「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SIGMAレンズ カメラ レンズ

シグマ 40mm F1.4 DG HSM | Art 交換レンズデータベース

更新日:

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「40mm F1.4 DG HSM | Art」の情報を収集しています。

更新履歴

  • 2018-12-11:Big Photo StyleLenstipが実写レビューを掲載しています。
  • 2018-12-04:Lenstipがサンプルギャラリーを公開しています。そのうちレビューも掲載されそうですね。
  • 2018-11-28:DPREVIEWが製品版のサンプルギャラリーを公開しました。
  • 2018-11-23:PhotographyBlogがレビューを掲載しています。フォトヨドバシKASYAPAが実写レビューを掲載しました。Flickr Groupに専用ページが作成されていますが、まだ実写投稿は無いようです。

レンズデータ

レビュー・作例・参考サイト

購入早見表

40mm F1.4 DG HSM Art キヤノン
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
40mm F1.4 DG HSM Art ニコン
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
40mm F1.4 DG HSM Art シグマ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
40mm F1.4 DG HSM Art ソニーE
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
LH878-01 ロック付花形フード
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

レンズデータ

レンズ仕様

レンズ構成枚数 12群16枚
画角(35mm判) 56.8°
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最小絞り F16
最短撮影距離 40cm
最大撮影倍率 1:6.5
フィルターサイズ φ82mm
最大径 × 長さ φ87.8mm×131mm
質量 1,200g

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

海外の評価

Lenstip

  • とても巨大なレンズだ。隣に置いた35mm F1.4 DG HSMが小さく見える。
  • 32mmの後玉は無限遠でマウントと同じ面となり、最短撮影距離では約1cmほど鏡筒内へ移動する。内部は良好に艶消しされている。
  • 被写界深度はF8とF16のみ表示されている。
  • 56mm幅のフォーカスリングは滑らかに動作し、適切な抵抗感を持つ。ピント距離全域で約110°の回転角は程よいが、精度を最も高めるためにはあと十数度足らない。
  • レンズフードはプラスチック製だがバヨネット周辺はゴム素材が使われている。私の見解としては、ゴミが付着しやすくレンズの美しさを損ねている。
  • 解像度:
    ・EOS 5D Mark IIIのRAWファイルを使用している。
    ・良像の基準は30~32lpmmで単焦点のトップクラスは45~50lpmmだ。
    ・絞り開放の中央は45.2lpmmとなり、105mm F1.4 DG HSMと並びトップクラスだ。
    ・フレーム隅も同様に見事な結果だ。APS-C枠で44lpmmを超え、フルサイズの四隅ですら43lpmmに達している。
    ・フレーム全体はセンセーショナルなシャープさで絞る必要は全くない。
    ・EF135mm F2Lのピークの解像度はこのレンズで言うと絞り開放の四隅だ。
  • 軸上色収差は何の問題もない。絞り開放でさえ色づきを発見するのは困難だ。6つの低分散レンズはうまく効果を発揮しているようだ。
  • 倍率色収差はすべて0.03%近いとても低い数値だ。何の問題も無い。
  • 球面収差により、F1.4からF2.0、F2.8まで被写界深度が奥へ移動するフォーカスシフトが発生している。
  • 歪曲収差の大きさは35mm F1.4と50mm F1.4の中間だ。40mm F2.8 STMと同程度である。1%よりも低いため、歪曲に気が付くのはとても難しいだろう。確実に評価できるポイントだ。
  • コマ収差の問題はほとんど無い。フレーム隅における点光源の変形はわずかだ。これは50mm F1.4や35mm F1.4よりも良好なので天体写真家にとってアツいレンズとなるだろう。
  • 非点収差は4.5%と気に留める必要がない数値だ。
  • ボケは滑らかで縁取りは強くない。四隅で口径食による変形が見られるものの、F2.8まで絞ると完全に解消する。
  • 周辺減光(APS-C)は絞り開放でー0.84EVと心配する理由はない。
  • 周辺減光(フルサイズ)の絞り開放はー2.56EVとレンズのサイズを考慮すると減光量が多い。35mm F1.4よりも多いが50mm F1.4よりは少ない。レンズ構成枚数が多いので四隅における光の損失が多くなる可能性がある。幸いにも絞ると急速に緩和する。
  • 逆光時、絞り開放では特に問題とならないが、絞ると光源がフレーム内外に関わらず軽度の目立つゴーストが発生する。レンズ構成枚数を考慮すると妥当な結果だろう。
  • オートフォーカスは静かだが高速ではない。ピント距離全域を移動するのに0.8~1.0秒ほどかかる。
  • オートフォーカスは中央1点で高精度だが、周辺のAFポイントを利用するとミスショットが多くなる。

長所:頑丈でカッコいい鏡筒・センセーショナルな中央画質・ブリリアントなAPS-C枠の画質・ファンタスティックなフルサイズ隅の画質・軸上色収差の問題無し・無視できる倍率色収差・僅かな歪曲収差・優れたコマ収差補正・僅かな非点収差・APS-C枠で少ない減光・ボケ・ノイズレスのAF

短所:球面収差が問題となる場合がある・フルサイズの絞り開放で減光が目立つ・顕著なサイズと重量

40mm F1.4 DG HSMがシグマの底力を見せつけるレンズであることは疑う余地がない。「安かろう悪かろうのサードパーティ」はもはや過去のことだろう。

数十年前から日本にある一箇所の工場でレンズを生産しているシグマはまさに「ラストサムライ」だ。

PhotographyBlog

  • 重量1.2Kg、全長13.1cmと35mm F1.4 DG HSMと比較してとても大きく、2倍の重量を持つレンズだ。EOS 5Ds Rのようなフルサイズ一眼レフには適しているが、EOS 80Dのような小さいAPS-Cではバランスが取れない。
  • 我々がテストしてきたシグマレンズと同様、ビルドクオリティは優れている。金属部品とTSC素材で構成されている。
  • 単焦点レンズに必要な機能は全て揃えており、唯一欠けているとすれば手振れ補正だろう。
  • フォーカスリングは気持ちよいくらい幅広く、グリップは容易だ。
  • オートフォーカスはEOS 5Ds Rに装着したとき、およそ0.15秒ほどで被写体をロックする。
  • 良い光環境でも悪い光環境でもAFの迷いはほとんど無い。ほぼ常に正確にフォーカスしている。
  • 付属品は良質なパッド付ケースとロック機構を備えたプラスチック製花形フードだ。
  • 色収差はあまり目立たない。
  • 周辺現行はF1.4で顕著に発生するが、F4まで絞ると解消する。
  • F22まで絞るとかなり良好な光条が発生する。
  • ボケはとても素晴らしい。
  • シャープネスは中央と四隅どちらもF1.4でexcellent、F2-F11までoutstandingだ。F16で回折の影響がある。

40mm F1.4 DG HSMは大きく重く、そして高価だが、拡大し続けるシグマレンズの中で最も優れたレンズだ。40mmの画角は少し慣れる時間が必要だが、しばらく使えば問題無いだろう。

5000万画素のEOS 5Ds Rをつかってもシャープネスはフレーム全体でとても高くディテールはとてもシャープだ。F1.4でのシャープネス低下は極僅かで、F2まで絞れば改善する。そしてボケが綺麗だ。

F1.4時の周辺減光はとても大きいが、F4まで絞ると解消し色収差・歪曲・フレアはどれもよくコントロールされている。接写性能は汎用性がある。

画質追及の結果として、大きさ、重さ、価格は大きな欠点となっている。標準単焦点としては驚くほど高価で、35mm F1.4の2倍の重量だ。価格とサイズを気にしないのであれば極上の画質となるレンズだ。

過去履歴

  • 2018-11-20:フジヤカメラブログが実写レビューを掲載しています。
  • 2018-11-11:お写ん歩が実写レビューを開始したようです。
  • 2018-11-02:予約販売が開始されました。カメラのキタムラで出品を確認済み。
  • 2018-11-01:137,700円(税込)で明日から予約販売が開始されるとのこと。
  • 2018-10-01:DPREVIEWがベータ版サンプルギャラリーを公開しました。
  • 2018-09-26:シグマがフォトキナ2018で正式発表しました。発売日・価格は未定とのこと。
  • 2018-09-19:「近日発表」と噂情報が出回り始めたので専用ページを作成しました。正式発表後に情報を追記してゆきます。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ