「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

LUMIX フルサイズ Panasonic S1R / S1 SIGMA SIGMAの情報 カメラ デジタルカメラ総合 フルサイズFoveonカメラ 機材の噂情報・速報

シグマのLマウントレンズは2019年の中頃から登場しはじめる?

IMAGING RESOURCEがシグマの山木社長にインタビューした内容を記事として発信しています。

スポンサーリンク

Lマウントレンズは来年中頃か?

  • sd Quattroは一眼レフ用のSAマウントをベースとしたミラーレスカメラだ。しかし、将来を憂い、フランジバックの短いフルサイズミラーレスを作ることに決めた。
  • ある時点でパナソニックとシグマがお互いにフルサイズシステムを開発していることに気が付き、パナソニックがシグマとライカに協業を提案してきた。(もともとマイクロフォーサーズシステムを立ち上げたときの初期メンバーだったりもしたので長い協業関係を築いていた)
  • Lマウントアライアンス発表時に新製品を公開しなかったが6つのことを告知した
    1:フルサイズFoveonセンサーカメラの開発
    2:SAマウントカメラの開発中止
    3:SAマウントレンズの開発・製造継続
    4:2つのレンズマウントアダプター開発(主にSAユーザー向け)
    5:ネイティブLマウントレンズの開発
    6:マウント交換サービスに対応する(主にSAユーザー向け)
  • ソニーEマウント用に用意したレンズ14本のLマウント版を作っていく。そして、短いフランジバックで設計されたレンズをリリースする。Lマウントユーザーは出だしから多種多様なレンズを利用することが出来る。
  • 14本の既存レンズのLマウント版リリース時期を伝えることは出来ない。しかし、来年の中頃からレンズを発売することが出来る。一つずつ新しいレンズをリリースする。
  • Eマウントとの違いを述べるのは難しいが、Lマウントでは全ての情報が共有されている。
  • RFマウントが既存のEFマウント技術に基づいて開発されているのであればリバースエンジニアリングはそれほど難しくないかもしれない。

とのこと。

ざっくり読む限りではシグマのLマウント関連製品が登場するのは2019年の中頃以降となりそうですね。フルサイズFoveonに関する情報はまだあまり無いようです。

「Eマウント版レンズ14本」と言うと、フォトキナ2019で発表された28mm F1.440mm F1.4を加え、さらに既存のAPS-C用16mm F1.430mm F1.456mm F1.4を加えた数字のようです。どの順番でLマウント版を提供し始めるのか気になるところ。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-LUMIX フルサイズ, Panasonic, S1R / S1, SIGMA, SIGMAの情報, カメラ, デジタルカメラ総合, フルサイズFoveonカメラ, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.