【セール情報】DXOがPureRAW2など最大50%OFF
【セール情報】Amazon BLACK FRIDAY
【ブラックフライデー特集記事】 Amazon / DXO / まとめ

Tamronレンズ レンズ 海外の評価

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は高性能・高機能となった第二世代のレンズ

Digital Camera Worldがタムロン「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」のレビューを公開。ざっくりとしたレビューですが、ラボテストでは広角側のフレーム周辺部がかなり改善していると評価しています。

Digital Camera World:Tamron 28-75mm f/2.8 Di III RXD G2 review

外観・構造:

  • 初代レンズの製造品質と操作性は、特に求めやすい価格を考慮すると、実に良好だった。
  • G2では、鏡筒のデザインが変更され、より人間工学に基づいて設計され、より傷つきにくい仕上げとなり、ズームとフォーカスコントロールリングはより触感がよくなって、改善されている。
  • また、前玉にはフッ素コーティングが施され、水や油をはじき、清掃がしやすくなるなど、複数のウェザーシールが採用されている。

携帯性:

  • 記載なし。

操作性:

  • 記載なし。

フォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • その期待どおり、ラボテストではG2がオリジナルレンズよりシャープであることが証明さ れた。
  • ズームと絞りのほとんどの組み合わせで中心部のシャープネスが改善され、中間部や端のシャープネスも極端な四隅までかなり向上している。
  • 初代レンズと比較して、G2は中心部のシャープネスが向上し、ズームレンジ全域で優れたスコアを示している。
  • 端のシャープネスは28-35mmの領域で非常に向上しており、それ以上のズーム設定ではより緩やかな向上となっている。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • F2.8のレンズとしては、シャープネス、コントラスト、色調ともに申し分なく、開放でも絞り込んでも非常に美しいボケ味を実現している。

色収差:

  • ズーム全域で、フレーム四隅の倍率色収差が初代レンズよりわずかに多くなっているが、カメラ内自動補正を使わなくても、ごくわずかである。
  • 色収差や歪曲収差も最小限に抑えられており、カメラ内自動補正でさらに低減することも可能だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 色収差や歪曲収差も最小限に抑えられており、カメラ内自動補正でさらに低減することも可能だ。
  • 28mmでは樽型歪曲がわずかに増加し、35~75mmのズーム域ではピンクッションがより顕著になる。ミラーレスカメラ用に設計された多くのレンズと同様に、G2もカメラ内で自動補正して歪曲収差を低減している。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

初代はF2.8の標準大口径の概念を変えたことに感銘を受けた。G2も同様に小型・軽量・低価格でありながら、画質やAF性能はさらに向上し、USB-C経由でタムロンの無料ソフト「Lens Utility」でカスタマイズできる数々の考えられた機能も追加されている。汎用性が高い素晴らしいレンズだ。

  • 長所
    ・考えられた機能群
    ・見事な性能
    ・改善したビルドクオリティと操作性
  • 短所
    ・28mmは24mmよりも狭い
    ・手ぶれ補正なし

とのこと。
前モデルのサイズや重量そのままに、光学性能や機能性を高めたコストパフォーマンスの高いレンズに仕上がっているようです。販売価格は少し高くなったようにも見えますが、改善した光学性能やVXD駆動のAF性能を考慮すると妥協の範囲内と言えそうです。

私はα7R IVと組み合わせて使用していますが、確かに良好な光学性能であり、AFは目に見えて高速化していると感じました。外装の質感も良くなり、物理的なコントロールは改善・追加され、全体的にかなり使いやすくなったと感じています。これで10万円以下ならば大いにアリかなと。

タムロン28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 最新情報まとめ

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す    

関連レンズ

関連記事

-Tamronレンズ, レンズ, 海外の評価
-