TTArtisan カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報 海外機材情報

TTArtisanの富士フイルムXマウント用AFレンズは2022年に発売予定

PhotorumorsがTTArtisanから今後登場するレンズに関する追加情報を公開。富士フイルムXマウント用のAFレンズは2022年に発売予定とのこと。さらにライカMマウント用のAPOレンズも投入するみたいですね。

Photorumors:An updated list of upcoming TTArtisan lenses

前回の記事といくつかの新しい情報をもとに、今後発売されるTTArtisanレンズの最新リストをご紹介する。

  • TTartisan初の富士フイルムXマウント用AFレンズは2022年発売予定
  • TTartisan 90mm F1.25 ソニーE・富士フイルムGFXマウント用は9月に発売予定
  • TTartisan 23mm F1.4 APS-C E/X/EF-M/MFTマウント用 10月発売予定
  • TTartisan 40mm F2.8 マクロ E/X/EF-M/Z/L/MFTマウント用  9月発売予定
  • ライカMマウント用TTartisan 28mm F5.6
  • ライカMマウント用TTartisan APO ASPHを新発売

とのこと。
PhotorumorsはTTArtisanの販売にも関与しているウェブサイトであり、TTArtisanから直接情報を得ている可能性がありそうですね。前回発信していた富士フイルムXマウント用AFレンズは来年登場予定とのこと。富士フイルムXマウントはここ最近で電子接点に対応するサードパーティ製レンズが急拡大しており、ツアイス・VILTROX・タムロンに次いで4社目となるAFレンズメーカーとなりそう。ちなみにコシナも電子接点搭載のXマウントレンズを発売予定ですね。
そして、17mm F1.4・35mm F1.4・50mm F1.2に次ぐAPS-C用大口径レンズは2か月後に登場予定。こちらはMFレンズの可能性が高そうですが、これまでの3本は低価格ながら評判の良いレンズですので、23mmにも期待大。

そして、ライカMマウント用のアポクロマート設計のレンズを投入予定とのこと。どのようなレンズとなるのか情報はありませんが、APOを冠している以上、高度な収差補正を期待できそうですね。詳細は今後の追加情報を待ち。

参考:TTArtisanのレンズ一覧

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-TTArtisan, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報