入をおススメする。しかし、光学性能で言えばシグマだ。

長所:優れたビルドクオリティ・豊富な機能・フレーム全体で驚異的なシャープネス・素晴らしいコントラスト・収差がほとんどない・素晴らしい色・柔らかいボケ・コストパフォーマンス

短所:光学手ぶれ補正なし・フォーカスリングの仕様・フォーカス駆動の仕様

Lenstip

Lenstip:Sigma A 105 mm f/2.8 DG DN Macro – first impressions

  • パンデミックにより都市部から田舎へ移った人は自然の美しさを再発見し始めた。そこで必要となるのが、双眼鏡やスポッティングスコープ、顕微鏡などだ。これらは販売店舗の棚から姿を消しつつある。そしてマクロレンズも同様だ。
  • マクロセグメントはシグマの強みであり、一眼レフ用レンズでは50mm・70mm・105mm・150mm・180mmなどをラインアップしてきた。
  • シグマのミラーレス用マクロレンズはなかなか登場しなかったが、ついに「」が登場した。今回はシグマの販売代理店からプロトタイプのサンプルレンズをお借りすることが出来た。今回は第一印象と作例を共有したいと思う。完全なテストはプロダクションモデルを手に入れてから公開予定だ。
  • 手ぶれ補正を搭載していないにもかかわらず、手ぶれ補正搭載の競合レンズよりも複雑なレンズ構成を採用している。
  • 最も重いレンズではないが、全長は最も長い。
  • 後玉は固定され動かない。レンズそのものはマウントから約3cmほど奥に隠れたところに配置されている。周囲はマットブラックの塗装が施されている。
  • レンズは日本製だ。
  • 19mm幅の絞りリングは1/3段ほとに動作する。クリックを解除したり、リングを固定することも可能だ。
  • AF/MFスイッチ・フォーカスリミッタースイッチ・AFLボタンなどを搭載している。
  • マニュアルフォーカスリングは幅62mmと大きく、しっかりとしたグリップを備えている。被写界深度やピント距離の表示は無い。電子制御式のリングは適切な抵抗量でとても滑らかに動作する。回転角は少なくとも270度あり、精度の高いフォーカス操作が可能だ。
  • インナーフォーカスのためフォーカシングによるレンズ全長の変化は見られない。
  • オートフォーカスはノイズレスだが、ピント全域を移動するには1.5秒ほどかかる。もちろんピント領域が広いため、フォーカスリミッターを使うことでフォーカス速度の向上が可能だ。それでもフォーカス速度が速いとは言えない。
  • 日陰でAF迷うシーンがあったものの、屋外でそのような状況はほとんどなかった。プロダクションモデルでは無いので、最終的に改善すると確信している。
  • レンズ構成が非常に複雑なこともあり、逆光耐性は完璧から程遠い。しかし、それほどゴーストの数は多く無く、一か所にまとまっている。全体的に見ると、あまり騒がしくないので思ったより良好に見える。

プロトタイプのため徹底的なテストは実施していない。それでもサンプルショットを一目見れば、このレンズが優れた光学性能を備えていることが変わると思う。絞り開放から優れており、F4~F5.6まで絞るとさらに向上する。レコードを破るレンズとなるかは不明だが、それでも非常に高性能であり、高品質なマクロ写真に適したレンズであることは間違いない。

Sony Alpha Blog

Sony Alpha Blog:Sigma 105mm F2.8 DG DN Macro Art

  • 一眼レフ用設計の「70mm F2.8 DG MACRO」とは異なり、ミラーレス専用設計のレンズだ。
  • ビルドクオリティは非常に優れており、「85mm F1.4 DG DN」とよく似ている。ただしレンズフードのロック解除ボタンが無い。
    ーマクロ撮影でもレンズが伸びることは無い。
    ー29.5~50cmに制限できるフォーカスリミッター搭載。
    ー動画撮影で役立つクリックレスの絞りリング操作に対応。
    ーピント距離表示なし。
    ー撮影倍率表示なし。
    ーフォーカスリングに近側・遠側のハードストップが無い。
    ー「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」のようなクラッチ構造のフォーカスモード切替機構が無い。
  • 全体的にAFは高速かつ効果的だ。瞳AFは完全に機能する。(レンズのファームウェアはベータ版)
  • シャープネス
    ーα7R IV 6100万画素 使用
    ーF2.8から並外れたシャープネスを記録
    ーF11までフレーム全域で優れた結果を発揮する
    ーソニーEマウントで最もシャープなレンズの一つ
    ー「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」より少し良好
  • 周辺減光はF2.8で目に付くが、F8までに改善する。
  • 僅かに糸巻き型歪曲が残存している。
  • 色収差は皆無だ。
  • 光条は問題無いが、フォクトレンダーほど明瞭では無い。
  • 逆光耐性はきちんとしているが、より良いとよかった。
  • 発色は抜群だ。
  • マイクロコントラストは素晴らしい。
  • 後ボケはとても柔らかく心地よい描写だ。
  • 玉ボケはソニーより良好だ。ボケの境界線上に色づきが見られる。F5.6まで絞ると絞り羽根の形状が見られる。
  • マクロでも優れたコントラストとシャープネスだ。被写界深度を深めつつ、解像性能のベストな絞り値はF5.6~F8である。
  • 競合レンズとの比較
    ーシャープネスは同カテゴリで最高である。「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」と同等だ。
    ーシャープネスの違いは6100万画素のα7R IVでのみ判断できる程度の差だ。
    ーソニーと比べて綺麗なボケ描写である。
    ー後ボケはソニーと互角だ。
  • 動画撮影でもAFは効果的で滑らかに動作する。クリックレスの絞りリングも役に立つ。
  • 自然の撮影ではシャープネス・発色の両面で優れた結果となる。

全体的に優れたマクロレンズであり、ポートレートでも非常に良好な結果をもたらしてくれる。シャープネスはコシナ「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」に匹敵し、ソニー「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」よりも優れている。
焦点距離表示やフォーカスリングのハードストップ、そして倍率表示があれば完璧なマクロレンズだった。
ーエルゴノミクスを重視する場合:「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」
ー純粋に光学性能を重視する場合:このレンズ、もしくは「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」
ー最高の光学性能とコストパフォーマンス:このレンズ
ー汎用性の観点:このレンズ

長所:絞り開放から全体的に抜群のシャープネス・インナーフォーカス・優れた色とコントラスト・柔らかく心地よいボケ・非常に優れたビルドクオリティ・低歪曲・ポートレートに最適なAF・ゼロ色収差・絞りリング

平凡:良好なボケ描写・良好なフォーカスリング・逆光耐性

短所:倍率表示なし・焦点距離表示なし・フォーカスリングにハードストップなし・光学手ぶれ補正非搭載

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-SIGMAの情報, SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~