LAOWAレンズ SONYレンズ レンズ 機材の噂情報・速報 海外機材情報

Venus OpticsがソニーFE用 LAOWA Argus F0.95レンズを6本開発中?【噂】

スポンサーリンク

Sony Alpha RumorsがVenus Opticsの交換レンズについて噂情報を発信しています。

Venus Opticsは合計6本の新しいF0.95 FEレンズを開発中だ。

しかし我々のソースによると、市場に登場するのは早くても2021年はじめ頃のようだ。

Sony Alpha Rumors:RUMOR: The first Laowa f/0,95 FE lens will arrive in 2021 only 🙁

とのこと。
既に「Argus F0.95」は発表済みですが、対応フォーマットやレンズマウントは不明のままでした。噂が本当だとすると、少なくともソニーEマウントでフルサイズに対応しているみたいですね。電子接点無しだとすればキヤノンRFマウント・ニコンZマウントの登場も期待できそう。

「F0.95」大口径レンズと言えば、既に中一光学がフルサイズミラーレス向け「SPEEDMASTER 50mm F0.95 III」を投入しています。35mm判に対応する超大口径と言えば他にライカ「NOCTILUX-M 50 mm f/0.95 ASPH」・ニコン「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」くらいのものでしょうか?カメラメーカーのF0.95は100万円超と非常に高価なので、より手頃な価格設定のF0.95レンズを期待したいところですねえ。

多くのレンズが50mm付近の標準域ですが、複数のF0.95レンズ投入が噂されているので広角や中望遠のF0.95レンズが登場するのかもしれませんね。ちなみにAPS-Cやマイクロフォーサーズ用のF0.95レンズは以下の通り。

標準以外の画角に広く対応しているのはコシナのマイクロフォーサーズ用レンズのみ。

サイト案内情報

Laowaレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-LAOWAレンズ, SONYレンズ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.