LAOWAレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報 海外機材情報

Venus Optics「LAOWA CF Argus 33mm F0.95 」が4月末に販売開始か?

WeiboのCamera BetaがVenus Optics「LAOWA CF Argus 33mm F0.95 」が4月26日に中国で2980元で販売開始すると述べています。いよいよ同社初の超大口径レンズが登場する模様。

Camera Beta:Weibo

  • LAOWA 33mm F0.95
  • 4月26日
  • 2980元(予約で300元オフ)
  • E/X/RF/Zマウント

これまでVenus Opticsは超広角レンズやマクロレンズを主に開発・販売してきましたが、2021年1月にF0.95の超大口径レンズを開発発表。フルサイズ対応の45mm・35mm、APS-C対応の33mm、フォーサーズ対応の25mmと、メジャーなセンサーサイズ全てでF0.95レンズを開発すると述べています。

今回Camera Betaが取り上げているのはAPS-C用の33mm F0.95ですね。フルサイズで言うところの50mmに相当する画角をカバーする標準レンズとなりそうです。従来の小型軽量なイメージがあるLAOWAレンズとは打って変わって大きなサイズ。どのような光学性能を発揮するのか気になるところ。

価格は3000元以内に収まっており、このクラスのレンズとしては手ごろな価格ですね。中一光学や7Artisansの35mm F0.95と比べると少し高いかもしれませんが、LAOWAブランドらしい高い光学性能に期待。

参考:LAOWA CF Argus 33mm F0.95

  • 焦点距離:33mm
  • 対応フォーマット:APS-C
  • 絞り:F0.95-16
  • 画角:46.2°
  • レンズ構成:9群14枚
    非球面レンズ1枚・EDレンズ1枚・高屈折レンズ3枚
  • 絞り羽根:9枚
  • 最短撮影距離:35cm
  • 最大撮影倍率:0.125倍
  • フィルター径:φ62mm
  • サイズ:φ71.5mm×83mm
  • 重量:590g
  • マウント:ソニーE・富士X・ニコンZ・キヤノンEF-M
  • 価格は不明
  • 3500元以内(5~6万円未満?)

参考:想定される競合レンズ

サイト案内情報

Laowaレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-LAOWAレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報
-