Canon Canon関連の情報 EOS R5 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンEOS R高画素モデルついて信憑性が低いスペック情報【噂】

スポンサーリンク

登場が期待されている「EOS R」高画素モデルについて、Canon rumorsがCR1と低い格付けで気になる噂情報を発信しています。

今回の情報はあくまでも「噂」であり、正確でない可能性を留意して欲しい。

接点の無い二人の情報提供者からEOS R高画素モデルに関する似たようなスペック情報を得た。部分的に異なるスペック情報もあるが、それでも非常に似たものとなっている。彼らのうち一人は過去に対応したことがあり、二人がフェイクでないと信じている。

情報提供者の一人はモデル名が見えづらく、「EOS RS」ではなく「EOS R5」となるかもしれないと述べている。

EOS RSスペック情報:()は共通していない情報

  • 4500万画素(4000万画素)
  • 5段のボディ内手ぶれ補正
  • レンズ協調補正で7~8段分
  • 14/20fps連写(12/20fps)
  • 背面にスクロールホイール
  • タッチバーが無い
  • EOS一眼レフのような静止画/動画切替スイッチ
  • 大容量バッテリーだがLP-E6のように見える
  • 8K 30fps RAW
  • 4K 120fps
  • 4K 60fps
  • クロップの情報は錯綜している
  • CP+2020に先立って発表

繰り返しとなるが、この情報はまだ信憑性が低い。他の情報提供者からの示唆を待っている。

Canon rumors:Canon EOS RS Specifications? [CR1]

とのこと。
キヤノンは比較的情報統制が優れているので正確な情報は直前まで判明しないかもしれませんね。

これまでの噂情報とはやや異なる解像度(以前は7000万画素超)となっています。これが本当だとしたら、程よい解像性能で使いやすいカメラとなりそうです。

以前と同じように、ボディ内手ぶれ補正の可能性を示唆しています。キヤノンは既にいくつものボディ内手ぶれ補正に関する技術を特許申請しているため、いつ実用化されてもおかしくありません。とは言え、レンズ協調補正で7~8段分は眉唾ですねえ…。
動画仕様も現実的とは言えないような気がしますが、このスペックで本当に登場したら凄い。

どちらにせよ、EOS Rが登場したのは2018年秋、EOS RPが2019年春であり、そろそろ本格的なボディに登場して欲しい頃合いとなっています。RF Lレンズも充実してきたので、それに見合うハイアマ向けボディに期待。

EOS R高解像モデルに関する情報はコチラ

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Canon, Canon関連の情報, EOS R5, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~