7artisans カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 海外機材情報

七工匠「7Artisans 35mm F0.95」交換レンズデータベース

このページでは 七工匠「7Artisans 35mm F0.95」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

  • 2020-10-31:七工匠「7Artisans 35mm F0.95」が正式発表されていたので専用の情報収集ページを作成しました。超大口径ですが249ドル(B&H)と手ごろな価格設定となっています。Z・EF-M・X・E・MFTマウントに対応。

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

関連記事

海外の評価

Radojuva

Radojuva:Обзор 7Artisans 35mm 1:0.95

レンズの紹介:

  • ソニーEマウントの他、キヤノンEF-M・ニコンZ・富士X・マイクロフォーサーズで利用可能だ。
  • APS-Cミラーレス用の大口径MFレンズである。
  • 低価格ながら高いビルドクオリティと数の多い絞り羽根を採用、そしてF0.95の開放F値を実現している。

ビルドクオリティ:

  • 箱には本体とキャップ、小さなマニュアルが含まれている。
  • レンズは全体的に良好な作りだ。金属製マウントに加え、筐体もアルミニウム合金を使用している。
  • レンズマウントまでダークブラウンの心地よい外観だ。
  • レンズの表記は刻印されている。
  • フロントキャップは金属製だ。カバーはしっかりと固定され、脱着は快適だ。
  • フィルター径は52mmである。
  • F0.95からF1.4まで絞ると露出は1/3段低下する。それ以降は1段ごとに正確に露出が低下する。また、読者の一人によるとF1.2に相当すると指摘している。おそらくこのレンズのF0.95におけるT値は「T1.3~1.4」だ。
  • フォーカシングにより全長は変化するが回転はしない。

携帯性:

  • 重量は400gだ。手に取るとしっかりとした感触を得られる。
  • とてもコンパクトだ。
  • α6xxxシリーズに最適である。

操作性:

  • 14枚の絞り羽根はリングを使い手動で操作する。
  • 絞りリングはクリックなく滑らかに動作する。レンズ前方に配置されているので使いやすい。
  • F1.4~F16まで自由に動かせるので動画撮影でとても便利だ。
  • 絞りリングの表記にF5.6やF11が欠けている。

オートフォーカス:

  • 記載なし。

マニュアルフォーカス:

  • 十分に幅広い金属製のフォーカスリングを搭載している。
  • リングは120度で全域を操作可能だ。
  • 滑らかに回転し、指一つで操作できる。
  • フォーカシング後に絞りを操作しようとすると、フォーカスリングに触れた誤操作しやすかった。
  • 非常に強いフォーカスブリージングが発生する。最短撮影距離では画角がかなり狭くなる。
  • フォーカスシフトは見られない。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • F0.95は低いと思っていたが、嬉しいことにしっかり解像する。
  • F0.95の四隅はきちんとしているが、F0.95で重要とされる領域ではない。
  • F1.4で改善し、F2で高解像となる。
  • 優れた解像度はF5.6で得ることが出来る。

像面湾曲:

  • 大きな影響がある。

ボケ:

  • 多くの状況で心地よいボケだ。
  • 個人的にはもう少し個性的なボケを期待していた。
  • 基本的にはダブルガウスの描写だ。

色収差:

  • 全体的に強い収差が発生する。
  • F2.8まで絞ると改善する。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 僅かな樽型だ。

周辺減光:

  • F0.95で非常に目立つ。
  • 最短撮影距離では改善するが、無限遠で最も目立つ。
  • F2まで絞るとほぼ解消する。
  • イメージサークルはほぼフルサイズをカバーしている。

コマ収差:

  • 明らかな影響がある。

逆光耐性:

  • 絞ると12本の光条が発生する。
  • 逆光では強いフレアが発生する可能性があり、コントラストが大きく低下する。

総評

面白いクリエイティブなレンズだ。実用的なF0.95であり、前後の景色を大きくボカすことが出来る。

  • 長所
    ・低価格
    ・大口径
    ・小型軽量
    ・滑らかなフォーカスリング
    ・被写界深度指標とピント距離表示
    ・12枚の絞り羽根
    ・滑らかな絞りリング
    ・使いやすい絞りリングの配置
    ・F0.95ながら良好な中央シャープネス
    ・ボケ味
  • 短所
    ・T値が高い
    ・電子接点なし
    ・フードなし
    ・絞りリングのF2~F16における間隔が短い
    ・フォーカスリング上の「1m~無限遠」は幅が狭すぎる
    ・重い
    ・目立つフォーカスブリージング
    ・目に見える色収差
    ・逆光におけるフレア

Sony Alpha Blog

Sony Alpha Blog:7 Artisans 35mm F0.95

  • レンズの仕様:
    ・重量:369g
    ・価格:249ドル
    ・絞り値:F0.95-16
    ・全長:67mm
    ・フィルター:52mm
    ・絞り:12枚
    ・最短撮影距離:37cm
    ・金属製レンズキャップ
    ・APS-C対応
    ・フルマニュアルレンズ
    ・無段階の絞りリング
    ・レンズフードなし
    ・レンズケース
  • ビルドクオリティは優れている。APS-C用ではあるが、イメージサークルはほぼフルサイズをカバーしている。
  • 外装は全て金属製で数字はプリントでは無く刻印だ。
  • フォーカスリングと絞りリングはどちらも滑らかに動作し、十分な抵抗量を持つ。
  • 素敵な革製ポーチが付属している。
  • シャープネス:α6000 2400万画素
    ・中央:絞り開放から良好な結果で、F2.8まで絞れば優れた画質となる。
    ・四隅:改善速度が少し遅く、良好な結果を得るにはF2.8まで絞る必要がある。
    ・F5.6まで絞ればフレーム全域で優れた結果を得ることが可能だ。
  • F0.95からポートレート向けの優れたシャープネスを実現しており、同時に滑らかな後ボケを得ることが可能だ。
  • コントラストは非常に良好だ。F1未満のレンズでこの性能は貴重である。
  • 肌の色調は優れている。
  • F2まで絞ると非常にシャープな描写となる。
  • 近距離のほうが良好なシャープネスに見える。
  • 周辺減光はF0.95で目に付くが強すぎず、F2まで絞ると解消する。フルサイズに装着するとF0.95からF4にかけて目立つ減光が発生する。歪曲収差は中程度の樽型だ。
  • 色収差は絞り開放で目に付くが、F0.95としてはきちんとしている。
  • 逆光耐性は比較的良好だ。
  • 玉ボケは非常に良好だが、絞ると劣化する。
  • 後ボケは非常に良好だ。多くの場合は柔らかい描写となるが、背景が騒がしくなる場合もある。
  • 色表現優れている。
  • SPEEDMASTER 35mm F0.95 IIとの比較
    ・ビルドクオリティは7Artisansのほうが優れている。
    ・価格は7Artisansの約3倍だ。
    ・絞り羽根は7Artisansのほうが多い。
    ・中央の改善速度は中一光学のほうが良好だ。
    ・四隅の改善速度は7Artisansのほうが良好だ。
    ・歪曲は似ているが、色収差補正は中一光学がやや良好だ。
    ・逆光耐性や光条は7Artisansのほうが良好だ。
    ・玉ボケや肌の色調は7Artisansのほうが良好だ。

これまでテストしてきた7Artisansシリーズで最高のレンズだ。ビルドクオリティは一級品で、F0.95のレンズが249ドルである。中一光学「SPEEDMASTER 35mm F0.95 II」が649ドルと考えると非常にリーズナブルである。

シャープネスやコントラストは絞り開放から優れている。大部分の状況で後ボケは非常に滑らかで、色表現も良好だ。価値のあるレンズである。

長所:F0.95から良好なシャープネス・適度な重量・非常に滑らかな後ボケ・良好な玉ボケ・F0.95ながら良好なコントラスト・低価格・優れたビルドクオリティ・優れた色表現・動画で優れた描写・滑らかなフォーカスリングと絞りリング・フルサイズでも利用可能

平凡:F0.95における周辺減光・中程度の歪曲収差・中程度の色収差・逆光耐性

短所:中央以外の開放におけるシ四隅のャープネス・レンズフードなし

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
XF・GFレンズ 最大20万円 -2021/9/20 2021/10/4
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 最大3万円 -2021/10/4 2021/10/22
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-7artisans, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER