「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Nikonレンズ Nikon標準レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ

ニコンNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」の情報を収集しています。

更新履歴

  • 2019-10-10:NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctが正式発表されました。2019年10月12日 AM10:00受注開始予定、受注生産のため納期不明。

レンズデータ

購入早見表

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

レンズデータ

レンズ仕様

型式 ニコン Zマウント
焦点距離 58mm
最大口径比 1:0.95
レンズ構成 10群17枚(EDレンズ4枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコートあり、アルネオコートあり、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)
画角 40° 50′(撮像範囲FX)
27° 20′(撮像範囲DX)
ピント合わせ 前群繰り出し方式
最短撮影距離 0.5m
最大撮影倍率 0.19倍
絞り羽根枚数 11枚(円形絞り)
絞り方式 電磁絞りによる自動絞り
最大絞り f/0.95
最小絞り f/16
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ) 82mm(P=0.75mm)
寸法 約102mm(最大径)×153mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約2000g
付属品 • レンズキャップ82mm LC-82B(スプリング式)
• 裏ぶた LF-N1
• HN-38
• トランクケース CT-101

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

Zマウント

一眼レフ用

海外の評価

PhotographyBlog

凄いレンズだが重くて高価

  • 専用のペリカンケースが付属する。このようなケースが付属するのはプレミアムなレンズである証だ。
  • 2Kgの重量があり、筋肉に負担をかけるには良いレンズだ。Z 7やZ 6と組み合わせるとアンバランスである。さらに小型軽量なZ 50と組み合わせることも出来るが、バランスは確実に悪くおススメできない。
  • カスタマイズ可能なコントロールリングを備えている。
  • 24-70mm F2.8 Sと同じくLEDパネルを備えている。
  • 絞り開放F値は「F0.95」ではなく「F1」と表示される。
  • レンズフードは逆さ付けできない。
  • マニュアルフォーカスレンズのためAF/MF切替スイッチは存在しない。AFに慣れていると不便に感じるかもしれないが、少なくともZ 7やZ 6のようなカメラでは楽しくマニュアル操作が可能だ。
  • 非常に重いレンズなので、手持ちでのマニュアル操作は短時間で腕や背中に疲労を感じる。
  • 色収差は等倍で確認しても見つけるのが難しいほど補正されている。
  • 周辺減光は絞り開放で目立つが、F1.2で大きく改善し、F1.8までに解消する。
  • 歪曲収差は極僅かだ。
  • シャープネスは絞り開放からとても良好だが、F1.2まで絞るとさらに良くなる。F8までパフォーマンスを維持し、F11から少しソフトとなる。実写を全体的に見ると絞り値全域で優れたパフォーマンスだ。四隅のシャープネスはF8-F11で最適となる。

評価の難しいレンズだ。

ポートレート写真家にとってこの世のものとは思えないようなボケ描写となるレンズだ。また、三脚を使ってじっくり撮影するようなフォトグラファーに向いている。旅行や長時間の撮影に適したレンズでは無い。

卓越した光学性能を否定することは出来ないが、8299ポンドの値札と扱い辛いレンズサイズを考慮すると飛ぶように売れるとは思えない。まずはレンタルでこのレンズの描写を味わってみるのをおススメする。

PhotographyBlog:Nikon Nikkor Z 58mm f/0.95 S Noct Review

Mobile01 ハンズオン

ハンズオン

Mobile01:Z-Mount 神鏡「Nikkor Z 58mm f/0.95 S Noct」人像實拍 + 動手玩!

  • 専用ケースにはZ 7やZ6を収納するスペースがある。
  • 質感は非常に優れており、ツアイスOtusと同じような金属の質感である。
  • フォーカスリングのストロークはおよそ180度だ。回転量が大きいので操作には慣れが必要だ。
  • 被写界深度が浅いため、F0.95を使った上半身ポートレートでは5枚に2枚ほどピントがズレる。出来れば三脚で固定したいところだ。操作が難しいと思ったらF1.1~F1.2まで絞ると使いやすくなる。
  • 約2Kgと重いレンズで手持ち撮影が難しい。

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.