TTArtisan カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 海外機材情報

銘匠光学「TTArtisan 50mm f/1.4 ASPH」交換レンズデータベース

このページでは銘匠光学「TTArtisan 50mm f/1.4 ASPH」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

  • 2020-10-22:銘匠光学「TTArtisan 50mm f/1.4 ASPH」の国内流通が始まっていたので専用の情報収集ページを作成しました。既にFlickrのユーザー投稿ページが開設されています。

作例

参考サイト

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

型番 M50mm f/1.4・ASPH (B) レンズマウント ライカM
焦点距離 50mm(35mm判換算) レンズ構成 8群10枚(ED(特殊低分散)ガラス1枚、ASPH非球面ガラス1枚、高屈折低分散ガラス8枚)
フォーカス MF(マニュアルフォーカス)※距離計連動型 対応撮像画面サイズ 35mmフルサイズ
最短撮影距離 0.7m 絞り F1.4-F16
絞り羽根 12枚 サイズ Φ57mm×67mm 質量:約400g
フィルター径 49mm 付属品 精密ドライバー(距離計連動微調整用)

MTF・構成

関連レンズ

関連記事

海外の評価

Xitek

Xitek:物有所值 TTArtisan 50mm F1.4测试

  • レンズの紹介
    ・TTArtisanは非常に若い会社だ。2009年に最初のLeica Mマウントレンズの35mm F1.4をリリースし、それ以降にMマウント用の興味深いレンズを投入し続けている。
    (訳注:おそらく2019年創業の間違い)
    ・50mm F0.95をリリースし、その次にこの50mm F1.4が発表された。
    ・Ebayでたったの288ポンドと非常に安い。
  • ビルドクオリティ
    ・出来栄えは本当に良好だ。価格設定が信じられないくらいである。
    ・クオリティに問題はない。
    ・オリジナルのLeica Summilux 50mm F1.4と比べると重量が重く、全長が長い。
    ・8群10枚構成で1枚の非球面レンズと1枚の異常低分散レンズ、8枚の高屈折レンズを使用する複雑な光学設計だ。
    ・唯一の問題はレンズフードが無いことだ。
    ・フォーカス校正機構が組み込まれており、自分で調整が可能だ。
  • 携帯性
    ・レンズも重さとサイズは問題が無い。
    ・複雑なレンズ構成で重くなっているが、安っぽいレンズでは無いので気に入っている。
  • 操作性
    ・フォーカス操作はリングかレンチを使用する。
    ・個人的にはレンチで素早く調整してからリングで微調整に入る。
    ・全体的な感触はとても滑らかで引っかかりは感じられない。
    ・絞りリングはF0.95モデルよりも優れている。
  • 解像性能
    ・MTFを見ると分かるように、際立った画質では無い。しかし、非点収差は良く抑えられているように見える。
    ・中央の絞り開放はシャープネスが比較的高い。
    ・絞ると解像度は向上するが、被写界深度が深くなる。私は躊躇せずに絞り開放だ。
    ・F2まで絞るとフォーカスシフトの影響でピント面が少し移動する。
    ・フレーム端は絞り開放で中央よりも遥かに甘い。F2~F2.8で画質は向上し、F8まで絞ると中央と同等になる。
  • 像面湾曲
    ・像面湾曲は見られない。
  • ボケ
    ・後ボケは比較的ソフトな描写だ。
    ・近距離では美しく柔らかいボケ描写だ。
    ・ピント距離が遠くなるとボケは小さくなるが、見苦しい描写にはならない。
    ・高輝度の玉ボケで奇妙なオーバーフローが見られる。
    ・玉ボケは円形で綺麗な描写だ。絞るとギザギザの多角形のような描写となり好みでは無くなる。
  • 色収差
    ・チャートテストでは確認できるが、実写では目立たない。
  • 球面収差
    ・記載なし。
  • 歪曲収差
    ・糸巻き型歪曲が発生する。
    ・直線的な被写体が多い場合は後処理が必要だ。
  • 周辺減光
    ・絞り開放の減光は目立つが、F2.8まで絞ると解消する。
    ・四隅の色被りは見られない。
  • コマ収差
    ・絞り開放の四隅にいくらか収差が残存しているものの、ほとんど無視できる。
  • 逆光耐性
    ・絞り羽根のガイドが光沢のあるプラスチック製に見えるため、絞り開放の場合は画質に影響を与える可能性が有る。絞ることで反射を防止することがでる。
    ・一般的な撮影で逆光が問題となることはない。
    ・F5.6まで絞ると12本の綺麗な光条が得られる。
  • 作例集

総評

長所が短所を上回っているレンズだ。本当の欠点は絞り開放時のフレアだが、それは特定のシーンに限定される。優れたシャープネスとボケを備え、コマ収差が良く抑えられている。とても包括的なレンズにも関わらず、価格は300ポンド未満だ。

長所:信じられな程の解像度・良好な倍率色収差補正・美しい色再現性・コマ収差が少ない・絞り開放のボケ描写・フォーカスシフトが見られない・周辺減光はF2.8で解消・優れたエルゴノミクス・優れた操作性・像面湾曲が見られない

短所:サイズと重量・フレア・軸上色収差・少し絞った際に玉ボケがギザギザになる・僅かな糸巻き型歪曲

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-TTArtisan, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER