Nikon Z Nikon関連の情報 Z 8 噂情報

ニコンの6000万画素センサーモデル「Z 8」はD850後継モデルに先駆けて年内に登場する?【噂】

スポンサーリンク

Nikon Rumorsが噂のニコン新型ミラーレス「Z 8」について情報を発信しています。

ニコン「Z 8」「D850後継モデル」どちらも6000万画素センサーを搭載すると噂されている。

  • 今年発表される2種類のニコンミラーレスカメラの内、1モデルはハイエンド/プロモデルとなる(Z 8?)。
  • Z 8はSD・CFexpressのデュアルカードスロットを持ち、縦位置グリップ、プロボディ、より高い値付けになると噂されている。(以前はデュアルCFexpressとも噂されている)
  • ハイエンドミラーレスカメラはD850後継モデルの前に発表されるだろう。
  • D850後継モデルは2020年に登場は期待できず、おそらく2021年となる。

Nikon Rumors:Nikon Z8 and Nikon D850 replacement rumored to have a 60MP sensor

とのこと。
昨年9月に6000万画素センサーモデルの噂(マニュアルと思われるスクリーンショット)が出回ってしばらく経ちますが、年内登場の可能性が高まっているのでしょうか?どこまで信憑性のある噂情報なのかわかりませんが、D850後継モデルを絡めた情報は初めてですね。

Z 7・Z 6が登場したのが2018年秋頃ですので、そろそろ新モデルを見たい頃合いです。キヤノンも本格的なハイグレードモデル「EOS R5」を開発発表しているのでニコンにも頑張って欲しいところ。噂通り「プロ仕様のボディ」「デュアルカードスロット」「縦位置グリップ」だとしたら、Z 7から乗り換える人も多いのでは無いでしょうか。

D850後継モデルはもう少し待つ必要があるとのこと。D850は完成度が高い一眼レフカメラですので、そう急ぐことも無いでしょう。とは言え、個人的にはモッサリ動作のライブビューAFを早いところ改善して欲しいものですが…。(D780は像面位相差AF対応で大きく改善しています)
Z 8と同じセンサーを搭載するとしたら、D850後継モデルはD780と同じく像面位相差AFに対応した一眼レフとなるかもしれませんね。

Nikon Z 8に関する最新情報・噂を集めているページはコチラ

噂まとめ

  • D850後継モデルに先駆けて2020年に登場する
  • 6000万画素モデルと思われる中国語の説明書
    ・16bit RAWに対応
    ・新しい非可逆圧縮コーデック
  • ソニーIMX455 6000万画素センサーを導入予定
  • IMX455の像面位相差AFはニコンのマルチCAM2000よりも優れている
  • IMX455ではなくより優れたIMX555の可能性あり
  • デュアルCFexpressカードスロット
    ・SD+CFexpressの噂もあり
  • 改善された手ぶれ補正
  • Z 7と同じISO感度
  • 縦位置グリップ対応
  • 意匠登録第1630714号(D1630714)
    ・マルチバッテリー用端子(ただし、実線ではない)
    グリップが既存カメラよりも大きい

サイト案内情報

Z 8関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Nikon Z, Nikon関連の情報, Z 8, 噂情報
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~