7artisans カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

七工匠「7Artisans 25mm F0.95」の製品写真やサンプルショット

Fuji Rumorsが七工匠の交換レンズについて情報を発信。近日登場と噂されている「7Artisans 25mm F0.95」のレビューが既に出回り始めている模様。珍しい広角F0.95レンズであり、滲むような後ボケが魅力的に見えます。

Fuji Rumors:7Artisans 25mm f/0.95 First Review, Product and Sample Images

昨日、7Artisansが富士フイルム用「7Artisans 25mm F0.95」レンズをリリースしようとしていることをお伝えした。

記事を公開後に読者の方から連絡をいただき、schlueter-enterprisesにこのレンズに関するサンプル画像、製品画像、初期レビューをすでに公開していると教えてもらった。

  • ビルドクオリティは、「7Artisans 35mm F0.95」「7Artisans 50mm F0.95」と完全に一致するハイクオリティな仕上がり
  • 絞りリングとフォーカスリングの動きが滑らか
  • 9群11枚のレンズ構成(3枚のレンズにはハイエンドのHOYA製超低分散ガラスを採用)
  • 全長99.7mmで重量があるため、X-Pro2ではややフロントヘビー
  • フィルター径はØ52mm
  • レンズフードなしで、画質はすでに高い
  • 写真とサンプルショット schlueter-enterprises
  • 初期レビュー schlueter-enterprises

とのこと。
噂の25mm F0.95は確かに存在していたようです。F0.95レンズとしては珍しい広角をカバーしているのが特徴的ですねえ。直径は35mm F0.95と同程度に見えますが、全長は比較して長くなっているように見えます。X-Pro2に装着してフロントヘビーになるということは、X-E4などコンパクトなボディでは少しアンバランスと感じるかもしれません。

APS-Cの広角レンズとしては被写界深度が非常に浅く、フルサイズのようなボケ量を得られるように見えます。画角が広いの幅広い撮影に使うことが出来そうですね。
絞り開放の画質は高コントラストで高シャープネスとは言えませんが、滲むように溶ける後ボケが魅力的。軸上色収差も許容範囲内に収まっているように見えるものの、これはもう少し多くの作例で確認したいところ。価格は今のところ不明ですが、35mm F0.95や50mm F0.95と同じだとしたら、コストパフォーマンスの高い超大口径の広角レンズとなりそう。

参考:七工匠(APS-C)レンズ一覧

関連レンズ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-7artisans, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-