FUJIFILM関連の情報 X100V 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルム X100V 最新情報まとめ

【広告】フジヤエービックで「SIGMA fp」「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」アウトレット出品中

このページでは登場が期待されている富士フイルムのコンパクトデジタルカメラ「X100V」について最新情報や噂情報を収集しています。

最新情報

  • 2020-01-12:「2月にX100V正式発表」との噂が出始めているので専用の情報収集ページを作成しました。

噂情報まとめ

  • 未発表カメラのコードネーム「FF190005」の可能性あり
  • 2020年2月4日発表となる可能性あり
    (X-T200と噂されている「FF190003」の公開日が2月4日)
  • 新設計の23mm F2レンズを導入(微調整の可能性あり?)
  • 「WCL-X100 II」「TCL-X100 II」との互換性あり
  • X-Pro3のようなHiddenモニターではない
  • 2Wayチルトモニタを搭載する
  • 防塵防滴仕様が”検討”されている
  • バッテリーは引き続き「NP-W126S」を使用する
  • 1500ドル(真偽不明だが値上げの方向性)

スポンサーリンク

仮設:過去の噂情報

富士フイルムX100Vはコンバージョンレンズ「WCL-X100 II」「TCL-X100 II」との互換性あり?【噂】

Fuji rumorsがフジフイルムのプレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100F」の後継モデル「X100V」について噂情報を発信しています。

New Fujifilm X100V Lens still Compatible with current WCL/TCL-X100 Converters

「X100Vに改良された新しい23mm F2レンズが搭載される」という噂を発信した後、複数のX100ユーザーから既存のコンバージョンレンズ「WCL-X100 II」「TCL-X100 II」との互換性を心配する声が届いた。
情報提供者によると、X100Vは「WCL-X100 II」「TCL-X100 II」と互換性があるとのことだ。

Fujirumors:New Fujifilm X100V Lens still Compatible with current WCL/TCL-X100 Converters

とのこと。
従来のコンバージョンレンズを装着可能という事はフィルターサイズやレンズサイズに大きな変化は無さそうですね。噂通り、光学設計を一新せず「微調整」でパフォーマンスを改善するのでしょうか?従来通りだとすると、フィルター装着にはアダプター「AR-X100」が必要となる可能性あり。

「WCL-X100 II」「TCL-X100 II」どちらのコンバージョンレンズも2万円台と安くありません。既にこれらを所有しているユーザーにとって買い替えの必要が無いのは有難いですね。X100シリーズと互換性のある社外製アクセサリーも部分的に流用可能かもしれません(アダプター込みの専用フードも多数流通しています)。
参考までに購入先とテレコンバージョンレンズを使ったユーザー投稿の作品を確認できるリンク先を掲載しておきます。

富士フイルム「X100V」は引き続き「NP-W126Sバッテリー」を使用する?【噂】

Fujirumorsが噂の富士フイルム最新デジタルカメラ「X100V」に関する情報を発信しています。

就寝前にX100Vに関する疑問について一つお答えしたいと思う。

以前の記事で「X100VがX-T4と同じ”全く新しいバッテリー”を搭載するか?」というコメントを散見する。
情報提供者によると、X100Vは従来の「NP-W126Sバッテリー」を使用するそうだ。このため、新型バッテリーはX-T4専用である。もちろん将来的に他のカメラボディに使われる可能性はある。

Fujirumors:Fujifilm X100V with old NP-W126S Battery and Fujifilm X-T4 with Completely New Battery

とのこと。
バッテリーは従来通り「NP-W126S」となっているみたいですね。Xシリーズ第3世代と第4世代のセンサー・プロセッサーで消費電力の違いはそう大きくありません。とすると、X100Fの電子ファインダー「約270枚」、光学ファインダー「約390枚」に近いバッテリーライフとなるかもしれません。

富士フイルム「X100V」は2Wayチルトモニタを搭載している?【噂】

Fuji rumorsがフジフイルムのプレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100F」の後継モデル「X100V」について噂情報を発信しています。

11月にDPReviewのフォーラムでX100シリーズに関する噂話を耳にした。
「X100後継モデルのモックがチルトモニタを搭載している」

X-Pro3のようなHiddenモニタが搭載されるという噂も出たがそれはフェイクである。
しかし、我々が素晴らしい情報提供者から受け取った情報によると…
X100Vは2Wayチルトモニタを搭載している

Fujirumors:EXCLUSIVE: Fujifilm X100V with 2 way Tilt Screen

とのこと。
「特ダネ」と冠して情報を発信しているので、かなり自信のあるネタみたいですね。

チルトモニタを搭載しているAPS-Cセンサーサイズのコンパクトデジタルカメラは少ないです。過去に富士フイルムが「X70 」にチルトモニタを搭載し、キヤノン「PowerShot G1 X Mark III 」がバリアングルモニタを搭載しているくらいでしょうか?
特に2Wayモニタを搭載したAPS-Cコンパクトデジタルカメラは初登場と言えるかもしれませんね。

カメラの厚みがさらに増してしまいそうな気はしますが、撮影時の利便性が向上するのは歓迎できそうです。これは好みが分れそうな仕様変更。
個人的には防塵防滴仕様も気になっているのですが、これはまだハッキリとしていません。

富士フイルム X100Vは微調整を施した「23mm F2」レンズを搭載している?【噂】

Fuji rumorsがフジフイルムのプレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100F」の後継モデル「X100V」について噂情報を発信しています。

既にX100Vの発表月と推定価格について情報を得ている。
そして「X100Vが新しいレンズを採用する」と2019年前半から噂情報を得て、さらに23mmレンズであることも付け加えた。

多くの人が「F1.4になるのでは無いか」と推測し始めていたが、我々の情報筋によると23mm F2のままである。しかしながら、2010年のX100からX100Fまで使い続けてきた古いレンズをより光学的に優れたレンズへ微調整を施している。

Fujirumors:Fujifilm X100V with Improved 23mm f/2 lens

とのこと。
レンズ設計を「再設計」すると言うより「微調整」と言及しているのが気になるものの、レンズが新しくなるのは確かなようですね。

リコーイメージングは「GR II」から「GR III」へモデルチェンジする際にレンズ設計を大きく変更しています。実際、購入して使ってみましたが、とてもシャープで良いレンズに仕上がっています。
1200万画素から始まったX100シリーズもいまや2400万画素、そしてX100Vはおそらく2600万画素となるのでしょう。富士フイルムも最新センサーに合わせた新しい光学設計のレンズに期待。
「微調整」ならば、従来のワイドコンバージョンレンズやテレコンバージョンレンズの互換性を維持しているのかも気になりますねえ。

FUJIFILM X100F後継モデルに採用する新しいレンズは引き続き23mmとなる?【噂】

Fuji rumorsがフジフイルムのプレミアムなコンパクトデジタルカメラ「X100F」の後継モデルについて噂情報を発信しています。

フジフイルムがX100V(またはX200)用に新レンズが用意されているという噂をネットで共有した時、私はフジフイルムが焦点距離を変更するかどうか気になっていた。

フジフイルムはX70やX10のように18mmのレンズを採用するだろうか?それとも35mmだろうか?

我々の情報提供者によると、レンズは新しいものとなるが従来通り23mmの焦点距離を維持しているそうだ。

とのこと。

個人的には18mmが良かったなと思うものの、従来のX100ユーザーにとって馴染みのある23mmのほうが歓迎できるかもしれませんね。従来のレンズは2400万画素センサーに対して周辺部の解像性能がイマイチだったので、これがどれほど改善するのか気になるところ。

新レンズに合わせてテレコンやワイコンも一新するのでしょうか?

富士フイルムX100VはX-Pro3のような”隠れモニター”とはならない?【噂】

Fuji rumorsがフジフイルムのプレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100F」の後継モデル「X100V」について噂情報を発信しています。

手短に述べると、X100VにX-Pro3の隠れモニターが搭載されることは無い。

今後数年間、X-Pro3は隠れモニターを搭載した唯一の富士フイルムカメラとなるだろう。X-H2、X-T4、X-T40、X100V、GFXにこのようなモニターを搭載しない。

X-Pro4はどうだろうか?今のところは分からない。

Fujirumors:Fujifilm X100V, X-H2, X-T4 and Any Other Fuji Camera will NOT Have X-Pro3 Hidden Screen – TRUSTED SOURCE

とのこと。

昨日はDPReviewのフォーラムにて「X-Pro3のようなチルトモニタになるかもしれない」と話題になりましたが、Fujirumorsはこれを否定していますね。信頼できる独自ソースからの情報らしいのである程度期待できる噂情報となっている模様。

ただし、背面モニターが固定式なのか、普通のチルトモニタになるのかは言及していません。これまで通りの固定式を維持するのか気になるところですねえ。

富士フイルムはX100Vでチルトモニタや防塵防滴仕様を検討している?【噂】

Fuji rumorsがフジフイルムのプレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100F」の後継モデル「X100V」について噂情報を発信しています。

富士フイルム発表イベントに参加していた情報提供者によると、X100Vに関する興味深い情報を得たようだ。

X100シリーズの更新について、富士フイルムの担当者からちょっとした噂話を聞いた。彼は3台のモックアップを見たという。二つはチルトモニタを搭載し、そのうち1台はX-Pro3のようだ。そして、彼は防塵防滴についても真剣に議論されていると述べている。

この情報が正しければ、富士フイルムはチルトモニタを検討しているようだ。どのようなモニタを搭載するのか分からないし、まだ固定式モニタの可能性もある。

防塵防滴も十分あり得る話だろう。我々は既に「X100Vに新設計のレンズが導入する」という情報を掴んでいる。これを機会に防塵防滴仕様にするのかもしれない。

Fuji Rumors:Fujifilm X100V Mock-Ups with Tilt Screens (X-Pro3 alike, too) and Weather Sealing, Report Says

Fuji rumorsはDPReviewのフォーラムに投稿した内容をピックアップしているだけなので、独自に抱えているソースから得た情報ではないようです。この情報をどこまで信じて良いのか分かりませんが、X-Pro3で登場した個性的な背面モニタの仕様をX100Vに継承するのか気になるところですね。賛否両論を巻き起こしている仕様なので、そっくりそのままX100Vも採用するとは思えませんが…。

新型レンズの情報も100%ではありませんが、2600万画素の最新X-Trans CMOSを搭載するのだとしたら、レンズは更新して欲しいところですねえ。(それでなくとも2400万画素のX100Fでかなり厳しい状態ですが…)

防塵防滴仕様は以前から要望があったポイントだと思いますが、ボディサイズや重量、そして価格設定のバランスを上手くとることが出来るのか気になります。

富士フイルムX100Vは2020年2月に約1500ドルで発表か?【噂】

Fuji rumorsがフジフイルムのプレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100F」の後継モデル「X100V」について噂情報を発信しています。

これまで富士フイルム製カメラのタイムラインを見てきたように、X100シリーズは2年越しで新製品を投入している。しかし今回は従来よりも長い期間の待ち時間が発生している。これにはいくつか考え得る理由が存在した。

そしてついにX100Vの登場時期についてお伝えする時が来た。

富士フイルムX100Vは2020年2月に日の目を見るだろう。

情報提供者によると、X100Vの価格設定は約1500ドルになるという。ただしこれは現在の推測に過ぎない。価格設定は発売までに状況が変わるかもしれないが、富士フイルムは値上げの方向で動いているようだ。

Fuji Rumors:Exclusive: Fujifilm X100V Release Month and Price Leaked – Read Now on FujiRumors!

とのこと。

X00Fは2017年1月下旬に発表されており、ちょうど3年で次期モデルと考えると大いにあり得る発表時期ですね。

X-Pro3は非常に独特な進化を遂げてしまいましたが、個性的で競合カメラが存在しないX100Fをどのようにリニューアルするのか気になるところ。噂ではX-Pro3の「裏返し背面モニタ」は導入されないとのことでしたが、さてはて…。

第4世代と同じく、2600万画素のX-Trans 4 APS-C CMOSセンサーを搭載するとして、そろそろ搭載しているレンズの更新は必要なはず。2600万画素に見合ったレンズになるといいですねえ。

モデルは新しいレンズが導入される?【噂】

Fuji rumorsがフジフイルムのプレミアムなコンパクトデジタルカメラ「X100F」の後継モデルについて噂情報を発信しています。

我々は既に「FUJIFILM X100V(X200)が2020年に登場する」と発信している。

細かい情報は収集中だが、今言えるとしたらそれは「X100V(X200)が新しいレンズを備えて(当然X-Trans IVセンサーを実装して)登場するかもしれない」と言うことだ。

匿名の情報提供者は「古いレンズでは既に現行センサーに耐えきれない」と述べている。

新しいレンズに関しては現在情報収集中であり、今のところこの情報に対する明確な答えを出せていない。しかし、現在進行中なのでうまくいけば近いうちに情報を更新できるかもしれない。

とのこと。

まだ情報としては期待度が低いようですが、比較的しっかりとした情報を発信するFuji rumorsだけに期待したいところですね。特にレンズの性能は現行の2400万画素センサーでかなり厳しい評価を目にすることもあります。X100シリーズのレンズ更新を待ち望んでいる人も少なくないはず

FUJIFILM X100Fの後継モデルは2019年内に登場しない?【噂】

Fuji rumorsがコンパクトデジタルカメラ「X100」シリーズ関連の噂情報を発信しています。

昨年に発信したカメラの更新サイクルを見返すとかなり正確だったことが分かる。1台のカメラ、X100F後継モデルを除く(これはX100VまたはX200などと呼ばれるかもしれない)。

X100ラインの更新サイクルはおよそ2年で、X100Fが2017年1月に登場したことを考慮すると2019年に登場すると誰もが連想するはずだ。

しかし、信頼できる情報提供者によるとFUJIFILM X100V(またはX200)は2020年の発売予定だ。

とのこと。

X100F後継モデルが登場してもおかしくない時期に差し掛かってきましたが、まだ年内登場は期待薄のようですね。

やはり2600万画素センサーとX-Processor 4を搭載した最新モデルとなるのでしょうか。そろそろ高画素に合わせたレンズにリニューアルされると嬉しいですねえ。レンズが更新されるのであれば、「X200」というネーミングも腑に落ちそう。

第4世代のXシリーズが登場していないシリーズは「X-Pro」「X-H」「X-E」そして「X100」。次にどのシリーズが登場するのか気になるところ。

データベース

レビュー

作例

参考サイト

購入早見表

参考:X100F

FUJIFILM X100F シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
FUJIFILM X100F ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

X100V関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-M5 III 最大1.5万円 -2020/3/31 2020/4/14

-FUJIFILM関連の情報, X100V, 噂情報, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.