Nikonレンズ Nikon中・望遠レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ

DPReviewがニコン「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」の作例を公開

DPReviewがニコン「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」を4500万画素のZ 7と組み合わせて撮影した38点のサンプルギャラリーを公開。ピント位置によらず非常にシャープなマクロレンズですねえ。

DPReview:Nikon NIKKOR Z MC 105mm F2.8 VR S sample gallery

ニコン NIKKOR Z MC 105mm F2.8 VR Sは、ニコンのフルサイズミラーレスZマウント用の中望遠マクロレンズだ。本レンズは、マクロ撮影からポートレート撮影まで対応できる汎用性の高いレンズとして、従来のレンズに比べていくつかの改良を加えている。

11群16枚のレンズには非球面レンズ1枚と、色収差を抑えるED(特殊低分散)レンズ3枚を採用している。また、従来のナノクリスタルコートに加えて、ARNEOコーティングを施すことで、レンズに垂直方向から入射する光源のフレアを軽減している。

では、その性能はどうなのか?数日前から製品サンプルを使って撮影しており、そのサンプル画像を小さなギャラリーにまとめてみた。近日中にさらに多くのサンプルをお届けする予定だ。

とのこと。
6月25日に発売を控えているZシステム初のマクロレンズですね。従来のレンズと比べてEDレンズの使用枚数が増え、さらに非球面レンズを1枚使用。色収差や像面湾曲の補正状態を強調しています。さらにマルチフォーカス(他社で言うところのフローティング構造)を採用することで近距離でも優れた光学性能を発揮するようです。

今回は4500万画素のZ 7と組み合わせて撮影している模様。実際に作例を確認してみると、マクロレンズらしくフレーム端まで非常にシャープな光学性能を実現しているように見えます。F2.8から確かに像面湾曲が小さく、フレーム端まで見事なコントラスト。マクロでも風景でも一貫したパフォーマンスを発揮しています。
ボケを評価できるような作例は少ないですが、パッと見はマクロレンズらしいやや硬めの描写に見えます。とは言え、色収差などを徹底的に補正しているためか、悪目立ちはしないように感じます。
私もひとつ予約しているので、6月25日に届いたらさっそく使ってみる予定。

ニコン「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」交換レンズデータベース

関連レンズ

Fマウント

関連記事

レンズサイズ比較

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
XF・GFレンズ 最大20万円 -2021/9/20 2021/10/4
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 最大3万円 -2021/10/4 2021/10/22
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Nikonレンズ, Nikon中・望遠レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER